その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

TABIPPO名付け親、小泉翔です。僕の世界一周の旅のキッカケになった国、タイ。人々の暖かさや、豊富な観光資源。旅するのに適した物価や治安。2018年3月には、四半期に一度行っている全社合宿の開催地を、思い切ってバンコクに指定してしまうくらいには、タイを愛しています!

photo by TABIPPO

今回、6度目のタイだったんですが、あることに気付いてしまったのです。

「タイ、飯めっちゃうまい….」

いや、もちろんタイ料理が美味しいことは知ってましたよ、日本でもタイ料理屋さん、よく行きますし。でも、今回タイ在住の方々にオススメされたり、ご飯に連れてって頂いて思ったのは、美味しいと!思うタイ料理の種類の豊富さ。

photo by TABIPPO

まず「パクチー苦手!」とか、「辛いの無理!」みたいな人も多いのではないでしょうか?僕も激辛はそんな得意じゃないです。

そんな人でも全然困らないくらい、タイって美味しい料理が豊富にあって、紹介しきれないんですけども「これだけは食べておけ!」っていう料理を「15種類」紹介していきたいと思います!!

*編集部追記
2018年3月に公開した記事に新たに加筆しました。(2019/06/29)

トムヤムクン / Tom Yam Kung

photo by AirAsia

フカヒレスープ、ブイヤベースに並び「世界三大スープ」とされており、タイに行ったら絶対に注文すべき料理です!「トム (ต้ม)」は煮る、「ヤム (ยำ)」は混ぜる、「クン (กุ้ง)」はエビのこと。つまり海老のスープなんですが、辛味と酸味が混じり合う、タイ料理の定番スープです。

トムカーガイ /  Tom Kha Kai

photo by shutterstock

もう一つオススメのスープをご紹介。トムカーガイはココナッツミルクのスープ。スパイスも効いてるので甘ったるいわけではなく、非常の飲みやすいので口直しに超オススメです!

パッタイ / Phad Thai

photo by shutterstock

「タイ炒め」の意味であるパッタイ。こちらもタイを代表する料理で、地元民にも愛されています。道端に点在する屋台などでもっともよく目にする料理かもしれません。個人的にはレモン汁をたっぷり絞って食べるのがオススメ!

グリーンカレー / Green Curry

photo by shutterstock

日本でも人気なグリーンカレー、実はタイの料理なんです。お店によって辛味や酸味の強さが異なるので、ぜひいろんなお店のグリーンカレーを試してみてください。具材もエビや鶏肉など、入っているものが様々です。

ムーピン / Moo Ping

photo by shutterstock

日本でいう焼き鳥に近い見た目なのがムーピン。こちら、豚肉の串焼きです。パッタイと並んで屋台で売られている料理の代表作!

マンゴースティッキーライス / Mango Sticky Rice

photo by shutterstock

マンゴーとご飯!?と思うかもしれませんが、僕個人的には2011年に初めてタイで食べてから、世界で一番好きなデザートの一つです!ちょっとしょっぱいモチモチな餅米を、あま〜いマンゴーとココナッツミルクと一緒に頂くタイ定番お菓子。

マッサマン / Massaman

photo by shutterstock

マッサマンはカレーの一種で、タイで最も有名なのがチキンマッサマン。見た目は真っ赤っかで非常に辛そうですが、辛いな人でも楽しめるくらいのマイルドさのお店も多く、カレー好きにはグリーンカレーに引き続き絶対に食べて頂きたい一品です!

ソムタム / Som Tam

photo by shutterstock

ソムタムが、「青いパパイヤ」を使用したサラダなんです!インゲンやトマト、ピーナッツ、海老など、様々な具材が入っているのがポイントです。

ガパオ / Phad Kraprao

photo by shutterstock

みなさんご存知、挽肉とバジルを炒めた料理、ガパオライス。タイ語では「ガパオ」では通じないことが多いので、注意です!ピリ辛なスパイスが効いていることが多いので、辛いのが苦手な人は「ノースパイシー!」とアピールすることをオススメします。

カノムクロック / Kanom Krok

photo by shutterstock

たこ焼きに似た見た目の、屋台でよく売られているタイ国民に愛されているおやつ。外はカリッと、中はとろっと甘いココナッツミルクが。屋台で80円前後で買えるので、ちょっと小腹が空いた時にぜひトライして頂きたい一品です!

豚チャーハン / Khao Phad Moo

photo by AirAsia

こちら英語で表記すると「Thai Fried Rice with Pork and Basil」となる豚肉チャーハン。旅先でだって米が食べたくなるのが日本人ってもんですよね。タイのチャーハンは日本人の口にもしっかりマッチした味付けなので、迷ったらこれ!という料理です。

タイティー / Thai Tea

photo by shutterstock

こちら、個人的にも超オススメなドリンク、タイティー。毎日カフェに行ってはタイティーを頼んでいました。甘く味付けされたミルクティーなんですが、まだ日本でもあまり流行っておらず、これはブームが訪れるだろう!と確信するほどの美味しさです。

カオソーイ / Khao soi

photo by shutterstock

ココナッツとカレーがベースとなるスープに、カリッと揚げた麺を混ぜて食べる、ラオスから伝わる料理。唐辛子やエビ、複数の野菜など様々な具材をトッピングしているお店も。

Boat noodle

photo by shutterstock

タイでも有数の観光地でもある水上マーケットで働く人々が日常的に食べているところからこの名前がついた、豚の血をスープに使ったヌードル料理です。

プーパッポンカレー / Curry Crab

photo by shutterstock

蟹を使ったシーフードカレー。一般的に卵やココナッツミルクも一緒に炒めてあり、食べやすさも美味しさも、圧倒的に日本人の旅人から支持されている料理です!

タイ料理はカオサン通りの先のワット チャナソンクラーム辺りで

タイで有名なスポットの一つといえばカオサン通りですが、カオサン通りの突き当たりにあるワット チャナソンクラーム周辺を囲んで屋台やレストランが並んでいます。かなり安いお店が多く、ついついはしごしたくなるくらい美味しいタイ料理を食べることができます。

おすすめはGecko Bar。ここのタイ料理は何を食べても美味しいと聞いて訪れました。ガパオライスが絶品です。

■詳細情報
・名称:Gecko Bar
・住所:Phra Athit Rd, Chana Songkhram, Phra Nakhon, Bangkok 10200 タイ
・地図:

・営業時間:6:00〜翌2:00
・定休日:なし
・電話番号:+66 81 817 7647

タイ旅行で、タイ料理を満喫しよう!

いかがだったでしょうか。飯テロかのごとく様々なタイ料理を紹介してまいりました!僕らTABIPPOメンバーも大好きで、毎日ミーティング終わりに食べるご飯が楽しみなタイ合宿でした。

バンコクを旅行するならぜひ使っていただきたいのAirAsia便。

成田空港だけでなく、関西国際空港や千歳空港からもバンコクのドンムアン空港行きのフライトが就航しています!

では、素敵なタイの旅を✈︎

 

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング