ライター
もりなつ フリーライター&ヘナタトゥーアーティスト

シンプルに生きるを目指しているライター。21歳のワーホリ以来、海外にドハマり中。現地でのハプニングを楽しむ旅が好き。

台湾周遊ルート二日目:台南から台中へ

2日目は朝から台中に移動です。台南で朝食を買って、台中へ。台中ではカラフルな村「レインボービレッジ」、インパクトのあるアイスクリームが食べられる「宮原眼科」に訪れます。

 

水仙宮市場で朝ごはんを

photo by もりなつ

台中に移動する前に、台南の庶民の台所「水仙宮市場」で朝ご飯を調達。水仙宮市場は生鮮食品や乾物、お菓子、衣料品など幅広いジャンルの店が雑多に並んでいます。

50年以上の歴史を持つこの朝市はいつも地元の人たちでにぎわっており、ローカルの活気感じられます。出入口がたくさんあり、複雑な構造なので迷子にならないように気を付けてくださいね。

 

水仙宮市場のおすすめの朝ご飯はダントツで「ちまきご飯」。お米がもちもちでふっくらしていておいしいですよ。そしてフルーツも新鮮なので、朝はあまり食欲がない人にもおすすめです。

朝ご飯をゲットしたら台中に移動します。台中までは新幹線で40分ほどなので水仙宮市場でゲットした朝食をゆっくり食べましょう!

■詳細情報
・名称:水仙宮市場
・住所:No. 230號, Section 2, Hai’an Road, West Central District, Tainan City, 台湾 700
・地図:

・アクセス:台南駅から88番のバス:「神農街・水仙宮」で下車※神農街の入り口がバス停
・営業時間:5:30~20:00
・定休日:なし
・電話番号:+886 6 221 6737

 

レインボービレッジ(彩虹眷村)で写真を取る

photo by もりなつ

台中駅に着いたらレインボービレッジに向かいます。駅からはタクシーもしくはバスで15~20分ほど。今では台中と言えばレインボービレッジ(彩虹眷村)というぐらい人気なスポットです!

 

実は、もともとこの村は老朽化が進み、建物を取り壊して再開発しようという動きがありました。そんな時、若いころに香港からやってきてこの村に住んでいた、今は90歳を超える黄じいさん(黄永阜さん)が突然、家の壁にペンキで絵を描き始めました。そして、たった一人で全ての絵を描きカラフルな村、レインボービレッジを作り上げたのです。

このカラフルな村のうわさが広まり、またたく間に観光地となり再開発の話はなくなったそう。タイミングが合えば、実際に黄じいさんにお会いできますよ。

 

入場料はかかりませんが、村に入れるのは朝の8時からで、中にあるお土産屋さんなども同じく朝8時から営業しています。

インボービレッジは外国の観光客のみならず、台湾人にも人気のスポットなので常に混雑しています。朝一に行くのが混雑を避け、いい写真が撮れるのでおすすめです。

■詳細情報
・名称:彩虹眷村
・住所:408 台湾 Taichung City, Nantun District, 春安路56巷25號
・地図:

・アクセス:台鉄台南駅からバス16番:彩虹眷村で下車/新幹線の台南駅からタクシーで10分ほど。
・営業時間:8:00~18:00
・定休日:なし
・電話番号:+886 4 2380 2351
・公式サイトURL:http://www.1949rainbow.com.tw/

 

宮原眼科でスイーツをいただく

photo by もりなつ

レインボービレッジでたくさん写真を撮ったら、その足でユニークな名前のスイーツのお店「宮原眼科」に向かいましょう。宮原眼科まではバスもしくはタクシーで40〜50分ほどです。

 

この「宮原眼科」は日本統治時代の1927年に中国行政機関から任命され、日本人の政治家で眼科医であった宮原武熊が開業し、実際に眼科として使われていた歴史があります。現在では、カフェレストランとスイーツショップにリノベーションされ、人気の観光スポットに。

photo by もりなつ

趣のある外見とは裏腹に、お洒落な内装とインパクトのあるアイスクリームが話題となり人気を集めています。アイスクリームは1Fのテイクアクトか2Fのカフェでいただけるので、ぜひ食べてみてくださいね!

二日目は朝から活動しているので、夜まではゆっくり過ごして台中に宿泊です。

■詳細情報
・名称:宮原眼科
・住所:No. 20號, Zhongshan Road, Central District, Taichung City, 台湾 400
・地図:

・アクセス:彩虹眷村から徒歩10分のバス停(嶺東科技大学)30番:彰化銀行で降車
・営業時間:10:00~22:00
・定休日:なし
・電話番号:+886 4 2227 1927
・公式サイトURL:http://www.miyahara.com.tw/index-go.php

 

台湾周遊ルート三日目:台中から台北へ

photo by もりなつ

三日目はお好きなタイミングで台北に戻りましょう。旅行のスケジュールに余裕がない方は朝、台北に帰り一日台北観光を。スケジュールに余裕のある方は、のんびりと台中を観光しながら台北に帰るのも良しです。

 

士林夜市で台湾料理の食べ納め

photo by もりなつ

時間に余裕がある場合は台北の士林夜市へ行くのがマスト。16時から営業しているので台湾料理の食べ納め、そして、お土産を購入できます。

たくさん歩いた後に飲む台湾ビールと台湾料理は格別!おすすめはルーローハンと臭豆腐です。士林夜市でエネルギーをチャージしましょう。

■詳細情報
・名称:士林夜市
・住所:No. 101號, Jihe Road, Shilin District, Taipei City, 台湾 111
・地図:

・アクセス:MRT(地下鉄)淡水線(紅/レッドライン):「剣潭駅」1番出口から徒歩3分
・営業時間:16:00~24:00
・定休日:無休
・電話番号:+886 2 2881 5557
・公式サイトURL:

 

台湾新幹線で台湾の人気スポットを周る

ここまでご紹介したように、3日間あれば台湾の人気スポットを回ることもできます。台湾には歴史的な建物が多く、それらは観光地として再生されています。

観光地はもちろんのこと、台湾の料理も日本人の口に合うものが多く、食べ物を目的に観光に来る日本人もたくさん。そんな魅力がいっぱい詰まった台湾をぜひ堪能してみてください。

本記事でご紹介したルートは余裕のあるプランなので、ご紹介したスポット以外にも気になるところがあればあなたなりにアレンジしてみてくださいね!

ライター
もりなつ フリーライター&ヘナタトゥーアーティスト

シンプルに生きるを目指しているライター。21歳のワーホリ以来、海外にドハマり中。現地でのハプニングを楽しむ旅が好き。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング