ライター
東松 寛文 リーマントラベラー

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は激務の広告代理店に勤務する傍ら、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは575点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。2016年、3か月間毎週末海外旅行に行き、5大陸18か国を制覇し「働きながら世界一周」を達成。同年、『地球の歩き方』から "旅のプロ8人" にも選出される。現在、東洋経済オンラインやCLASSY. 等で連載中。著書『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』(河出書房新社)

みなさんは、フルムーンパーティって知っていますか?

タイのパンガン島で開催される、満月の夜に世界中のParty Peopleが集結して行われるCrazyなビーチパーティです!

めちゃくちゃ楽しいこのイベント!!!
実は、今年の5月は土日だけでフルムーンパーティに行けちゃうって知ってました?

 

フルムーンパーティとは?

IMG_6439

Photo by リーマントラベラー

スペイン・イビサ、インド・ゴアと並んで世界三大レイブ(屋外で行われるダンスパーティ)と呼ばれる、毎満月の夜に開かれるビーチパーティです。

会場のパンガン島は、バンコクから飛行機で1時間のところにあるサムイ島からボートで20分のところにある島で、意外とアクセスも抜群!

 

毎満月の夜に開催されるので、ほぼ月1で開催され、毎回数万人の欧米人がこのパーティに参加するためにパンガン島に集結します。

 

実際のフルムーンパーティの様子はこちら!


ビーチは人でいっぱい!砂浜には海の家が並んでいて、そこから爆音で音楽が流れてきます。EDM、Hip-Hop、Reggae…ジャンルは様々です!

また、お立ち台・ファイヤーダンス・炎の大縄跳び・火の輪くぐり・滑り台など、様々なイベントやアクティビティがありあます。どれも無料ですので、せっかくなので恥ずかしさなんて捨ててドンドン参加してみてください!とにかく楽しいです!

ちなみに満月の光で明るい中で開催され、欧米人がほとんどなので、治安も良かったです!ただし、酔っ払いの方はたくさんいるのでご注意ください!

 

フルムーンパーティへの行き方

IMG_6161

Photo by リーマントラベラー

フルムーンパーティの会場・タイのパンガン島に行くには、まずはサムイ島を目指します!日本からはバンコク経由で飛行機で行くのが一般的です。

欧米人にも人気のリゾートアイランドなので、バンコクからの飛行機もたくさん出ています。


サムイ島からパンガン島はフェリーで20分。フェリーのチケットはサムイ島の空港で購入することが可能ですので、着いた時に買っておくことをオススメします。(ホテルへの送迎付きのチケットもあります)

フェリーでパンガン島に着いたら、会場のハードリンビーチを目指すだけ!ハードリン港からは歩いて行けるところなので、人の流れに乗って行けば自然と会場に着きます!

ライター
東松 寛文 リーマントラベラー

東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は激務の広告代理店に勤務する傍ら、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは575点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。2016年、3か月間毎週末海外旅行に行き、5大陸18か国を制覇し「働きながら世界一周」を達成。同年、『地球の歩き方』から "旅のプロ8人" にも選出される。現在、東洋経済オンラインやCLASSY. 等で連載中。著書『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』(河出書房新社)

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング