自衛隊で学んだ技術の中で海外旅行先で最も役に立っていることは? | プロフェッショナルに聞いてみよう

Pocket はてブ

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は元自衛隊員に旅で使えるサバイバル術を関する疑問を聞いてきました!

 

今回のプロフェッショナル:元自衛隊員・髙橋諒馬さん

髙橋諒馬
1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務する。退職後はバックパッカーとピースボートで世界を2周し、今までに34ヶ国を訪問。現在はトラベルライター・フォトグラファーとして活動中。

 

質問:自衛隊で学んだ技術の中で海外旅行先で最も役に立っていることは?

様々なサバイバル術を習う自衛隊。たくさんの技術を学ぶはずだけど、実際に海外旅行先で最も役に立っている技術って何ですか?教えてください!

そこで、元自衛隊員に自衛隊で学んだ技術について聞いてきました。

 

回答:防水処置と脱落防止です

結構地味なのですが、防水処置と脱落防止です。

野外での行動が多い陸上自衛隊では、荷物が雨などで濡れないように防水処置を施します。濡れてはいけない物を密封できる圧縮袋に入れることで、防水と同時に荷物のかさを少なくすることが可能です。これはバックパックのパッキングに役立っています。

 

また、自衛隊では自分の持ち物を落とさないようにするため、脱落防止というものを行っています。この観点は、持ち物を落とさないようにすることに加え、スリの防止にも役立つのです。

ポケットに入れた財布やスマホにチェーンなどをつけ、ズボンのベルト通しとつなげます。この方法で実際にポケットの中からスマホを盗まれたとき、チェーンが引っ張られて気付くことができました。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜サバイバル編〜は「自衛隊で学んだサバイバルスキルで、旅行好きに知って欲しいことは?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

Pocket はてブ

WRITER

ながの桃(MOMO)
書き物が好きでヨーロッパをこよなく愛すフリーライター。旅と単焦点カメラと英語が趣味です。
TABIPPO専属ライター/ライター・ブロガー アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社・予約手配課に就職。2年間の勤務で12回営業成績トッ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

トラブル

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品