writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は元自衛隊員に旅で使えるサバイバル術を関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:元自衛隊員・髙橋諒馬さん

髙橋諒馬
1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務する。退職後はバックパッカーとピースボートで世界を2周し、今までに34ヶ国を訪問。現在はトラベルライター・フォトグラファーとして活動中。

質問:自衛隊で学んだサバイバルスキルで、旅行好きに知って欲しいことを教えて!

自衛隊ではどんなことが起こっても大丈夫なように訓練をするそうだけど、旅行に活かせるスキルってあるの?旅行好きに知ってほしいスキルがあれば教えてください!

そこで、元自衛隊員に自衛隊で学んだスキルについて聞いてきました。

回答:生き残るためのマインドです


photo by unsplash
陸上自衛隊のサバイバルスキルを一般の旅行者が使うことはほとんどないでしょう。それはもう冒険家の域ですね。普通の旅人にとって怖いのは自然よりも人間です。大自然の中での遭難より、犯罪やテロに巻き込まれるほうが圧倒的に多いでしょう。

みなさんにはそんな中で生き残るためのスキル、というよりマインドを知っておいてほしいと思います。

 

まず、何より優先するのは身の安全の確保です。そのためには落ち着いて対処しなければなりません。基本的には抵抗せず、相手の要求に従いましょう。相手を刺激せずに大人しく金品を渡しておけば、命まで奪われるケースは少ないです。

その場をやりすごしたら、現地の警察と在外公館に行って、その後の指示を仰ぎましょう。

 

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事