writer
Yuka Uekado 元TABIPPOスタッフ。

TABIPPO2015福岡スタッフ。食べること料理すること、ピアノとギター弾くことが好き。休みの日は、雑貨屋をぶらぶらついたり、ケーキを求めて出掛けたり、本を読んだりと、割りと一人で過ごしている。静かな場所がお気に入り。

こんにちは。TABIPPOのゆかです。季節の変わり目に衣替えをするとき、クローゼットを開けて、チェック柄の洋服や小物を持っていない人って、ほとんどいないんじゃないでしょうか?たくさんの可愛いチェック柄がありますが、調べてみると意外な発見がありました。

今回はそのチェック柄について紹介したいと思います。

 

毎年流行るタータンチェック

秋冬になるとお店に必ずチェック柄が並びますよね、私もこの秋冬はチェックのスカートやシャツやアクセサリーをごっそり買いました!色が掛け合ってとってもキュートなチェック柄ですが、実はこれ、スコットランドからやってきたものです。

日本では、チェックやタータンチェックと言ったりしますが、スコットランドではタータンとだけ言います。

 

タータンチェクの誕生秘話

タータンチェック

photo by wikimedia

昔々、スコットランドに住んでたケルト民族が、一族を象徴するためにタータンを使用したのがはじまりだと言われています。他と区別するために、配色や柄を変えていました。タータンは、国、地域、そして家をあらわす模様だったんです。日本でいう「家紋」のようなもの。このタータンは戦場でも使われました。

争いが絶えなかったスコットランドで、タータンは戦場で敵と味方を見分ける役割も果たしていたんです。ファッションの一部として私達に馴染みのあるタータンチェックが、こんな重要な役割を持ち、なおかつ歴史も深い模様だったなんてびっくり!

writer
Yuka Uekado 元TABIPPOスタッフ。

TABIPPO2015福岡スタッフ。食べること料理すること、ピアノとギター弾くことが好き。休みの日は、雑貨屋をぶらぶらついたり、ケーキを求めて出掛けたり、本を読んだりと、割りと一人で過ごしている。静かな場所がお気に入り。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング