タクシーで使える英会話フレーズ58選

Pocket はてブ

海外旅行に出かけた時、必ずと言って良いほど利用するのがタクシーですよね。日本と違って、アメリカのタクシーは目的地を伝えて交渉してから乗るのが一般的です。なので、上手に目的地を伝えられないと、乗れないこともあるかもしれませんよ!

今回は、タクシーを利用する時に使える、基本の英語フレーズをご紹介したいと思います!どれも簡単なものばかりなので、是非覚えてみてくださいね!

 

*編集部追記
2015年12月に公開した記事に新たに加筆しました。(2018/09/02)

 

タクシーを呼んで欲しい時

photo by shutterstock

●Can you get me a taxi?「タクシーを呼んでください」、間違えてCall me taxi.(私をタクシーと呼んでください)と言わないようにしましょう。

●Could you call me a taxi, please?「タクシーを呼んで頂けますか?」

●I want a cab.「タクシーをお願いします」

ホテルや空港などでタクシーを呼んで欲しい時に使います。

●Could you pick me up at 〜?「〜時に迎えに来て頂けますか?」

●May I have a taxi at Chelsea Market?「チェルシーマーケットに来てもらえますか?」

●Could I book a taxi?「タクシーを予約できますか?」

●I’d like a taxi, please.「タクシーを1台お願いします。」

 

タクシー会社に自分で直接電話をする時には、このフレーズで予約をしましょう。

 

タクシーを拾える場所を聞きたい時

●Where’s the taxi stand?「タクシーの乗り場はどこですか?」

●Where can I catch a taxi?「タクシーはどこで拾えますか?」

●Could you tell us where we can get a taxi?「タクシーはどこで拾えるか教えて頂けますでしょうか?」

観光地などではタクシー乗り場が近くにある場合が多いです。場所を聞くときに使用してくださいね。

 

タクシーを呼び止める時

●Taxi!「タクシー」

●Hi!「やぁ!」

●Hello!「こんにちは!」

●Good morning!「おはよう」

 

タクシーを止めた時に最初に言う言葉です。無言で行き先を見せたりするのはマナー違反です。気持ちよく対応してもらえるように、挨拶はしっかりと明るくするのが基本ですよ。

 

目的地を伝える時

photo by shutterstock

●May I get in?「乗っても良いですか?」日本のタクシーと違って、アメリカのロンドンでは、行き先を伝えて合意できてから乗ることが必要です。乗りたい時は窓越しにどこに行きたいのかを伝えてから、乗って下さいね。

●Can you take me to the 〜, please?「私を〜まで乗せて頂けますか?」〜の部分には目的地の名前が入ります。

●Take me to this address, please. ●Please take me here to this place. 「この場所まで連れて行ってください」携帯や地図、目的地のメモなどを見せながら交渉する時に使う言葉です。

●I’m going to Plaza Hotel, 768 5th Avenue.「5番街768番地のプラザホテルに行ってください。」

●Could you stop by Chase bank before you go to the airport?「空港に行く前にチェイス銀行に寄ってもらえますか?」

●Can you make a right (left) turn?「右(左)に曲がってください。」

●We have 2 destinations. First, go to ●, then go to ▲, please?「行き先が2ヶ所あります。まず●に行き、それから▲に行ってもらえますか?」

●Keep on going straight.「真っすぐに行ってください。」

●Stop in front of the Apollo Theater.「アポロ劇場の前で停まってください。」

●Go in the driveway.「ドライブウェイに入ってください。」

●Could you take this route to the Grand Central Terminal?「グランドセントラル駅まで、この道順で行ってもらえますか?」

●Can you take 6th Avenue instead of 10th Avenue?「6番街の代わりに10番街を通ってもらえますか?」

●Take the shortest way, please.「一番近い道で行ってください。」

●I’m afraid we’re going the wrong way.「どうやら道が間違っているみたいです。」

 

ちなみに、海外のタクシーはドアが自動で開きません。乗って良いと言われたら、手動で開けて下さいね。

1 2 3
Pocket はてブ

WRITER

鈴木夏樹
毎週末、夫と3歳になる娘と一緒にどこかに出かけています♪連休が取れたら必ず旅行!というくらいの旅行好き♡海外旅行には最近行けていませんが、旅行情報を見ているだけでも楽しくなっちゃいます♪

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

英語・語学の悩みを解決する

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品