editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は元自衛隊員に旅で使えるサバイバル術を関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:元自衛隊員・髙橋諒馬さん

髙橋諒馬
1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務する。退職後はバックパッカーとピースボートで世界を2周し、今までに34ヶ国を訪問。現在はトラベルライター・フォトグラファーとして活動中。

質問:マッチもライターもないけど火を起こす方法を教えて!

キャンプをしてたら急に用意してたライターが全然つかない……。その他に火を起こす方法ってあるの?どうすればいいのか教えて欲しい!

そこで、元自衛隊員に火を起こす方法ついて聞いてきました。

回答:木の棒ではなく、ペットボトルと水を使用します


photo by unsplash

サバイバルでの火起こしというと真っ先に思いつくのは、木の棒を利用して摩擦熱で発火させる方法ではないでしょうか。しかし、この方法は難易度が高く、かなりの労力を必要とするためあまりおすすめできません。

 

そこで、今回は誰でも簡単にできる、ペットボトルと水を使う方法を紹介します。

ペットボトルに水を満タンに入れ、上部のカーブしている部分に太陽光を集めます。燃やすものは新聞紙や枯れた植物など。できるだけ乾燥していて、繊維が細かいものを選びましょう。

注意点はペットボトルは透明のものを使い、中には水を入れること。透明であればガラス瓶やジップロックなどでも可能です。

 

原理としては、虫眼鏡で太陽光を集めて紙を焦がすのと同じ。したがって、凸レンズや懐中電灯の反射鏡があればベストです。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜サバイバル編〜は「空模様や風の様子で、天気を予想する方法は?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事