世界の地下鉄は日本とどう違う?10都市と日本を一斉比較

Pocket はてブ

観光をするときに便利なのが地下鉄。よく「東京の地下鉄はわかりにくい」なんて言われていますが、世界の各都市の地下鉄は実際どうなのでしょう?

筆者が実際に訪れた都市の地下鉄を、日本の地下鉄と比較してみました!

 

アメリカ:都市によって利用度合いはさまざま

アメリカと一口に言っても、都市によって車移動がメインの都市と公共交通が発達している都市と、場所によって大きく異なります。そんな中でも、ニューヨークやサンフランシスコといったコンパクトな大都市の地下鉄は観光にとても便利です。

ただし、車を持てない低所得者が地下鉄を使っているという側面もありますので、深夜や利用客の少ない路線は念のため注意が必要です。

 

1.ニューヨーク

photo by pixta

非常に多くの路線があり、使いこなせると便利なのがニューヨークの地下鉄。ジョン・F・ケネディ国際空港やラガーディア国際空港にも、地下鉄で行けるのが便利なところです。

日本と違って気を付けなければいけないのは、ほとんどの駅にエスカレーターがないという点。大きなスーツケースをもって地下鉄移動をしましたが、改札を出入りするのも地上に出るのもなかなか大変でした。でも出来ないことはないので、シャトルバスよりも交通費を節約したい人にはおススメの移動方法です。

 

24時間運行している路線もありますが、治安の面から深夜の利用は要注意。女性一人での利用は人の多めなホームの中央を使うなど、慎重になった方がいいかもしれません。

筆者が経験したのは、各駅停車のはずの電車が駅をスキップしてしまったこと。途中の駅で長めに停車して何やらアナウンスがあり、それを聞いた乗客が一斉に降りたのですが、気付かずに乗っていました。すると普段なら停まるはずの駅を超えていったのです。

英語の聞き取りが得意な人には問題ないと思いますが、念のため移動時間に余裕を持つことをおすすめします。

 

2.サンフランシスコ

Photo by maho

コンパクトなビジネス都市のため、利用しやすいのがサンフランシスコの地下鉄。BART(バート)と呼ばれる鉄道システムで、地上を通る路線が途中で地下鉄になったりしています。

地元の人も観光客も多く利用しており、治安の面などの不安はアメリカの他の都市に比べると少ないです。

Photo by maho

空港から観光の中心地パウエルストリート駅やフェリービルディングの最寄りであるエンバーカデロ駅などに行くことができます。坂道が多いので、ケーブルカーやバスと組み合わせて公共交通を利用すると観光に便利でしょう。

 

3.ロサンゼルス

Photo by maho

ロサンゼルスは土地が広く、住民は車を運転するのが普通です。そのため、地下鉄を利用するのは低所得者が多いと言われています。しかし、ハリウッドを通るレッドラインは観光客も多く利用しているので、深夜など人気の少ない時間を除けばそれほど危険はないでしょう。

Photo by maho

要注意と言われる路線は空港を通るグリーンライン。観光のメインによく使われるユニオン駅と空港の間はシャトルバスが出ているので、無理に地下鉄を使うよりも、直通のシャトルバスを利用することをおススメします。

 

ヨーロッパ:スリ対策をしっかりと

ヨーロッパの地下鉄の特徴をあげるなら、残念ながらアメリカやアジアの都市と比べるとスリが多いというところ。そのためにできるスリ対策として有効なことは以下が挙げられます。

 

・カバンはできるだけ斜めがけで、ファスナーなどで開閉できるものにする
・薄い素材のカバンはカッターで切られるという被害もあるので、切られにくい素材にする
・ポケットに貴重品は厳禁!
・パスポートなど取り出す頻度が低く重要なものを持ち歩く場合は、セキュリティポーチがおススメ
・ひったくり防止にはカバンの上から上着を着るのが効果的(時期にもよりますが)

対策が分かったところで、各都市の地下鉄をご紹介します。

 

4.ロンドン(イギリス)

Photo by maho

チューブとも呼ばれるロンドンの地下鉄は、通勤客や観光客が常にごった返しています。東側の金融街シティや、西側のビッグベン、バッキンガム宮殿、コヴェントガーデンなど、主要な観光地にはほぼ地下鉄でアクセスできるのが便利なところ。

1日にある程度使うと地下鉄料金が定額になる、「オイスターカード」というプリペイドカードを使うのがおすすめです!

Photo by maho

ロンドンは他のヨーロッパの主要都市と比べると比較的治安が良く、地下鉄においても同じことがいえます。とはいえ、ここはヨーロッパ。最低限のスリ対策はしておいた方がいいでしょう。

休日は路線によっては電車の運休も多いので要注意です。

 

5.パリ(フランス)

Photo by maho

パリの地下鉄も路線が多く、主要な観光地には地下鉄を使ってアクセスすることができます。スリ対策として、ドア付近に立たないようにするのが鉄則です。荷物には常に気をつけましょう!

Photo by maho

特に要注意と言われているのが、観光客の多い3号線。凱旋門やシャンゼリゼ通りの地下を通る路線なので、いつも混雑しています。パリで地下鉄を活用して観光したいという人には、バスとあわせて終日乗り放題になるきっぷ「モビリス」がお得です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

maho
つめこみトラベラー
社会人になってから海外旅行と英会話にハマる。世界中のディズニーパークを制覇しました。おしゃれホテル、かわいいもの、ローカルスーパー大好き。弾丸旅行が好きで長旅でもつい予定を詰め込んでしまうタイプで…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

乗り物

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品