東京ー台湾に就航しているLCC5社を徹底比較(成田・羽田空港)

Pocket はてブ

美味しい屋台グルメや異国情緒感じる町並みなど、魅力溢れる台湾。LCCを使えば、旅費を抑えて気軽に旅することができます。

台湾に就航している航空会社はいくつかあるけれど、それぞれの特徴は?荷物を預けるといくらかかる?など、気になる項目を航空会社(スクート、バニラエア、タイガーエア台湾、ジェットスター、ピーチアビエーション)ごとにまとめました!LCCで台湾を旅する際の参考にしてください。

 

スクートの台湾フライト

スクートは台湾のほか、ハワイやシンガポール、オーストラリアなどに就航しています。LCCは極端に朝早いものや深夜便が多く、スケジュールの調整が難しいことも多いのですが、スクートはお昼の便が出ているため、落ち着いて日本を出発し15時頃から台湾を楽しむことができます。

また受託手荷物の追加オプション(20kg)が、ほかと比べて安いのも特徴。他社は3,000円を超えることが多いですが、スクートは2,000円あたりと手頃な価格になっています。

▶︎スクート

 

タイガーエア台湾のフライト

タイガーエア台湾は成田と羽田から台湾行きのフライトが出ており、便数も多いので選びやすいのが特徴。スクートと同じく、こちらのお昼のフライトがあるのが嬉しいですね。

持ち込み手荷物は、スクートとタイガーエア台湾は10kgまで持ち込めます。ほか3社は7kgまでの制限があるので、1泊2日くらいの気軽な旅行でしたら受託手荷物を追加しなくても済むかもしれません。

▶︎タイガーエア台湾

 

ジェットスターの台湾フライト

夜に日本を出発し、現地に深夜に着く便なので、ジェットスターの台湾便は使い勝手が少し悪いかもしれません。深夜は移動手段も限られるため、台湾に到着してからの過ごし方が難しくなってきます。

その代わり、ジェットスターは最低価格保証のサービスを実施しており、他社の路線にジェットスターより安い価格のフライトがあった場合、その他社の価格から10%引きになります。

受託手荷物は20kgで4,000円と、今までと比べると少し割高になってきました。

▶︎ジェットスター

1 2
Pocket はてブ

WRITER

阿部サキソフォン
*コンテンツディレクター* 高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニュ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

乗り物

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品