other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

春を感じる、ぽかぽかとした陽気になってきましたね。長期休みに入る読者の方もいると思いますが、週末しか休みがないよ…というみなさんに朗報です!

東京で、幻想的な美しさを放つイスラーム建築を見られるのをご存知ですか?今回は筆者が実際に撮影してきた写真とともに、ご紹介します。

*編集部追記
2017年2月に公開した記事に新たに加筆しました。(2018/11/30)

 

モスクって、なに?

白いモスクが夕焼けで美しい

Photo by Shutterstock

イスラム教徒の礼拝所。とくに金曜日の正午の集団礼拝に使われる大モスクは、マスジッド・アルジャーミー(金曜日モスク。略してジャーミーともいう)とよばれる。(引用:コトバンク)

 

日本ではあまり見かけないですよね。TABIPPOではみんなが知らない「トルコ芸術」人智を超えたモスクの魅力!や、時間を忘れる世界のモスク5選という記事があります。一読の価値あり。

イスラムって?

イスラーム圏というとおおよそ東南アジア中央アジア中東あたりを指す場合が多く、また世界中でイスラム教人口が急速に増加しています。

日本も例外ではなく、イスラム教の方々のためのモスクが、東京のど真ん中にあるんです。なんと原宿や明治神宮前の周辺!という、すんごい立地(リッチ)な場所にあります。

こんなところにあるなんて、思いもしませんよね。

 

行ってみた美しすぎるモスク「東京ジャーミイ」

東京ジャーミーの外観
渋谷区の閑静な住宅街にある、代々木上原駅から徒歩10分ほど。毎日5回の礼拝時間に開館されていますが、日によって異なるのでホームページを要確認。
東京ジャーミーの入り口
モスクは、階段を上がった2階にあります。すでに異国の空気感を醸し出していますね。

 

美しすぎるモスクの内装はもはや異世界

東京ジャーミーの美しすぎる内装

東京ジャーミーの美しすぎる内装の下
入った瞬間、「うわぁ…」と言ってしまいました。見たことのないイスラーム建築が、一面に広がっています。

白い壁が美しい東京ジャーミー

ジャーミイには、「人々の集まる場所」というアラビア語の語源があります。礼拝時間を避けて来館するのがマストですが、人気がないのもまた感じるものがありますね。

細かい絵柄も可愛らしい東京ジャーミー
可愛らしい柄が描かれた可愛らしい模様

水、セメント、鉄筋以外のすべては本土トルコの資材。美しい建築や装飾を施したのも100人近いトルコ本土の職人で、このジャーミイのために一年間ほど滞在したそうです。

東京ジャーミーの可愛らしパステル柄

イスラーム文化の書道

彩りを加えているこの文字ですが、イスラーム芸術の一つでイスラーム(アラビア)書道だそうです。コーランを美しく書くために発達しました。アラビア文字にも書道があるとは、驚きですね!

様々なところから日が差してきて素敵なモスク

様々なところから日が差してきて素敵な東京ジャーミー

窓際には、コーランが置かれています。コーランはアラビア語で書かれた聖典で、唯一神アッラーの啓示をまとめたものとされています。

美しすぎる内装が素敵な東京ジャーミー

美しすぎる内装が素敵な東京ジャーミー2

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事