writer
やういち メキシコ在住プロダイバー

メキシコ在住ブロガー/タオ島産プロダイバー/元キーエンス営業/上智卒/元カリフォルニア在住 「好きな場所で好きな事をしながら生きる」人を増やす為のブログを書いています。旅行と海と筋トレが好き。現在は自由を手に入れたものの、お金がなくて人生は相変わらず大変です。 instagram: https://www.instagram.com/iwayui0466/ blog: http://yauichi.com/

タイのタオ島に移住してから5ヶ月のYauichiです。ここタオ島は、滞在者の7割近くが外国人というタイだけどタイじゃない、ちょっと変わった島です。元々アメリカ留学経験もあった僕は、ほとんど欧米にいる様な感覚で日々を過ごしていました。

そんな日々を送る中、タイ歴10年以上の上司たちから「ここはタイだ。これからは気をつけろ」とマナーの面で怒られる事もしばしば…。

今回の記事は、僕が実際に注意されたタイ人に対するマナーについてまとめました。更に、記事執筆中に隣にいたゲストハウスのタイ人の方にも話を聞いてみました。タイに旅行予定の方、長期滞在予定の方、参考にしてみてください!

1.足の裏を向けない

photo by pixabay

これは日本人ならやらない行為なはずですが、僕はやってしまいました…。

タイでは、足の裏は最も不浄な場所とされております。人々がサンダルで日々歩き回り、時には裸足で歩いている様な環境です。日本の環境とは違い、綺麗ではありません。その足の裏を人に向けるというのは、とても汚く嫌がられる行為になるそうです。

僕の経験上、アメリカでは足を机や椅子の上に載せる行為が普通でした。ソファには常に足置きがセットであり、低いテーブルもほぼ足置きとして利用されていました。そんなノリで、誰もいない椅子に足をあげてマッタリしていた所を上司に見つかり…。

あまりないとは思いますが、是非注意してください!

2.頭に触らない

photo by shutterstock

これはよく言われるマナーの一つです。ただ、例えば家族同士や恋人同士の間では許される行為だそう。

しかし、立場が上の人の頭に触ったり親しくない間柄の人にするのはNG。無礼だと思われないように、基本的に触らないよう心がけましょう。

タイのタオ島に移住してから5ヶ月のYauichiです。ここタオ島は、滞在者の7割近くが外国人というタイだけどタイじゃない、ちょっと変わった島です。元々アメリカ留学経験もあった僕は、ほとんど欧米にいる様な感覚で日々を過ごしていました。

そんな日々を送る中、タイ歴10年以上の上司たちから「ここはタイだ。これからは気をつけろ」とマナーの面で怒られる事もしばしば…。

今回の記事は、僕が実際に注意されたタイ人に対するマナーについてまとめました。更に、記事執筆中に隣にいたゲストハウスのタイ人の方にも話を聞いてみました。タイに旅行予定の方、長期滞在予定の方、参考にしてみてください!

1.足の裏を向けない

photo by pixabay

これは日本人ならやらない行為なはずですが、僕はやってしまいました…。

タイでは、足の裏は最も不浄な場所とされております。人々がサンダルで日々歩き回り、時には裸足で歩いている様な環境です。日本の環境とは違い、綺麗ではありません。その足の裏を人に向けるというのは、とても汚く嫌がられる行為になるそうです。

僕の経験上、アメリカでは足を机や椅子の上に載せる行為が普通でした。ソファには常に足置きがセットであり、低いテーブルもほぼ足置きとして利用されていました。そんなノリで、誰もいない椅子に足をあげてマッタリしていた所を上司に見つかり…。

あまりないとは思いますが、是非注意してください!

2.頭に触らない

photo by shutterstock

これはよく言われるマナーの一つです。ただ、例えば家族同士や恋人同士の間では許される行為だそう。

しかし、立場が上の人の頭に触ったり親しくない間柄の人にするのはNG。無礼だと思われないように、基本的に触らないよう心がけましょう。

3.王室については触れない

photo by shutterstock

タイ人にとって、王室は絶対的な物です。タイ人同士で話題にする事すら躊躇われるくらい、敬うべき存在として認識されています。そんな存在に関して、外国人である私達が批判したりする事は絶対に許されません。

実際に不敬罪という罪状で逮捕される人もいるくらいシビア。前向きなコメントをする分にはよいと思いますが、基本触れないくらいの姿勢がちょうど良いかもしれません。

4.大声で話さない

photo by shutterstock

ここは日本人と似ている所で、タイ人も大声で話す人々にあまりいい印象を受けません。ちょうど、飲み屋で酔っ払って騒いでいた所を上司に注意されました。外国だからといって、大声ではしゃぎ回らないように注意しましょう。

5.時間厳守を強要しない

photo by shutterstock

ゆっくりとした時間の流れ、人々の穏やかさ。多くの日本人を惹きつける"緩さ"がタイにはあります。しかしその"緩さ"も見方によっては"いい加減"と捕らえられてしまいます。その代表が時間の感覚。タイ人は時間に関してかなりルーズです。

先日も、空港のインフォメーションセンターに用があるのに、係員が30分も席を外したままにするなど、僕もイラついてしまう事がありました。ですが、だからといって日本人の価値観を押し付けるとタイ人にとっては大きなストレスです。

時間のルーズさも含めてタイの"緩さ"だと受け入れなければ、タイ人と上手く付き合う事は出来ません。

 

まとめ

いかがでしたか?インタビューに答えてもらったタイ人曰く、結局全ては人によるよ!との事。日本と同じく、若者のほうが上記のような事にも寛容だそうです。

基本的には親日国家であり優しい人が多い国ですが、最低限のマナーには気をつけましょう!

 

タイについて調べている方に、人気の商品はこちらです

[itemlink post_id="285726"]

[itemlink post_id="285727"]

[itemlink post_id="285728"]

writer
やういち メキシコ在住プロダイバー

メキシコ在住ブロガー/タオ島産プロダイバー/元キーエンス営業/上智卒/元カリフォルニア在住 「好きな場所で好きな事をしながら生きる」人を増やす為のブログを書いています。旅行と海と筋トレが好き。現在は自由を手に入れたものの、お金がなくて人生は相変わらず大変です。 instagram: https://www.instagram.com/iwayui0466/ blog: http://yauichi.com/

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング