writer
パーソナル栄養士いっしー パーソナル栄養士いっしー

1991年生まれ/東京農業大学卒/栄養士/ファスティングマイスター 大学時代に初海外をオーストラリアのワーキングホリデーを経験。 大学卒業後はタニタ食堂五反田店で勤務した後、24歳で世界一周へと旅立つ。 世界中の市場やファーマーズマーケットやスーパーマーケットを練り歩き、現地の屋台を食べ歩くことで世界の食文化を見て回った。 現在はパーソナル栄養士として食事とファスティングを活用したダイエットや体質改善のお手伝いをする他、ライターとして健康や食文化について発信している。

こんにちは。世界を旅する栄養士たけひろです。

スペインへ行ったら一度は入ってみたいのがスペインの居酒屋的な場所「バル」。バルではそれぞれのお店に個性的なタパスと呼ばれるおつまみ料理があります。

ぜひスペインに行く前に、定番のタパスを予習しておきましょう!

 

ハモン・セラーノ

pixta_21476735_S

スペインといえば生ハム。街を歩くと必ず、豚の足のまま生ハムが売られているのを目にすることができるほどです。スペインでは安くて美味しい生ハムがたくさんあります。

バルでは欠かせないお酒のお供です。

 

トルティージャ

tortilla de patatas, spanish omelet

言わずと知れた有名タパス。じゃがいもやほうれん草、特性のトマトソースなどと卵を混ぜあわせ焼き上げたスペインオムレツです。
スペイン人も大好きなトルティージャは、半熟か完熟か、つくり手によって変わってきます。

 

パタタス・ブラバス

Fried potatoes with sauce

角切りにしたじゃがいもを素揚げまたは茹でて、ブラバスソースというトマトベースのピリ辛ソースをかけたもの。とてもシンプルなようですが、このソースとポテトの相性が絶妙!
お店によってブラバスソースの味付けが違うので、お店の個性がでるようです。

 

ガンバス・アル・アヒージョ

pixta_10665738_S

日本でも有名なアヒージョ。「ガンバス」とは。小エビのことを指します。小エビをニンニクとオリーブオイルで煮込んだこのタパスは、お酒と一緒に食べると最高です!

ぜひ、スペインの白ワインと共にいただきたいですね!

 

チャンピニョン・ア・ラ・プランチャ

fried mushrooms

writer
パーソナル栄養士いっしー パーソナル栄養士いっしー

1991年生まれ/東京農業大学卒/栄養士/ファスティングマイスター 大学時代に初海外をオーストラリアのワーキングホリデーを経験。 大学卒業後はタニタ食堂五反田店で勤務した後、24歳で世界一周へと旅立つ。 世界中の市場やファーマーズマーケットやスーパーマーケットを練り歩き、現地の屋台を食べ歩くことで世界の食文化を見て回った。 現在はパーソナル栄養士として食事とファスティングを活用したダイエットや体質改善のお手伝いをする他、ライターとして健康や食文化について発信している。

RELATED

関連記事