ライター
もりなつ フリーライター&ヘナタトゥーアーティスト

シンプルに生きるを目指しているライター。21歳のワーホリ以来、海外にドハマり中。現地でのハプニングを楽しむ旅が好き。

こんにちは、もりなつです。プーケットからスピードボートに乗って15分で行ける離島、コーラル島をご存知ですか。プーケットと言えばレオナルド・ディカプリオ主演のザ・ビーチという映画で知名度が高まったピピ島が有名ですよね。しかし、ピピ島は観光客の増加による環境への悪影響が原因で、2021年まで閉鎖されています。

ピピ島に行けないからと言ってプーケット行きを諦めないで!プーケットには他にも魅力的な離島があり、そのひとつであるコーラル島をご紹介します。

 

コーラル島ってどんな島?

プーケットの南端に大きく弧を描くチャロン湾の沖に浮かぶコーラル島は、プーケットからスピードボートでたった15分で行ける離島です。

雨季には荒れて泳ぐことが難しくなるアマンダ海に浮かんでいるコーラル島ですが、チャロン湾に守られているため、波は一年中穏やかでアクティビティが楽しめます。また、波が穏やかなので、海水が濁ることもなく透明度を保っています。

photo by shutterstock

「コーラル」とは日本語でサンゴ礁のこと。島の名前にもなっている通り、サンゴ礁がビーチの近くまで迫っているので、ビーチから泳いでシュノーケリングを楽しめます。

さまざまなアクティビティを楽しめるので、幅広い年齢層の方から人気があり、地元の方もおすすめするアイランドリゾートです。

 

プーケットからコーラル島への行き方

photo by もりなつ

プーケットからコーラル島までの行き方は、スピードボートとロングテールボートの2つ。また、ツアーを利用するのも効率が良く、おすすめの方法なので、併せてご紹介します。

 

スピードボート

photo by shutterstock

スピードボートはチャロン湾から出発します。所要時間は約15分ほど。その名の通り、速度が速く揺れも激しいので、船酔いしやすい方は酔い止めを飲んでおきましょう。

スピードボートを利用する場合は、港でチケットを購入する必要があり、朝の時間帯は混雑します。待ち時間を加味して、早めに港に向かうようにしてくださいね。

 

ロングテールボート

photo by shutterstock

ロングテールボートとは、端のテールが長く南国らしい外見のボートで、コーラル島までの所要時間は20分ほど。スピードボートより速度は遅いですが、景色を楽しみたい場合はこちらがおすすめです。

ロングテールを利用する場合、料金はチャーターとなります。通常4~5人乗りなので、グループで乗船すれば料金は割安に。

 

ツアー

photo by shutterstock

プーケットからコーラル島までは個人で行くこともできますが、ツアーを申し込んで行くのが効率良い方法。現地ツアーであれば、前日までの申込みで参加が可能です。

ツアーの内容は宿泊しているホテルから港まで送迎があるのと、スピードボートでコーラル島に向かう往復のチケット。そして、コーラル島では、ランチブッフェとシュノーケリングセットがついていて、15時頃まで自由行動になります。

帰りもホテルまで送り届けてくれるので、時間やアクセス方法を気にすることなく、存分に楽しめます。

 

ツアー料金は、英語ツアーと日本語ツアーで差があり、以下の通りです。

・英語ツアー:800バーツ(約2,900円)以上
・日本語ツアー:2,000バーツ(約7,250円)前後

英語に自信の無い方は価格は高くなりますが、日本語ツアーにするのがベター。コストを抑えたい方は英語ツアーだと半額ほど安くなります。

ライター
もりなつ フリーライター&ヘナタトゥーアーティスト

シンプルに生きるを目指しているライター。21歳のワーホリ以来、海外にドハマり中。現地でのハプニングを楽しむ旅が好き。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング