editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

TABIPPO.NET編集部ライター / ライター・ブロガー アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社・予約手配課に就職。2年間の勤務で12回営業成績トップに。現在は複数メディアでフリーのライター兼編集者として活動中。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

トロントの魅力の一つである食文化。昔から移民が多く、さまざまなバックグラウンドを持った人々が、トロントで自らのルーツに関わる食文化を広めていきました。カナダ料理はもちろん、中華料理、イタリアン、日本食など、市内で楽しめるインターナショナル料理は多いんです。

そこで今回、初めてトロントを訪れたライターの桃(@XxPeach)が、舌が肥えたグルメな旅人も満足する、トロントでグルメが堪能できるスポット7選をご紹介します。

 

Chotto Matte Toronto

Chotto Matte Torontoは、2019年12月にできた新しい日本食屋です。チキンやガーリックライスなど、メニューはさまざまですが、ぜひ頼んでいただきたいのはお寿司。

海外のお寿司の多くは、ネタがシャリより小さく「お寿司?」と疑ってしまいがちですが、Chotto Matte Torontoのお寿司は、シャリよりネタの方がしっかり大きくお寿司好きでも納得の一品です。トロントでお寿司が食べたいと思ったら、ここにくれば間違いありません。

Chotto Matte Torontoの周りにはたくさんのビルが並んでおり、平日20時過ぎでもほぼ満員。仕事帰りのビジネスマンが食べたり飲んだり、たくさんの人が出入りしていました。ちなみに、メーガン妃が出演したことでも知られる大人気海外ドラマ「SUITS/スーツ」の撮影は、ここからすぐ近くのビル。ファンにはたまらない立地です。

このお店のもう一つの魅力は、雰囲気。内装のアートが目を引くおしゃれな店内で、思わず記念写真を撮りたくなります。

お手洗いは「あれ、本当にここトロント?どっかの美術館かな……?」と錯覚するほど引き込まれるはず。

■詳細情報
・名称:Chotto Matte Toronto
・住所:161 Bay St, Toronto, ON M5J 2S1 カナダ
・地図:
・アクセス:ユニオン駅から徒歩約3分
・営業時間:11:00〜24:00(金曜日・土曜日は11:00〜26:00)
・定休日:なし
・電話番号:+1 416-988-8097
・公式サイトURL:https://chotto-matte.com/

 

Eataly Toronto

Eataly Torontoは、カナダ一号店となるイタリア発総合フードマーケットです。

Eatalyは東京をはじめ世界各国にあり、イタリアンレストランやカフェ、お土産やマーケットなど、イタリアの食に関わるお店がショッピングモールのように立ち並んでいます。

テイクアウトのお店も多数ありますが、食事をしたのは「LA PIZZA & LA PASTA」。キッチンが見える場所にあり、パスタをこねている風景がガラス張りになっているので目の前で楽しめます。

ここで作られた生パスタがとにかく絶品。どれを頼んでも間違いないですが、おすすめは生パスタのボロネーゼです。口に運ぶフォークが止まりませんでした。ここで食べた生パスタは購入可能。トロントに住んでいたら、週3で通ってしまいそうです。

Eataly Torontoはそのほかにも、新鮮な野菜を買える大きな市場やイタリア産のチョコレート、オリーブや生ハムなどが売られているお店がたくさんありますが、土日は非常に混んでいます。ゆっくり周りたいなら絶対平日がおすすめ。

■詳細情報
・名称:Eataly Toronto
・住所:Manulife Centre, 55 Bloor St W, Toronto, ON M4W 1A6 カナダ
・地図:
・アクセス:Bloor-Yonge駅から徒歩約4分
・営業時間:7:00〜22:00(金曜日は7:00〜23:00、土曜日は8:00〜23:00、日曜日は8:00〜22:00)
・定休日:なし
・電話番号:+1 437-374-0250
・公式サイトURL:https://www.eataly.ca/

 

REIGN Restaurant+Bar+Bakery

REIGN Restaurant+Bar+Bakeryは、ユニオン駅目の前に建っている、イギリス王室をはじめ世界各国の王室に好まれている、フェアモントロイヤルヨークホテル内の一角にあります。わたしはこのホテルに宿泊していたため、朝ごはんをいただきました。

メニューは朝食ブッフェ(36カナダドル、約3,000円)またはアラカルト。アサイーヨーグルト(15カナダドル、約1,300円)の簡単なものから、アボガドトースト(21カナダドル、約1,700円)、パンケーキ(24カナダドル、約2,000円)など、さまざまなメニューから選べます。

料金は少しお高めですが、「高級ホテルの朝食」を堪能するにはぴったりの雰囲気。

■詳細情報
・名称:REIGN
・住所:100 Front St W, Toronto(フェアモント ロイヤル ヨーク内)
・地図:
・アクセス:ユニオン駅から直結徒歩3分
・営業時間:7:00〜10:30(朝食)12:00〜14:30(ランチ)17:30〜22:00(ディナー)7:00〜24:00(バー)6:30〜noon(ベーカリー)
・定休日:なし
・電話番号:+1 416 368 2511
・公式サイトURL:https://www.reigntoronto.ca/

 

St. Lawrence Market

別名「トロントの台所」と呼ばれているSt. Lawrence Marketは、トロントの美味しいグルメがギュッと詰まった大きなマーケットです。魚やお肉などの生鮮食品などが購入でき、イートインスペースがあるので買ったものを新鮮なまま食べられます。

カナダ料理で有名なピーミールベーコンを使ったサンドウィッチやカナダ産チーズ、フレッシュでクリーミーな牡蠣など、ここにくればカナダの味が楽しめることで、トロント市民はもちろん、観光客にも大人気。

今回は「カナディアンフードツアー」というツアーで現地のフードガイドさんとマーケット内を周りました。マーケット内ではたくさんのお店が食べ歩きに対応しているので、気になったお店をいくつか周り、少しずつ味見していくことも可能。普段はよく分からず素通りしそうなお店も、ガイドさんのおかげで美味しく頂けました。

■詳細情報
・名称:St. Lawrence Market
・住所:93 Front St E, Toronto, ON M5E 1C3 カナダ
・地図:
・アクセス:ユニオン駅から徒歩約15分、バスで約7分、車で約5分
・営業時間:9:00〜20:00(土曜日は7:00〜17:00、日曜日は10:00〜17:00)
・定休日:月曜日
・電話番号:+1 416-392-7219
・公式サイトURL:http://www.stlawrencemarket.com/

 

ASCARI

ASCARIは、キングストリートという栄えているエリアに位置する新しいイタリアンレストランです。「食のトロント」と呼ばれることもあるほど、トロントには今たくさんのレストランが作られています。

店内はちょっと大人な雰囲気で、デートや日曜日のランチにぴったり。大きなお皿で来るので、みんなでシェアしやすいイタリアンが楽しめます。

名物のカルボナーラは、非常にクリーミーなソースが麺としっかり絡んでいて、味は濃いめ。ASCARIにきたら頼みたい一品です。

■詳細情報
・名称:ASCARI
・住所:620 King Street, West Toronto, ON, M5V 1M5
・地図:
・アクセス:ユニオン駅から路面電車に乗り換え「King St West At Portland St」下車後徒歩すぐ、車で約10分、徒歩約25分
・営業時間:ランチは11:30〜14:30(月曜日〜金曜日)、アペリティーボは16:00〜18:00(月曜日〜金曜日)、ディナーは17:00〜22:00(日曜日〜水曜日。木曜日〜土曜日は17:00〜23:00)、ブランチは10:30〜15:00(土曜日)10:30〜15:30(日曜日)
・定休日:なし
・電話番号:416-366-3673
・公式サイトURL:https://www.ascari.ca/

 

El Catrin Destileria

El Catrin Destileriaは、毎年トロントクリスマスマーケットが行われるディスティラリー地区の一角にある、メキシカン料理のお店です。

トロントのクリスマスマーケットには、毎年たくさんの人が訪れますが、マーケット内は食べ歩きのお店が多め。その中でもEl Catrin Destileriaは、店内と屋外の二箇所に席があり、座ってゆっくり食事が楽しめます(ただし、クリスマスマーケットシーズンは大行列になるので、予約を忘れずに)。

寒すぎるトロントの冬でも暖まれるよう、電気暖房が天井についていたり、真ん中に火を焚いていたり、外であることが忘れられる作りなので安心してください。

■詳細情報
・名称:El Catrin Destileria
・住所:18 Tank House Lane, Toronto, Ontario M5A 3C4, Canada
・地図:
・アクセス:ユニオン駅からバスで約15分、路面電車で約13分、徒歩約25分
・営業時間:12:00〜21:00(木曜日は12:00〜22:00、金曜日は11:30〜23:00、土曜日は11:00〜23:00、日曜日は11:00〜21:00)
・定休日:なし
・電話番号:+1-416-203-2121
・公式サイトURL:https://www.elcatrin.ca/

 

Bannock

Bannockは「TORONTO」マークがあることで有名なネイサン・フィリップス・スクエアのすぐ近くにあるレストランです。カナダ料理を提供しているお店で、あたたかいチキンパイやステーキ、サラダなど、さまざまな料理が魅力的。

店内はスポーツ観戦ができる大きな画面がいくつか設置されており、主にアイスホッケーの試合が楽しめます。ユニオン駅から徒歩12分という好立地ですし、料理の量はそこまで多くないので、気軽に立ち寄れるおすすめのお店です。

■詳細情報
・名称:Bannock
・住所:401 Bay St., Toronto, ON M5H 2Y4
・地図:
・アクセス:ユニオン駅から徒歩12分
・営業時間:朝食は7:30〜10:30(月曜日〜金曜日)、ランチは11:30〜16:00(月曜日〜金曜日)、ディナーは16:00〜22:00(火曜日〜土曜日、月曜日は16:00〜21:00)、ブランチは10:00〜15:00(土曜日・日曜日)
・定休日:なし
・電話番号:(416) 861-6996
・公式サイトURL:https://www.bannockrestaurant.com/

 

番外編:SORRY cafe


トロントに一店舗しかないSorry Coffee Coは、とにかくおしゃれなカフェ。カップやプレートに店名の「SORRY」と書かれていて、非常にユニークです。店員さんによると、Sorry Coffee Coの由来は、トロント市民がよく「Sorry」と言うからだそう。なんだか日本と似ていますね。

Sorry Coffee Coはグッズもシンプルで素敵。Sorry Coffee Co公式Instagramにラインアップが並んでいるので、訪れる前にチェック必須です。

All photo by 桃

カフェは、ヨークビルという高級ブランドなどが立ち並ぶエリアにあるので、立地もグッド◎。観光ついでに立ち寄ってみてください。

■詳細情報
・名称:Sorry Coffee Co
・住所:102 Bloor St W, Toronto, ON M5S 1M8 カナダ
・地図:
・アクセス:Museum駅から徒歩約5分
・営業時間:7:30〜19:00(土曜日は8:00〜19:00、日曜日は9:00〜18:00)
・定休日:なし
・電話番号:+1 844-548-6223
・公式サイトURL:https://www.instagram.com/sorrycoffeeco/

 

食の宝庫!トロントで絶品グルメを食べ尽くそう

今回紹介した以外にも、トロントにはネイバーフッドという、各国のレストランが並んでいる中華街のようなエリアがたくさんあります。それも、移民の国カナダと過ごしやすい街トロントのおかげ。

留学やワーホリ目当てで毎年多くの人が訪れるトロントなら、「あれ食べたい!」がすぐ叶います。観光スポットとともに、グルメも堪能してみてください。

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

TABIPPO.NET編集部ライター / ライター・ブロガー アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社・予約手配課に就職。2年間の勤務で12回営業成績トップに。現在は複数メディアでフリーのライター兼編集者として活動中。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事