ライター
於 ありさ ライター・編集者

「働く」と「スキ」をテーマに発信中のライター・編集者|インタビューが好き|将来の夢はコメンテーター|自分の文章や行動をきっかけに、年齢にとらわれず自分に素直でいられる人が増えたらいいなと思っています|スキ:アイドル・サンリオ・サッカー・文房具・いちご・旅行|▷Twitter:@okiarichan27

世界一周旅行といえば、1人気ままに行きたい国を転々とするというイメージが強い印象。しかし、世界一周旅行経験者のブログを見ていると、カップルで行く人、友人グループで行く人も、たくさんいらっしゃるんですよね。

「好きな人と世界一周旅行に行けるなんて、絶対楽しいじゃん」と思う一方、あらゆることに関する疑問も浮かんできます。「それってお金はどうしているの?」「喧嘩とかしないの?」と。

そこで今回は、新婚旅行で世界一周をした“ほっさくら”の喜多桜子さんにインタビュー!1人で周る世界一周旅行も経験している桜子さんに、パートナーと周る世界一周旅行の気になることを根掘り葉掘り聞いちゃいました。

2度の世界一周旅行のテーマは“幸せ”

ありー

旅マネーの中で、パートナーと世界一周旅行に行った人にお話聞くのは初めてなので、ワクワクしています。今日はよろしくお願いします!

桜子

本当に?なんでも聞いてね〜!


Zoom取材でも伝わってくる美しさ…

ありー

早速ですが、桜子さんが世界一周旅行に行ったきっかけを教えてください。

桜子

私、世界一周旅行に2回行ってるんだけど、まず1回目のときは“幸せ探し”がテーマだったんだよね。

ありー

幸せを探しに…?どういうことですか?

桜子

もともと看護師として働いていたんだけど、毎日患者さんの死と向き合っていて、ある日余命がわずかな患者さんに「もっと自分の人生を歩めばよかったな。君はまだ若いんだから、自分の人生と向き合って、自分にとっての幸せを探すんだよ」って言われたことがあったのね。

そのことが心に響いて、幸せってなんだろうって考えるようになったの。

桜子

そのときに、たまたまテレビで世界幸福度ランキングの特集をやってて、日本が確か90位くらいだったんだよね。

それを見て「こんなに豊かな国なのに、幸せを感じられている人が少ないってどういうことなの」って衝撃を受けたの。それで、「世界幸福度ランキングが高い国の人たちはどんな生活をしているんだろう」って興味を持つようになって、世界一周旅行に出かけることにしたの。

ありー

なるほど。日本は思っているよりもかなり、幸福度が低いんですね。

桜子

その世界一周旅行に出たことで「幸せの形に正解なんてない。だから自分の納得するように生きれたらいいんだ」って思えるようになったから、本当に行ってよかったと思うよ。


ウユニ塩湖にて。photo by hossakuraworld

ありー

その後、パートナーであるほっささんと2回目の世界一周に行ったのはどうしてですか?

桜子

1回目の世界一周をしたときに、めちゃくちゃ視野が広がったなと思ったのもあって、帰国する時のノートに「いつかパートナーができたら、また世界一周したいな」って書いてたのね。


そのときのノートがこちら!

桜子

それで、理想のパートナーに出会うために友人たちに色んな人を紹介してもらった結果、ほっさに出会って、新婚旅行で2周目の世界一周に出かけることになったの。

ありー

それで出会ったのが本当にすごいですね。2周目のテーマはなんだったんですか?

桜子

2周目はね、2人の幸せを育みに行くがテーマだった!

ありー

素敵! 2人で共通のテーマを持って旅へ出るって、とても憧れます。

新婚旅行ならではのスポットも外さない!2人で500万円の世界一周旅行

ありー

聞きたいことはたくさんあるんですけど、世界一周旅行のお金はどうやって貯めたんですか?

桜子

1周目の時は、1年間がむしゃらに働いて看護師をやりながら、バイトもしてたかな。それで150万円くらい貯めたよ。


バイタリティーがすごい…

ありー

すごい…! これまで旅マネーで話聞いた人たちもそうでしたが、世界一周旅行に行くという目的があったから頑張れたんでしょうか?なかなかキツそうとも思っちゃうのですが…

桜子

そうだね。いつまでにいくらって目標を決めたら、意外と貯金できちゃった感覚で辛いとは思わなかったかも。

ありー

2人の時はどのくらいの予算だったんですか?

桜子

新婚旅行だったからちょっと高めに設定していて、1人300万円弱くらい貯めてたはず。

ありー

結構リッチですね!どのくらいの国へ行かれたんですか?

桜子

そうそう!1年半で40か国くらい。

ありー

そのときは、どうやって貯めたんですか?

桜子

ほっさは、もともと世界一周旅行に1人で行く予定だったから、会社で毎月8万円ずつ4年間積立していたのね。私は貯金とかするタイプではなかったんだけど、行くって決めてからは看護師をしながら、月50本くらい執筆の仕事をしてた。

ありー

1周目のときとは、また違った計画ですね。同じくしっかり目標にコミットしているところが本当にすごい!

桜子

当時は場所にとらわれない働き方をしたかったから、ライターなら旅をしながらでもできるし、自分の今後にも活かせるかなと思って。気合いで頑張ったよ。


同業の方なら、いかにすごいことかわかるのではないでしょうか?

ありー

航空券はその都度買ったんですか?それとも旅の前に用意して行ったんでしょうか?

桜子

基本はLCCで直前に買うスタイルで周ったよ。

航路的には、オーストラリアに行って、そこからニュージーランドを車で回って、アメリカに飛んで、南米に行って、アフリカ、ヨーロッパ…みたいな感じ。東周りかな?

ありー

なるほど。何に一番お金使ったんですか?

桜子

えっとね…メモしてあるんだけど、こんな感じ!


準備にかかったお金はこんな感じだそう

桜子

準備編は保険とかガジェット系が中心でかかったかな… それで旅中はこんな感じ。基本はゲストハウスだけど、たまに豪華なところに泊まったから宿泊費用は人よりも高いかな。

ありー

なるほど! ラグジュアリー予算とかも作ってたんですね!


女子の夢が詰まっている…

ありー

見ているだけでわくわくします。

桜子

そうそう!めっちゃ行きたいホテルは最初から決めてて、バックパッカーだけど行っちゃおうってことで行ったんだよね。


チリのホテルにて。photo by hossakuraworld

イライラした時の対処法は?2人世界一周ならではの大変なこと

ありー

1人で行く世界一周旅行と、2人で行く世界一周旅行って、きっと全然違った大変さがあると思うんですよね… 例えば、1人の時間がほしいとか、喧嘩しないのかとか、その辺りはどうでしたか?

桜子

たしかに、2人での世界一周ってそこが気になるよね。

私たちの場合、一緒に住んでいたわけでもなく、結婚式と同時に出発だったからさ。旅に行く前に「夫婦・世界一周・喧嘩」「一緒に暮らす・決めるべきこと」とか、めっちゃ検索してたもん(笑)。


あるあるですよね

桜子

いざ旅に出てみたら、1人の時間は、お風呂に入るときくらいだったかな。だからさ、イライラしちゃうことも当然あるわけよ。

ありー

そんなときは、どうしてたんですか?

桜子

私の場合は、喧嘩したりイライラした場合はカフェに行くようにしてた。そういうときって、2人でいてもイライラが積み重なっていくだけだから、1人の時間をあえて作ろうと思って。

ありー

なるほど。少し離れて時間を作るのって大事ですよね。

桜子

旅中だと、1人でカフェに行くことすら贅沢だったりするから、その土地のちょっといいカフェに行って、ちょっといいケーキとかコーヒーを頼んで、そのときの気持ちをノートに書き出してた。

そうするとね、なんか不思議とイライラがおさまっていくんだよね。


モロッコのカフェにて。photo by hossakuraworld

ありー

たしかに、ずっと一緒にいるとなると、一人で考え事をする時間が気分転換にもなりそうですよね。ちなみに喧嘩の原因ってどんなことだったんですか?

桜子

んっとね、宿の決め方とかかな?ほっさは結構どこででも眠れるタイプだったんだけど、私は水回りとか、窓があるかないかが気になっちゃうのよ。

安い宿は全然いいんだけど、汚いところは苦手だったから…


カップル旅で生じそうな価値観の違いですね

桜子

あとは、私が結構きっちり調べたいタイプなのに対して、ほっさはなんとかなるっていうタイプの人だから、「次の国のこと、まだ考えてないなんて大丈夫?」って思っちゃうことが多くて。

宿を決めるのは私がやって、航空券を安くとったり、ルートを決めたりするのはほっさがやってて、役割分担をするまでは小さな言い合いは多かったかな。

ありー

なんだか旅に限らず、男女で揉めるポイントって、そういう相手への期待値とかズレなのかもしれませんね。

桜子

そうだよね。でも、今になれば、どっちかがきっちりしてて、もう1人はゆっくりしていることで、いいバランスが取れてるのかなとは思えるようになったけどね。自分にはない楽しさみたいなのも知れたしさ。

ありー

いいですね! たとえばどんな楽しさですか?

桜子

何もない場所の楽しさみたいな?

私は何もない場所は、そんなに長くいても…と思うタイプだったんだけど、本当に何にもない大自然で、幸せに過ごせるタイプのほっさを見て、これも悪くないのかもって思えるようになったんだよね。


ニセコ町にて。photo by hossakuraworld

「幸せの正解は、人それぞれ。生きたいように生きたい」と思った

ありー

2人旅ならではの視点でお話を聞けて、すごく勉強になりました。総合的に見て、カップルで周る世界一周旅行ってどうでしたか?

桜子

すごくよかったよ。最初はさ、ちょっとずつの価値観の違いでイライラすることもあったけど、1年半四六時中一緒にいると、どんどん阿吽の呼吸ができるようになっていくの。

1年半、毎日、24時間一緒となると、たぶん時間にして土日休みの会社員をしている夫婦の3年分くらいの時間だからさ。

ありー

たしかに。3年分くらいの濃さになりそうですね。

桜子

あとね、話し合う習慣ができたんだよね。

うちら未来会議をよくするんだけど、それは旅をしていたときに「将来こんな場所に住みたいね」「こんな生活を送りたいね」って、当時は家も車も貯金もなかったし、決まった仕事もなかったから「どんな仕事がいいか」とかをゼロベースでたくさん話し合えたんだよね。

ありー

何もなかったこと、0ベースなことをポジティブに捉えられたんですね。

桜子

そうそう。「どちらかの仕事がここだから」と今あるものをベースに考える必要がなかったんだよね。

どんな人生にしたいから、なにをするということを考えられたのは本当によかったなって。そう思うから帰国してからも、毎月話す時間、未来会議の時間はちゃんと取ろうって2人で約束しているの。

ありー

未来会議…めっちゃいいですね。

最初にお話ししてた“幸せを育む”をテーマにした世界一周に行ったのが、夫婦円満の秘訣な気がします。

桜子

そうそう!旅に行けなくても、ちょっと非現実的な場所で2人で話す習慣を作るだけで、全然違うと思うよ。未来会議、本当に広めたい!


ほっささんの話をする時の表情が、素敵なんだよな…

桜子

あとはね、旅と言いながらもメキシコには2ヶ月いたし、ウクライナとハワイではAirbnbを借りて1ヶ月ずつくらい暮らしていたから、好きな土地で仕事できたのもよかったね。

暮らすように住んでいると、現地の人と話すことも多かったから、ほっさも帰国後はライフスタイルベースで働くようになったの。今も19時とかに帰ってきて、毎日一緒にご飯食べてるんだよ。

ありー

それはいいですね! 特に考え方に影響があったできごとってなんですか?

桜子

いろいろあるけど、ギリシャで出会った夫婦にほっさが「世界一周旅行に出るまでは毎日23時まで働いていたよ」って話をしたら「クレイジーだね。僕だったら、家族と会う時間の方が幸せで貴重な時間だよ」って話されたことかな。

あとは、グアテマラの小さな村で焼き鳥屋さんをやっている日本人のご夫婦が「日本よりも居心地が良いからここにいるんだよね」と話したのを聞いた時に、住む場所を選ぶことができる日本人って幸せだなっていうのを感じたかな。

桜子

日本にいると生き方の正解みたいなのが、なんとなく固まっているイメージだったんだけど、いろんな国に行って幸せの形はさまざまだな、自分が生きたい場所で自分らしく生きたらいいじゃんって思えたし、本当に行ってよかったよ。

【まとめ】新婚旅行の定番スポットにも行った世界一周旅行は2人で500万円

改めて、ゲストの桜子さんがほっささんとした世界一周カップル旅はこんな感じ!

テーマ:パートナーと2人で幸せを育みにいった世界一周旅

・期間:1年半
・かかった金額:1人300万円弱(準備に70万円、旅行中の宿泊費は80万円、食費50万円、ツアー12万円、そのほか移動費など)

世界一周旅行のエピソードやお金のことだけでなく、「幸せ」や「パートナーシップの築き方」に関しても参考になった今回の「あなたの旅、いくら使ったの?」。コロナが収束したら、また別のテーマで世界一周をしたいとのことで、今後の旅の報告も楽しみです。

来年TABIPPO出版から、ほっさくらさんの旅本が出ます

ほっさくらさんが世界一周を2回して感じた幸せの在り方について、TABIPPO出版から本を発売します!

お2人は2019年秋に、書籍発売のためのクラウドファンディングを開始され、熱いメッセージに共感されたサポーターたちから、なんと127%もの達成率で支援がありました。

現在、クラウドファンディングは終了していますが、本の概要はこちらのページをご覧ください。

今回の旅マネーでも少しお話を伺った、世界一周をして感じた「様々な幸せの形」が一冊にギュッと詰まった内容になっています。書籍の発売情報に関しては、ほっさくらさんのSNSやTABIPPOのアカウントで、また告知しますので、ぜひみなさんチェックしてみてくださいね。

その他の旅マネー記事

ライター
於 ありさ ライター・編集者

「働く」と「スキ」をテーマに発信中のライター・編集者|インタビューが好き|将来の夢はコメンテーター|自分の文章や行動をきっかけに、年齢にとらわれず自分に素直でいられる人が増えたらいいなと思っています|スキ:アイドル・サンリオ・サッカー・文房具・いちご・旅行|▷Twitter:@okiarichan27

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング