ジャングルで置いてけぼりに!迎えを待つまですべきことは? | プロフェッショナルに聞いてみよう

Pocket はてブ

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は元自衛隊員に旅で使えるサバイバル術を関する疑問を聞いてきました!

 

今回のプロフェッショナル:元自衛隊員・髙橋諒馬さん

髙橋諒馬
1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務する。退職後はバックパッカーとピースボートで世界を2周し、今までに34ヶ国を訪問。現在はトラベルライター・フォトグラファーとして活動中。

 

質問:ジャングルで置いてけぼりに!迎えを待つまですべきことは?

まさかのジャングルで一緒にいた人とはぐれてしまった!周りには危なそうな虫やヘビがいそうだし、長い間じっと待ってるのも苦痛……。迎えを待っている間に、何かできることってある?

そこでに、元自衛隊員にジャングルで置いてけぼりにされた時の対処法を聞いてきました。

 

回答:自力では戻らず、じっと待ちましょう。

考えられる状況としては、ジャングルツアー参加中にグループからはぐれてしまったということでしょうか。

それであれば、気づいたガイドさんがすぐに捜索してくれます。それまではむやみやたらと動き回らず、その場で待っているのがよいでしょう。ジャングルは遠くまで見渡せず声も届きにくいので、かなり遠くまで離れてしまったように感じるかもしれませんが、意外に近くにいることが多いです。

それなら自力で戻れるのではないかと思う人もいると思いますが、それは正しい判断とは言えません。ジャングルは足場が悪く思うに進めないので、自分が来た道をまっすぐ戻っているように感じても、全然違う方向に進んでいることのほうが多いです。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜サバイバル編〜は「雪山で遭難した!どうすればいい?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

Pocket はてブ

WRITER

ながの桃(MOMO)
書き物が好きでヨーロッパをこよなく愛すフリーライター。旅と単焦点カメラと英語が趣味です。
TABIPPO専属ライター/ライター・ブロガー アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社・予約手配課に就職。2年間の勤務で12回営業成績トッ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

トラブル

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品