writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は元自衛隊員に旅で使えるサバイバル術を関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:元自衛隊員・髙橋諒馬さん

髙橋諒馬
1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務する。退職後はバックパッカーとピースボートで世界を2周し、今までに34ヶ国を訪問。現在はトラベルライター・フォトグラファーとして活動中。

質問:サハラ砂漠で置いてけぼりに!迎えを待つまですべきことは?

ないことを祈っているけれど、万が一砂漠で置いてけぼりにされてしまったら、どうやって街まで帰ればいいの?そもそも助けにくるまでどうしたら生き延びられる?電波もなさそうだし、水も持参してなかったら……。

そこでに、元自衛隊員に砂漠で置いてけぼりにされた時の対処法を聞いてきました。

回答:極力肌を露出しないで、じっとしてましょう


Photo by unsplash

状況としては、砂漠ツアーの参加中にはぐれてしまったか、自分の存在を忘れられて出発してしまったとかでしょうか。その場合、数時間で迎えがくることがほとんどなので、基本的にはその場から動かず、じっと待っているのが賢明です。

日中の砂漠の気温は50度を超えることもあり、むやみに動くと一気に体力を奪われます。直射日光を避けるために帽子やタオルをかぶったりし、肌の露出を極力少なくすることが大切です。もし日影があればそちらで休みましょう。

もう一つ注意しなければならないのが、ヘビやサソリなどの危険生物です。向こうから人間を襲ってくることはほとんどないので、こちらから危害を加えなければ大丈夫でしょう。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜サバイバル編〜は「ジャングルで置いてけぼりに!迎えを待つまですべきことは?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事