writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は元自衛隊員に旅で使えるサバイバル術を関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:元自衛隊員・髙橋諒馬さん

髙橋諒馬
1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務する。退職後はバックパッカーとピースボートで世界を2周し、今までに34ヶ国を訪問。現在はトラベルライター・フォトグラファーとして活動中。

質問:ジャングルで置いてけぼりに!迎えを待つまですべきことは?

まさかのジャングルで一緒にいた人とはぐれてしまった!周りには危なそうな虫やヘビがいそうだし、長い間じっと待ってるのも苦痛……。迎えを待っている間に、何かできることってある?

そこでに、元自衛隊員にジャングルで置いてけぼりにされた時の対処法を聞いてきました。

回答:自力では戻らず、じっと待ちましょう。


photo by unsplash

考えられる状況としては、ジャングルツアー参加中にグループからはぐれてしまったということでしょうか。

それであれば、気づいたガイドさんがすぐに捜索してくれます。それまではむやみやたらと動き回らず、その場で待っているのがよいでしょう。ジャングルは遠くまで見渡せず声も届きにくいので、かなり遠くまで離れてしまったように感じるかもしれませんが、意外に近くにいることが多いです。

それなら自力で戻れるのではないかと思う人もいると思いますが、それは正しい判断とは言えません。ジャングルは足場が悪く思うに進めないので、自分が来た道をまっすぐ戻っているように感じても、全然違う方向に進んでいることのほうが多いです。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜サバイバル編〜は「雪山で遭難した!どうすればいい?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事