ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

タンザニアで自然を満喫


photo by Roberto Binetti/Shutterstock.com

プリズンアイランド

ザンジバル島から船で30 分の小さな島。海に突き出た桟橋からターコイズブルーの海に大ジャンプ!

photo by E X P L O R E R/Shutterstock.com

ボンゴヨ島で無人島を満喫

リゾート旅行にぴったり! ダル・エス・サラームから日帰りで、じゃまをされずに無人島をのんびり散策。パラソルと椅子をレンタルをして、何もしない贅沢な一日を過ごしたい。

タンザニアの動物を見てみたい


photo by Tatsuya Kanabe

ンゴロンゴロ自然保護区

人と動物が共生する地球上でも珍しい保護区。マサイの土地で野生のシマウマの群れを写真に収める。2010年には世界複合遺産として登録された。世界最大のアフリカゾウや、湖一面をピンクに染めるほど集まる数千羽、数万羽のフラミンゴは一生に一度は見たい。


photo by ①hossakuraworld ②Saki Miyagi

①広大なサバンナセレンゲティ

タンザニア最大の国立公園は、どこまでも続く草原!弱肉強食の世界で生きる野生動物たちに会いたい。

②海に浮かぶレストラン「ザ・ロック」で優雅にブルーオシャンランチ

ザンジバル島の東端にある絶景レストラン。店まで小さな渡し舟で向かう時間はプチ冒険気分。テラス席に座り、目の前の海を眺めながら、獲れ立ての魚介や豊富なワインを楽しんで。近くには日本語を話せるオーナーが営む宿もある。

「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」をチェック!

本記事の内容は、PAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されています。地球上にある絶景、秘境、グルメ、 非日常…が2,000個ズラリと並んでいます。ページ数は496Pにもおよび、掲載国数は日本のガイド本史上最多の186ヵ国!

次に旅行の予定がある人にとって参考になることはもちろん、めくるだけでも旅へのワクワクが止まらなくなるはずです。TABIPPOの自信作、ぜひ手にとってみてくださいね!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング