ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

サマーウォーズ

細田守監督のアニメーション映画「サマーウォーズ」。夏休みを舞台に、OZと呼ばれる個人の情報が管理された仮想空間で起こった大混乱に、高校生の健二が周りの仲間たちと共に挑む一夏の青春ラブストーリー。

本作の魅力は見本とも言えるべき見事な田舎風景や、画面から伝わる熱気。この物語の舞台になったのは長野県の信州上田。物語に出てくる陣内家の門は上田城の門なのだとか。サマーウォーズの田舎町を体感しに、信州上田に行ってみませんか?

 

めがね

東洋の真珠とも呼ばれる与論島を舞台に撮影されたのが、「めがね」です。かもめ食堂スタッフ再結成として、お馴染みの小林聡美と、もたいまさこのタッグが再び観られるファンとしてはうれしい作品。

物語は海辺の町を訪れた主人公の女性(小林聡美)を中心に、旅館を営む宿の主人、その旅館に集う人々などのゆるくて穏やかな人間模様を綴ったヒューマンドラマです。ゆったりした時間が流れる展開や、食卓に並ぶなんて事ないご飯が美しく、こんな素敵な夏を過ごしたい!と思わせてくれます。

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

1995年に岩井俊二監督により公開された少年少女の淡い恋心を描いた青春映画。タイトルにある通り、打ち上げ花火は下から見ても横から見ても平たいのか?という疑問を軸に、主人公のノリミチと両親が離婚して引っ越してしまう羽目になるナズナとの恋愛模様が展開されていきます。

本作の映像はケツメイシの「そばにいて」のMVにも使用され、公開当時はまだ幼い奥菜恵の色気ある演技が話題になりました。一夏の甘酸っぱい恋愛を思い出させてくれる、至極の名作です。舞台は千葉県海上郡飯岡町(現旭市)で、物語の花火大会は飯岡海岸で今でも実際に打ち上げられています。

 

海街diary

福山雅治主演の「そして父になる」などヒットを連発した今や日本を代表する是枝監督と、豪華女優陣の出演が話題になった海街diary。物語は鎌倉に暮らす3姉妹と、父親がほかの女性ともうけた異母妹との出会いから、共同生活を経て次第に深まっていく家族の絆をテーマにしています。

舞台は鎌倉。姉妹が暮らす町として最寄駅の極楽寺駅や、七里ヶ浜など鎌倉にある海岸は全てロケ地として使用されたのだそう。どのシーンがどの海岸なのかよーく観察し、ロケ地を巡って答え合わせをしてみてください。

 

ザ・ビーチ

楽園と呼ばれるタイのピピ島がロケ地になったとして旅人の間では有名な映画「ザ・ビーチ」。タイタニックで人気を博したレオナルド・ディカプリオが主演2作品目に選んだのが本作だそう。

物語は主人公がとある男から「ザ・ビーチという楽園の島がある」と紹介されるところから始まります。好奇心旺盛な旅人であった主人公はフランス人カップルを誘って島に向かうも、その島はただの楽園ではなかった…。というお話。バックパッカーには共感性の高い物語かもしれません。続きは映画を見てみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?実際に現地に赴くのが旅のスタンダードな姿ですが、こうやっていろんな国で撮影された映画を観て妄想を膨らませたり、次の旅行先を決めるのも筆者は立派な旅だと思います。

ぜひこの夏の旅行先を決めてみてくださいね!

ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング