ライター
もりなつ フリーライター&ヘナタトゥーアーティスト

シンプルに生きるを目指しているライター。21歳のワーホリ以来、海外にドハマり中。現地でのハプニングを楽しむ旅が好き。

Notch珈琲工場 NOTCH Cafe Bending (台北)

photo by もりなつ

台北駅近くにあるNotch珈琲は古民家を使用したノスタルジックな雰囲気のカフェ。店舗は「站前店」と「本町店」の2店舗ありますが、今回は「重慶南路」という通りにある本町店に行って来ました。

本町店の建物は日本統治時代からある物で、台湾の文化局から歴史的建築物として認可を受けている歴史ある建物だそうです。建物の内装はその当時の様子をなるべくそのまま残しているとのこと。

台北駅に近くて雰囲気がよく、コーヒーもおいしくて価格も80~150台湾ドル(約270~510円)とお手頃で言うことなしのカフェです。

photo by もりなつ

マンダリンやケニア、パナマ、コロンビアなど幅広いコーヒー豆を取り扱っていて、それを自家焙煎し、こだわりのコーヒーを提供しています。コーヒー豆を購入することもできますよ。

また、ありがたいことに電源やWI-FIが完備されているので、観光合間の休憩にもちょうど良いです。NOTCH珈琲でおいしいコーヒーを飲みながら休息するのもありですね。

■詳細情報
・名称:NOTCH珈琲工場
・住所:台北市重慶南路一段35號
・地図:

・アクセス:MRT台北駅から徒歩3分
・営業時間:7:30~21:30
・定休日:不定休
・電話番号:+886 2 2331 3337
・料金:80~150台湾ドル(約270~510円)
・公式サイトURL:https://www.facebook.com/Notch

 

道南館 (台南)

photo by もりなつ

台南にある道南館は浅煎りのコーヒーをメインとした自家焙煎のカフェです。メニューは地球儀を使い、産地に合わせて、その国の場所に品種や価格が記載されています。コーヒーの品種や味に詳しくなくても日本語の話せるオーナーが丁寧に説明、そして、希望を伝えるとおすすめコーヒーを教えてくれます。

photo by もりなつ

さらに、ここのコーヒーは注文を受けてから豆を挽き、微粉や渋皮を取り除く、そして、サイフォンを使ってコーヒーを淹れるまでの一連の動作を行うというこだわりがあります。引いたコーヒー豆の香りをかがせてくれるなど、丁寧なサービスも嬉しいです。

コーヒーを淹れるところをこんなに間近で見れるところは少ないでしょう。

photo by もりなつ

提供しているコーヒーはすべてブラックなので、コーヒーそのものの味を楽しむことができます。手作りの焼き菓子も数種類販売していて、ブラックコーヒーと一緒にいただくのがおすすめです。

■詳細情報
・名称:道南館
・住所:台南市中西區民權路二段248號
・地図:

・アクセス:水仙宮市場から徒歩5分
・営業時間:9:00~21:00/日曜:13:00~18:00
・定休日:毎週木曜
・電話番号:+886 6 225 8377
・料金:150~300台湾ドル(約510~1,020円)
・公式サイトURL:https://www.facebook.com/daonanguan/

 

喜八珈琲店 shiba cafe (高雄)

photo by もりなつ

オーナーが日本の柴犬を飼っていることから、この名前が付けられたそうです。メニューは日式をコンセプトにしていて、お茶漬けやおにぎりを食べることができます。今回は、まだ日本食は欲していなかったので注文しませんでしたが、日本食が恋しくなった時にも訪れたいカフェです。

photo by もりなつ

photo by もりなつ

そして、私が注文したのはコーヒーと炭酸水がミックスされた飲み物とパンケーキ。このドリンクは見た目もとてもお洒落で、味はさっぱりしていて台湾の暑い気候にピッタリです!

内装はリノベーションなどを手掛けている設計会社が担当したそうで、お洒落な空間でくつろぐことができます。

■詳細情報
・名称:喜八珈琲店 Shiba cafe
・住所:高雄市新興區南台路43巷21號
・地図:

・アクセス:高雄MRT美麗島駅から徒歩5分
・営業時間:平日:10:30~17:30/土日10:00~18:00
・定休日:火曜日
・電話番号:07 281 2875
・料金:100~200台湾ドル(約340~680円)
・公式サイトURL:https://www.facebook.com/shibaRND/

 

台湾のネクストブームはコーヒー

台湾といえばタピオカのイメージが強いですが、コーヒーも台湾産のコーヒーがあったり、自家焙煎をしているカフェ、淹れ方にこだわっているカフェがたくさんあります。今回紹介したカフェの他にも、町中を歩いていると魅力的なカフェがたくさんあるので、旅行の休息がてら気になったカフェに入ってみるのもおすすめ。

台湾は日本人観光客が多いので、ありがたいことに日本語のメニューや日本語の話せるスタッフがいることも多いです。日本語が伝わらない時は片言の英語でも全然問題ありません!

台湾のこだわりのコーヒーを体験してみてくださいね。

ライター
もりなつ フリーライター&ヘナタトゥーアーティスト

シンプルに生きるを目指しているライター。21歳のワーホリ以来、海外にドハマり中。現地でのハプニングを楽しむ旅が好き。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング