ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

就活や転職、留学のためなど、TOEICを勉強している方も多いでしょう。しかし、なかなか点数があがらず悩んでいる方もいるのではないでしょうか?今回は、目標点数と種類別に、おすすめのTOEIC参考書をまとめました。

TOEIC点数アップの一番の近道は、自分にあった参考書を何度も繰り返し解くということ。真面目に勉強すれば、留学経験がなくてもTOEIC800点は確実にとれます。ぜひ参考にしてください。

*編集部追記
2017年2月の記事に新たに4選追加しました。(2017/10/19)
2017年10月の記事に新たに4選追加しました。(2018/09/02)

 

TOEICを勉強する際のアドバイス

TOEIC対策はシンプル。英語をある程度マスターして、TOEIC慣れをすればいいのです。しかし、このシンプルな勉強法がなかなか難しいもの。普段はスキマ時間を見つけて、文法や単語を勉強するといいでしょう。

TOEICの1ヶ月前になったら、ひたすらTOEICの問題を解きます。もちろん、解いて放置は厳禁!間違った問題は丁寧に見直しましょう。

 

おすすめの参考書

私がおすすめしたいのがロバート・ヒルキ著「新TOEICテスト-直線の技術シリーズ」です。この本はTOEIC本番に使えるちょっとしたテクニックが紹介されています。

もちろん、問題や模擬試験も充実。特にTOEIC初心者の方におすすめしたい本です。この1冊を使い倒せば、ある程度の得点アップはできるでしょう。

 

まずは、TOEIC600点を目指す

TOEIC600点を目指す学習参考書:新TOEICテスト 直前の技術

created by Rinker
¥2,420 (2020/12/03 13:58:26時点 Amazon調べ-詳細)

TOEICは、「慣れれば慣れるほど点数が上がる」と言われるほど、解き方を学ぶことも重要です。そんなときに最適なのが上記の参考書です。

 

TOEIC600点を目指す学習参考書:1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急

created by Rinker
¥565 (2020/12/03 13:58:26時点 Amazon調べ-詳細)

聞いたことがある方も多いと思いますが、こちらのTEST文法特急はTOEICの勉強を始めたばかりの方にもおすすめです。

 

TOEIC600点を目指す学習参考書:(CD1枚+無料音声DLつき)ゼロからのTOEIC L&Rテスト600点 全パート講義


パート別にTOEIC600点対策を解説しています。各パートの対策は一つに集約されているので覚えやすい。また取りやすいパートでスコアを稼ぐやり方なので、とても実用的です。

 

TOEIC600点を目指す問題集:はじめてのTOEICテストこれだけで600点突破 英単語完全生講義


合計15時間以上の生講義をダウンロードできるのが売りの本作。レビューでは、200点から700点台へ点数アップしたという声も寄せられています。

 

TOEIC600点を目指す模試: TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

created by Rinker
¥3,080 (2020/12/03 13:58:28時点 Amazon調べ-詳細)

本番と同じクオリティーの問題が2回分、200問×2回解くことができる問題集です。練習テスト2回分(400問) が収録されています。

 

TOEIC600点を目指す学習参考書:[新形式問題対応/音声DL付]2カ月で攻略 TOEIC(R) L&Rテスト600点! 残り日数逆算シリーズ


逆日数で40日コツコツやる感じのTOEICテキストです。基本から順にはじめ、まじめに取り組むとTOEIC600点を上回ることでしょう。

 

TOEIC600点を目指す学習参考書:新形式問題対応 改訂版 CD2枚付 世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 1‐4 リスニング)


TOEIC満点のカリスマ講師・関正生の奥義が詰まった人気の参考書です。解説がとても丁寧で、日本人がリスニングを聞き取れない理由についても詳しく説明しているので、ポイントを押さえて基礎から学習できます。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング