【保存版】台湾のナイトライフを満喫!大人気のクラブ10選

Pocket はてブ

カップルで行ける雰囲気「MYST(ミスト)」

入り口で受付をすませ、9階までエレベーターであがると、そこには別世界があります。今、若者に人気で盛り上がってる「MYST」はカップルで行ってもムードのある演出がたくさんのお店です。

テラスにでればTAIPEI 101ビルなどを含め最高の夜景の景色が見れます。ダンサーのお姉さんもスタイル抜群でキレイです。

■詳細情報
住所:台北市信義區松壽路12號9F
電話:0911-439-997
営業日:毎日
営業時間:(月・火・木・日:21:00~02:30)(水:21:00~04:00)(金・土:21:00~04:30)
アクセス:MRT市政府站 徒歩8分
公式サイトURL:http://www.club-myst.com
Facebook:https://www.facebook.com/myst.taipei

 

20代後半~30代にお奨め「SPARK」

台北の有名な「台北101」の地下にあり、バーカウンターが中央に位置しメインダンスフロアがあり、左右にはテーブルスペースに奥にVIPスペースがあり、年齢層も落ち着きのある世代はが多い様に感じます。

白人も多く、アメリカのPOP系音楽も多いです。女性に人気で指示率がかなり高いみたいです。お値段少し高い目なので、大人の雰囲気のあるお店ですので、女性に人気なのかもしれません。

■詳細情報
住所:台北市市府路45號台北101B1
電話:0281-018-662
営業日:毎日
営業時間:(月・火:22:00~03:00)(水・木:22:00~04:00)(金・土:22:00~05:00)(日:22:00~04:00)
アクセス:MRT市政府站 徒歩5分
公式サイトURL:http://www.spark101.com.tw/101/
Facebook:https://www.facebook.com/spark101

 

The Wall / Korner

「The Wall / Korner」は、クラブ兼ライブハウスです。良質なロック、エレクトロニカ、テクノなど、様々なアーティストが国内外問わず公演しています。特にテクノ、ハウスミュージック好きな人におすすめのクラブです。

■詳細情報
・名称:The Wall / Korner
・住所:台北市羅斯福路四段200號B1
・営業日:要確認
・営業時間:要確認
・アクセス:MRT公館站 徒歩10分
・公式サイトURL:https://thewall.tw

 

Revolver

台湾でライブミュージックやダンスイベントを楽しみたいなら、リボルバーは外せません。1階はバーとなっており、地元民や観光客でいつも賑わっています。2階のスペースでは、ライブやダンスイベントが頻繁に行われており、バーで楽しむも良し、2階で音楽を聴くも良しと、色々な楽しみ方ができる場所となっています。

■詳細情報
・名称:Revolver
・住所:台北市羅斯福路一段一之一號
・アクセス:地下鉄
・営業時間:要確認
・公式サイトURL:https://www.revolver.tw

 

濕地 venue

カフェダイニングスペース、展示スペース、イベントスペースと、多彩なカルチャーがミックスしている台北の新しい注目スポットです。音楽イベントは基本的に地下1階で行われることが多く、日本からのDJがプレイすることもしばしば。作りもおしゃれで若者が多く集まるので、興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね。

■詳細情報
・名称:濕地 venue
・住所:林森北路107巷10號
・アクセス:地下鉄「中山駅」から徒歩10分
・営業時間:要確認
・料金:イベントによって異なる
・公式サイトURL:http://www.venue.tw

 

Roxy Rocker

Roxy Rockerは、元DJの凌威(リンウェー)によって1982年にオープンしたパブです。当時の台北にはロックを聴けるパブはなく、オーナーの凌威さんがロック好きのファンと一緒に楽しむ場所を作りたいという思いで開業したと言います。

■詳細情報
・名称:Roxy Rocker
・住所:台北市和平東路一段177號B1
・営業日:木金土日
・営業時間:日ー木 21:00〜4:00 
 金・土 21:00〜5:30
・アクセス:MRT台電大樓站 徒歩15分
・公式サイトURL:http://www.roxyrocker.com

 

OMNI

台北の大型ナイトクラブは、内装もゴージャスな上、週末にはかなりの盛り上がりをみせます。このクラブは、純粋に踊りに行く場というよりは、社交場という側面が強いのが特徴です。

後、台湾のクラブではパスポートの確認が必要ですので(免許証などは×の所がほとんどです)忘れずに持って行きましょう。不安な方はコピーが可か問い合わせてみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:OMNI
・住所:台北市忠孝東路四段201號5樓
・営業日:水・金・土曜日
・営業時間:水・金・土曜日:22:30~04:30
・アクセス:MRT忠孝敦化站 徒歩3分
・公式サイトURL:http://www.omni-taipei.com/

 

台湾のナイトクラブに行く前に知っておきたい5つのことこと

あまり日本ではナイトクラブに行かない……という方も楽しめるように、台湾のナイトクラブに行くときに知っておきたい5つのことをご紹介します。しっかりチェックしてから楽しみましょう!

 

台湾のナイトクラブは予約ができる

日本のクラブで予約をするのは珍しいかもしれませんが、台湾のクラブではバーカウンターやダンスフロア以外のソファは有料席になっています。

空いているからといって気軽に座ることはできないので、グループで行くときには予約をして行くのをお勧めします。基本的に公式ホームページに予約ページがあるので、そこから予約してから向かいましょう。

 

ナイトクラブへは大人数で行こう

台湾では、2〜3人でクラブに行くことは少なく、比較的大人数のグループで向かう人が多いそう。もちろん、楽しめなことはないですが、みんなでワイワイしに飲み会の二次会などで遊ぶことが多いのです。

もし同じホステルで仲良くなった日本人や、グループで台湾旅行を楽しむときに、訪れてみてください。

 

台湾のナイトクラブでの服装はおしゃれにまとめよう

台湾に限らず、世界のナイトクラブではドレスコードをしっかり定めているところがあります。正装でなくても良いですが、例えば女性はヒールが良い、男性は短パン・サンダルはNGなど……。

ドレスを着たり、革靴を履く必要はなさそうですが、台湾の若者は非常におしゃれをしてナイトクラブではしゃぐため、カジュアルすぎると浮いてしまうかも。台湾にもおしゃれな洋服屋や、ファストファッションもあるので、もし洋服がない場合は行く前に立ち寄るのが良さそうです。

 

台湾のナイトクラブの年齢制限と入場料

台湾のクラブは、18歳以下は入場できません。18歳以上であれば、アルコールを飲むこともあ可能です。

どこのナイトクラブでもそうですが、年齢制限にはパスポートの提示を求められることがあります。パスポートを携帯する場合には注意をして持ち運びましょう。

台湾のナイトクラブでかかる費用は、入場料+ドリンク代です。女性は特に、曜日によっては入場料が無料というところもあるので、行く前に行きたいクラブのホームページを確認すると良さそうです。

 

荷物は必要最低限に

基本的にクラブ内は暗く、落し物をしたら見つけることは難しいです。そのため、持って行くものは必要最低限にしましょう。

入場料とドリンク代は現金払いが多いので、自分が使う必要最低限の現金と、スマホ、パスポートくらいを小さなカバンに入れて、常に持ち運ぶようにするのがおすすめです。

 

台北のクラブを満喫しよう

今回は台北のクラブをメインで紹介しました。今、熱く人気のあるクラブを紹介できたと思います。残念なのが最大級で大人気があった「LUXY(ラクシー)」が閉店してしまったことですね。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して5年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ナイトライフ

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品