煩悩を取り払おう!関東で滝行体験ができる5つの場所

Pocket はてブ

滝行と聞くと、たじろいでしまう人もいると思いますが、危険なことではないのでご安心ください。ただ、気合は必要です。最近では、関東近郊でも一般人向けに滝行を開催している寺社があります。

今回は滝行についての簡単な説明や、東京近郊で滝行をすることができるスポットについてご紹介したいと思います。

*編集部追記
2016年11月公開の記事に新たに加筆しました。(2018/12/1)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

滝行って何?

滝行って何?

photo by pixta

滝行というのは、密教や修験道、神道の数ある修行の1つです。己と向き合い、強靭な精神を養うために行われてきました。また、宗教的な儀式としての捉え方、収穫祈願や雨乞いなどの儀式としての側面もあります。

今回ご紹介する滝行の目的は、前者の修行の一環のものであるため、次のような効果が期待できます。

・精神力を鍛える
・自分と向き合う
・美容効果
・自己の願い事の祈願

 

滝行の基本的な流れ

 滝行の基本的な流れ

photo by pixta

それでは、実際に滝行をするにあたっての基本的な流れをご紹介したいと思います。

・滝行を行うため白装束に着替える
・滝に向かって礼や祈りを行う
・滝に向かうための気合を入れるために、真言や経、祝詞を唱える。
・滝の前に行き、身を水につける
・滝つぼに入って、滝に打たれる。
・滝から出て体をふいて身を清める

以上が滝行の流れとなります。特に水行という身を水につけるところが非常に辛いです。

また、滝に打たれ始めたときは、衝撃や冷たさを感じますが、徐々に楽になっていき水に打たれる感覚だけが残るようになります。それまで、耐えましょう。境地に至るまでは、5分ほどかかるといわれております。

 

滝行に必要な準備

滝行に必要な準備

photo by pixta

滝行の前は体調管理をしておきましょう。滝は非常に冷たいですので、予約をしていても体調がすぐれない場合は、無理をせずに体を優先しましょう。

また、滝行に行く際に持っていっておきたいアイテムとしては次の通りです。

・タオル:3枚くらいあると良い
・着替え:白装束を貸してもらえる場合はいりませんが、帰りは1枚多めに羽織るくらいがよいでしょう。
・濡れてもいい靴:滝行の際は靴は履きませんが、それまでに濡れてしまうことがあります。

 

梅松山円泉寺 龍神の滝

pixta_5254992_M

photo by pixta

円泉寺では、神職である西澤形一師が主宰をしている滝行があり、東京都檜原村の九頭竜神社が支援と協力をしています。龍神の滝はパワースポットとしても有名ですが、水量が非常に多いのでしっかりと指導を受けて滝行をしましょう。

■詳細情報
入瀧料:5,000円(他、3名以上1人分・参拝お賽銭として1,000円と昼食代)
修行日:要問合せ
アクセス:東京都西多摩郡檜原村(西武池袋線「飯能駅」北口にて、西武バス下川崎経由狭山市駅西口行き)
予約電話:090-3225-6286・042-978-6500

 

湘南滝行の会 夕日の滝

夕日の滝

photo by pixta

夕日の滝での滝行は団体も可能ですし、結婚式の前のサプライズとして滝行を撮影することができます。費用はかかってしまいますが、滝行で禊をすましてからの結婚式もなかなか良いものですよ。

■詳細情報
・名称:夕日の滝
・住所:神奈川県南足柄市矢倉沢
・アクセス:伊豆箱根鉄道大雄山駅から箱根登山バス地蔵堂行きで25分、終点から徒歩15分
・営業時間:駅に午前10時集合(変更される可能性があるので要確認)
・入瀧料:初回9,000円・2回目以降6,000円(5名以上団体割引き有)
・予約メールアドレス:e_takigyo@yahoo.co.jp(定期変更有)

 

高尾山薬王院 蛇瀧水行道場

pixta_20486573_M

photo by pixta

水行同乗があり、その中でも蛇滝、琵琶滝が一般向けに開放されております。歴史ある滝行スポットですのでお勧めの場所です。

■詳細情報
・名称:高尾山薬王院 蛇瀧水行道場
・住所:八王子市高尾町2173
・アクセス:JR高尾駅北口より、京王電鉄バス(2番乗車発小仏行き)にて蛇瀧口で下車、徒歩で約15分。
・営業時間:午前9時~午後3時(受付)
・指導日時:第1土曜日・18日・28日の11時から
・電話番号:042-667-9982
・入瀧料:1000円(指導料を含む場合は3000円)
・公式サイトURL:水行道場 | 高尾山薬王院公式ホームページ

 

臼杵山天光寺


滝行だけでなく、水行や川行、お百度参りなど色々な修行をすることができるスポットです。また、宿泊費もリーズナブルで1泊3食付きで一人7,500円という破格の値段です。人気のスポットですが、修行自体は本格的な修行を受けることができますので、ご安心ください。

■詳細情報
・名称:臼杵山天光寺
・住所:東京都西多摩郡檜原村本宿801−2
・アクセス:東京都西多摩郡檜原村字本宿801-2(JR五日市線の終点「武蔵五日市駅」より西東京バス「数馬」行きで「笹平」停留所下車、徒歩約10分)
・電話番号:042-598-3133
・入瀧料:滞在期間×7,500円(3食付・日帰りが可能)
・公式サイトURL:体験修行、企業研修、滝行、供養、お祓い | 臼杵山天光寺 東京都西多摩郡檜原村

 

清龍寺不動院 龍神池

清龍寺不動院はテレビでも取り上げられたことのある人気スポットです。滝の勢いもあまり強くないですので、初心者におすすめです。

■詳細情報
・名称:清龍寺不動院 龍神池
・住所:埼玉県和光市白子2-15-47
・アクセス:東武東上線成増駅南口、地下鉄有楽町線営団成増駅②番出口より徒歩15分。
旧川越街道に面した冨澤整形外科病院の横入る50M、熊野神社横。
・電話番号:048-461-2116
・料金:5,000円/人
※瀧行衣、草履一式貸与
※入瀧料、指導料含む(お祓いやお清めの儀はありません)
・公式サイトURL:護摩|滝行|座禅|納骨堂|大本山神瀧山清龍寺不動院|別院清龍寺観音院

 

まとめ

さて、今回は滝行と、関東近郊の滝行スポットについてご紹介しました。滝行は、精神力を鍛えることができますので、今後自分に降りかかるであろう困難にも立ち向かう力をつけてくれます。

 

関東の滝行について調べている方に、人気の商品はこちらです

 

 

Pocket はてブ

WRITER

yutamuku
初めまして!国内外問わず色々なところへ旅に出かけるのが大好きなユタムクです。皆さんに少しでも多くの情報を提供できたらなと思います。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

アクティビティ

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品