ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

この記事では、四角大輔さんとTABIPPOが一緒に作り上げた話題の新書籍、「The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅」の中から、旅のエピソードを抜粋して紹介していきます。

今回ご紹介するのは、エンジニア・平川彰さんのエピソードです。

人生を追求する14人の「時代の疾走者たち」による原体験

thejourney_mini

自分らしい生き方をつくる「手段」として旅がある!「人生」を追求する14人の“時代の疾走者たち”による「原体験」としての「旅」のストーリーをまとめた一冊。「旅に出て人生は変わるのか?」をテーマに、高橋歩、山川咲、西野亮廣、村上萌×著者(四角大輔、TABIPPO)とのスペシャル対談も収録。

 

「The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅」は「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」の著者、四角大輔さんと長い時間をかけて一緒に作り上げた、話題の新刊であり「旅」と「生き方」をつなげる1冊となっています。

 

旅に出ると視野が広がり、自分がいかに狭い世界で生きていたかを思い知らされる時があると思います。

旅とは何か?自分はこれからの人生をどうやって生きて行きたいのか?この本を読んで今一度自分の心に問い掛ける時間を作ってみてはいかがでしょうか。

世界を舞台に働くための「助走」としての旅|平川彰/エンジニア

自分の意志を持たなければ、人生なんてアッという間に終わる

「できれば自由に働きたいなぁ」。 そう思っていた不真面目な自分も、気づけば社会人。なってみて気づいたのは「この生活は簡単に続いてしまう」ということ。そして、「時間の区切りがなくなったんだ」ということでした。

高校なら3年、大学なら4年…。これまでなら受け身でいてもやってきていた「終わり」。ただ、社会人として「定年」がタイムリミットだというのなら、あまりに長すぎやしないだろうか?

 

このまま働いて、エンジニアとしてのスキルを伸ばすために勉強する日々も悪くないけれど、これからは自分自身で「終わり」を決めて、何かを始めていかなくては、人生なんてアッという間に終わってしまう。

そんな、危機感というほど大げさではないものの、心をチクリと刺激するこの事実を前にして、僕は「自分は何をしたいのか?」を考え、整理してみることにしました。

国や国籍という枠組みにとらわれずに生きたい

まずは「エンジニアとして、つくり手として、世の中に使ってもらえるようなプロダクトをつくりたい」ということ。それからもう一つは「国や国籍という枠組みにとらわれない生き方」への憧れでした。

日本だけではなく、いろいろな国に拠点を持つことができ、「春だったらここ、夏だったらここ」というように、季節ごとに住む場所を変えていく。もしかしたら、昔友だちと冗談半分で話していた「南国の島を買って住む!」という妄想も、現実にできるかもしれません。

 

そんな、だれにも縛られない自由な生き方ができたら楽しそうだ思いました。思えば、「海外で暮らしたい」という考えは、幼いころからあったのかもしれません。

昔から、とても近い距離に「海外」がありました。親戚にアメリカで暮らしている人や、航空関係に勤めていて世界中を飛びまわっている人がいることから、将来の自分の居場所として海外を選ぶことはとても自然なことでもあったのです。

「まずは見たことのない国をたくさん見たい。旅が終われば国外に住んで働こう。旅はそのきっかけにしよう」。

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング