ライター
パーソナル栄養士いっしー パーソナル栄養士いっしー

1991年生まれ/東京農業大学卒/栄養士/ファスティングマイスター 大学時代に初海外をオーストラリアのワーキングホリデーを経験。 大学卒業後はタニタ食堂五反田店で勤務した後、24歳で世界一周へと旅立つ。 世界中の市場やファーマーズマーケットやスーパーマーケットを練り歩き、現地の屋台を食べ歩くことで世界の食文化を見て回った。 現在はパーソナル栄養士として食事とファスティングを活用したダイエットや体質改善のお手伝いをする他、ライターとして健康や食文化について発信している。

「チャンピニョン・ア・ラ・プランチャ」は、マッシュルームの鉄板焼きのこと。

こちらもシンプルな料理ですが、熱々のマッシュルームを頬張るとジューシーなマッシュルームのうまみが口に広がり、マッシュルームの美味しさを再確認することができます。

 

アセイトゥナス

Olives in clay bowl

アセイトゥナスとはオリーブの実のこと。スペイン人はオリーブが大好きで、こちらもバルの定番メニューとなっています。
オリーブにもいろいろな種類があり、味も食感も様々。サラダやピンチョスに使われることも多く、バルに行けば口にするかと思います。

 

カラマレス・フリートス

spanish calamares a la romana, squid rings breaded and fried

カラマレス・フリートスは、イカリングフライのこと。揚げたてにレモンをかけて食べたらビールが進みます。

イカが美味しいと感じるのは、日本人もスペイン人も同じようですね。

 

エンサラディージャ・ルサ

spanish ensaladilla rusa, russian salad

直訳するとロシア風サラダ。ロシアのオリヴィエ・サラダから派生した料理でじゃがいもやニンジン、グリンピースなどをマヨネーズで和えたもの。
日本のポテトサラダにも似た料理です。お店によっては魚介類を混ぜあわせたものもあり、パンに付けて食べると絶品です。

 

アルボンディガス

Delicious Meatballs albondigas with spicy sauce on a plate close

All photo by pixta

肉団子のトマトソース煮込みで、スペインの母の味とも言われるそう。こちらも多くのバルで見かけることが出来ます。

ジューシーなお肉とフレッシュなトマトソースでお酒が進みます。子どもにも人気のメニューなんだとか。

 

まとめ

今回はバルの定番タパスを紹介しました。バルもタパスが3つか4つしかない小さなものから、創作タパスをたくさん揃えたものまでさまざまあります。
スペインに行った際は、自分のお気に入りのタパスを見つけるのも楽しいかもしれません。

 

僕の旅の様子はInstagramブログで更新中です。

ライター
パーソナル栄養士いっしー パーソナル栄養士いっしー

1991年生まれ/東京農業大学卒/栄養士/ファスティングマイスター 大学時代に初海外をオーストラリアのワーキングホリデーを経験。 大学卒業後はタニタ食堂五反田店で勤務した後、24歳で世界一周へと旅立つ。 世界中の市場やファーマーズマーケットやスーパーマーケットを練り歩き、現地の屋台を食べ歩くことで世界の食文化を見て回った。 現在はパーソナル栄養士として食事とファスティングを活用したダイエットや体質改善のお手伝いをする他、ライターとして健康や食文化について発信している。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング