笹まい 台湾好きライター。タピオカミルクティーは正義。

大学時代に中国語を専攻し、6カ月間台湾に留学。 タピオカミルクティーが好きすぎて、毎日飲んだら6カ月で5㎏太りました。 台湾を中心にアジア圏の魅力を伝えられればと思います!

番外編!実はおいしいグルメを楽しめる第二市場

photo by 笹まい

台湾グルメを楽しめる場所は、夜市だけではありません。実は、台湾に住む方が利用している市場でも、台湾グルメを楽しめます。

市場にも行ってみたい!という方は、ぜひ台中の第二市場に足を運んでみてください。第二市場は、日本統治時代の1917年から100年以上続く歴史ある市場です。

 

市場なので野菜やお肉、魚など家庭料理の材料を売っているのはもちろんですが、多くの飲食店が並ぶ密かなグルメスポットとしての一面も。朝7時台から営業しており、朝ごはんを食べに来る方も多くいます。

■詳細情報
・名称:台中第二市場
・住所:台中市中區三民路二段87號400
・地図:
・アクセス:台湾鉄道台中駅よりバス「第二市場」下車、約10分、徒歩約15分。
・営業時間:火曜日~日曜日 7:00~20:00
・定休日:月曜日

 

第二市場では魯肉飯を

第二市場でぜひ食べてみてほしい料理は「山河魯肉飯」というお店の魯肉飯(るーろーふぁん)です。魯肉飯は煮込んだ豚肉を細かく刻んで、ご飯の上に乗せて食べるのが一般的ですが、こちらのお店の魯肉飯は一味違います。なんと、たっぷり煮込んだ豚肉をどーんと一塊乗せてくれるんです。

photo by 笹まい

見てくださいこのインパクト抜群の魯肉飯!台湾ナンバーワンのインパクトを誇る、魯肉飯と言っても過言ではないのではないでしょうか?時間をかけてたっぷり煮込んだ魯肉飯の優しい味が堪らないので、ぜひ一度ご賞味を。

 

夜市に行く時のポイント5つ


photo by PIXTA

台中に限らず、台湾の夜市に行く際に覚えておいて損はないポイントをご紹介します。

 

小銭を用意しておくとお会計が楽に

多くの屋台が10~100元くらいの安い価格帯なので、なるべく小銭を用意しておきましょう。5元、10元、50元硬貨を多めに持っておくと、店員さんの負担が少なくお会計がスムーズに済みます。

 

夜市はすごい人混みなので、体調は万全にして行こう

台湾の夜市は、毎日お祭りなの?というくらい多くの人が足を運んでいます。夜18~21時のピークの時間帯は、特に人が多いので人酔いしやすいです……。体調が悪いときは、行くのを控えましょう。

 

ひったくり対策もしっかりと!

台湾ではあまりひったくりの話は聞きませんが、人混みの中を歩くのでお財布は肌身離さず持ち歩いてください。サコッシュやトートバッグなど自分の手前側に財布がある状態にしておくといいでしょう。

 

頼み過ぎて食べきれない……という時はお持ち帰りしよう

台湾の屋台では、料理のお持ち帰りも気兼ねなく対応してくれます。頼み過ぎてしまったり、ホテルでゆっくりとご飯を食べたい時にはお持ち帰りをしてみてください。店員さんに「我要帯走(うぉーやおだいぞう)」や「take out」と伝えれば、パックやビニール袋に入れてくれますよ。

 

価格表記を出していないお店はぼったくりしてくる可能性有

一部の価格表記を出していないお店では、外国人観光客に対してぼったくり価格を押し付けてくることも……。価格が書いていなかったら、注文する前に価格を確認するか別のお店に行くのが無難です。トラブルに巻き込まれないように注意してくださいね。

 

台中の夜市でグルメもファッションもゲームも楽しんじゃおう!

夜市は食べるだけでなく、ファッションもゲームも楽しめる魅力的な場所です。各夜市それぞれ特色があり、1回行っただけではその夜市の魅力は、全部はわからないほどディープで何度でも楽しめるのが夜市の良いところ。

また、台中の夜市は台北の夜市と比べて、価格が安いことも魅力の1つです。台北より安くていおいしい台湾グルメを堪能したい方には最高ですね。

昼間から楽しめる夜市もあるので、ぜひ台中に行く際は昼も夜も夜市を堪能してみてください!

笹まい 台湾好きライター。タピオカミルクティーは正義。

大学時代に中国語を専攻し、6カ月間台湾に留学。 タピオカミルクティーが好きすぎて、毎日飲んだら6カ月で5㎏太りました。 台湾を中心にアジア圏の魅力を伝えられればと思います!

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング