editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は元自衛隊員に旅で使えるサバイバル術を関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:元自衛隊員・髙橋諒馬さん

髙橋諒馬
1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務する。退職後はバックパッカーとピースボートで世界を2周し、今までに34ヶ国を訪問。現在はトラベルライター・フォトグラファーとして活動中。

質問:外でトイレをする際に気をつけるべきことを教えて!

キャンプや山登りでなかなかトイレができない時、どうしたらいいんだろう。外でトイレをする時に気をつけるべきことってある?

そこで、元自衛隊員に外でトイレをする際に気をつけることについて聞いてきました。

回答:トイレットペーパーとジップロックは必須です


photo by unsplash

登山中などで近くにトイレがない場合、野外で用を足さなければならないときもあります。そのような状況が予想される場合は、必ずトイレットペーパーを持っていきましょう。そもそも海外ではトイレにトイレットペーパーがないことも多いので、常に持ち歩いていると安心です。

場所としては当然ですが、人目につかないところを探します。他にも周囲に人がいて心配な場合は、誰かに見張りにたってもらうのも一つの手です。

そして、用を済ませた後は、トイレットペーパーを密封できるビニール袋などに入れて持ち帰りましょう。排泄物は微生物によって分解されますが、紙はなかなか自然に帰りません。自然保護の観点からマナーとして守りたいものです。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜サバイバル編〜は「自衛隊で学んだ技術の中で、海外旅行先で最も役に立っていることは?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事