TABIPPO社員
ikedaryuo 社員 / セールスディレクター

1997年、和歌山県生まれ。20歳の時に旅にハマり、海外や地方で感じた差別格差の問題に興味を持つ。学生時代は。地域とのつながりをテーマに全国でのイベント開催や本の出版、トークイベントのゲストなどを行う。現在は株式会社TABIPPOでセールスディレクターを担当。ビール、BBQ、星空が好き。

2005年に世界自然遺産へと登録された「知床」。

広大なオホーツク海へ沈む夕日、冬の流氷、手付かずの原生林が広がり希少な動植物が高密度に生息するこの地を「日本最後の秘境」と呼ぶ人もいます。


そこで本記事では、そんな知床のオススメ企画をご紹介していきたいと思います!

【知床でクマ活・シャチ活】とは?


この企画は、北海道・知床半島で行う最長5泊6日のサステイナブルツーリズムです。

流氷がもたらす生態系の豊かさが世界的に認められ、2005年に世界自然遺産に登録された知床半島。

この自然豊かな知床で暮らす人々の生活を覗いてみると、文明がどれほど進化しようとも敵わない、圧倒的な自然の厳しさを感じることになります。

これまで知ることのなかった世界自然遺産の日常に触れ、​人々の暮らしに何を感じるのか。

豊かな知床を続ける活動を学び、知床で暮らすローカルフレンドの仲間と出会えるイベントが、本企画「知床でクマ活 シャチ活」です。

「知床でクマ活 シャチ活」をチェック!

気になるイベント概要をご紹介!

【クマ活コース】北海道固有のヒグマを知る旅に出かけよう


クマ活コースは、深刻化する知床のヒグマ問題について学ぶプランです。

長さ約70km、幅約20kmの知床半島。広さは1,230㎢で、東京ドーム15,200個分ほどの広さをもちます。

その半島内にはおよそ500頭ものヒグマがいるのではないかとも言われています。世界的に見ても、密度高くヒグマが暮らす知床。


現在、ヒグマの人馴れ、ヒグマ渋滞やヒグマの市街地への侵入など、ヒグマによる問題が深刻化しています。住民の方々からは、

「人の生活圏に入ってきたヒグマは駆除してほしい」
「ヒグマのことも考えて殺さないであげてほしい」

など、人によって様々な意見が寄せられているのだそう。

我々にも何か行えることはないか……この問題を解決するべく、知床の自然やヒグマの生態について学び、実際に地域にて行われている活動に参加させていただくツアーとなっています。


コース内では実際に行うクマ活だけだなく、知床の鮭漁師の方と作る鮭ご飯を作るコンテンツなどもあり、世界自然遺産・知床の日常に触れることのできるプランになっていることも特徴のひとつ。

ヒグマについて考えることを通して、知床の自然や、地域で活動する方々とも繋がることができますよ。

【シャチ活コース】海の王者シャチの野生の姿を見に行こう


シャチ活コースは、知床にて野生のシャチを探すプランです。みなさんは野生のシャチを見たことがありますか?

千葉県の「葛西臨海水族館」にてシャチのショーを見たことがある方はいるかもしれませんが、野生のシャチはなかなか会うことができません。

「知床半島の東側・羅臼の沖合ほど野生のシャチに出会えるスポットは国内にない!」といわれているほど有名なんです!

「海洋生態系の頂点」とも言われるシャチ。捕らえた獲物を跳ね上げたり投げたりして遊ぶ姿から「海のギャング」と呼ばれることも。


残雪の知床連山をバックに、悠々と泳ぎ王者の貫録を漂わせるシャチの家族。その壮大な光景を目の当たりにし、感動せずにはいられないはず。


シャチ活コースでは、シャチウォッチのできるシャチクルーズのほか、知床半島最大の湖・羅臼湖でのトレッキングツアーや地域の猟友会の方に振舞っていただくジビエ料理など、大自然の恵みに触れることのできるプランになっています。
詳しくはこちらをチェック!

【知床満喫コース】お得な欲張りプランで5泊6日を大満喫!


こちらの知床満喫コースは、クマ活とシャチ活、両方のコースがセットになった欲張りプラン!

世界自然遺産にも選ばれた知床半島を5泊6日かけて大満喫する、お得なツアーとなっています。

クマ活コースを通して知床半島に住む人々の日常に触れ、シャチ活コースを通して自然の恵みを存分に味わいたい方にはぴったりですよ!

【選択コンテンツ】サウナやドライブ、セルフ海鮮丼作り!?


「知床でクマ活・シャチ活」では、全日程を通じて様々なコンテンツが用意されています。

「知床夕陽サウナ」では、知床の大自然・オホーツク海に沈む夕陽をみながら、テントサウナの至極を体験することができます。

「カムイワッカ探検ツアー」で行くことができるのは、温泉と冷水が混じり合う不思議なスポット。硫黄山から沸きだした温泉が、カムイワッカ川に流れ込むことでこの現象がおきるのだそう。


さらに「カムイワッカ探検ツアー」参加者はそのまま、知床が誇るインスタ映えスポット「天に続く道」へとドライブ♪この絶景がたまらないですよね。


ほかにも、自らの手でホタテを割りオリジナル海鮮丼を作ることのできる「セルフ海鮮丼作り」も魅力的!羅臼の海鮮丼は”食べるものじゃなくて作るもの”なのだとか。

【宿泊地】イベント期間中は現地のゲストハウスへ!


イベント期間中、参加者の皆さん限定で、宿のご用意もあります。

ウトロエリアにある「夕陽台」に建つ「知床 夕陽のあたる家 ONSEN HOSTEL」にご宿泊いただきます。

知床ユースホステルを改築してできたこちらのゲストハウスにて、夕陽を眺め夜の森の声を聴き、気ままに、そして自由にのんびりとお過ごしいただけます。

■詳細情報
・名称:知床 夕陽のあたる家 ONSEN HOSTEL
・住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ香川189番地
・地図:
・アクセス:女満別空港より車でおよそ1時間半ほど(詳しくは公式ページへ)
・電話番号:0152-24-3222(平日 10:00~18:00)
・公式サイトURL:https://www.yuuhinoataruie.com/

詳しくはこちらをチェック!

さぁ、あなたも知床へ行こう!


さて、【知床でクマ活 シャチ活】へと申し込む準備はできましたか?日程も近づき、参加申し込みも続々と集まってきています!

最後に今回の基本コース3つの日程をご紹介!プランで迷っている方はご参考にしてみてくださいね。

【詳細】3つの基本プラン旅程はこちら!

■【クマ活コース】

▼1日目 6月7日(火)
13:00 女満別空港からの送迎①
15:00 女満別空港からの送迎②
15:30 ホテルチェックイン
17:00 クマ活レクチャー
19:00 クマ活前夜祭
21:30 就寝 ▼2日目 6月8日(水)
8:30 北こぶし集合
9:00 草刈り
北こぶし日帰り温泉、サウナが無料
各自昼食
解散

■【シャチ活コース】

▼1日目 6月10日(金)
13:00 女満別空港からの送迎①
15:00 女満別空港からの送迎②
15:30 ホテルチェックイン
19:00 シャチ活前夜祭▼2日目 6月11日(土)
9:30 羅臼湖トレッキング
15:30 シャチクルーズ
18:00 ジビエディナー▼3日目 6月12日(日)
8:00 解散

■【知床満喫コース】

▼1日目 6月7日(火)
13:00 女満別空港からの送迎①
15:00 女満別空港からの送迎②
15:30 ホテルチェックイン
17:00 クマ活レクチャー
19:00 クマ活前夜祭
21:30 就寝

▼2日目 6月8日(水)
8:30 北こぶし集合
9:00 草刈り
北こぶし日帰り温泉、サウナが無料
各自昼食

▼3-4日目 6月9日(木)〜6月10日(金)
2日間は「知床に触れるコンテンツ」の中からお好きなプログラムにご参加いただけます。
*6月10日(金) 19:00~:シャチ活前夜祭が開かれます

▼5日目 6月11日(土)
9:30 羅臼湖トレッキング
15:30 シャチクルーズ
18:00 ジビエディナー

▼6日目 6月12日(日)
8:00 解散

今回の企画では特別に「参加したいコンテンツ」だけの申し込みもできることに!

気になるコンテンツにだけ申し込んで、あとは友達と過ごす、なんてことも今ならできちゃうんです。

「知床にいつか行ってみたい!」という気持ちのまま終わらせることなく、一緒に知床の地へ旅しませんか?

詳しくはこちらをチェック!

All photos by TRAPOL

TABIPPO社員
ikedaryuo 社員 / セールスディレクター

1997年、和歌山県生まれ。20歳の時に旅にハマり、海外や地方で感じた差別格差の問題に興味を持つ。学生時代は。地域とのつながりをテーマに全国でのイベント開催や本の出版、トークイベントのゲストなどを行う。現在は株式会社TABIPPOでセールスディレクターを担当。ビール、BBQ、星空が好き。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング