「どうせ世界一周するなら、長期間かけて行きたい」と思うもの。でも、それを叶えるためには当然費用もかかりますよね。

これまで旅マネーに登場してくれた清水さんの場合は3か月で70万円、中さんの場合は9か月で300万円…。やはり期間が長くなればなるほど、費用が掛かってしまうのは仕方のないことなのでしょうか。

誰か実現したことある人がいればいいんだけど…。

あ、いた…!

TABIPPOの創業メンバー“ルイス”こと、前田塁。ルイスさんは、これまでにアメリカ横断旅やクルーズ旅、アイスランド11日間などのほか、世界一周を2回経験したことがあるそう。

というわけで、TABIPPOのディレクター・ありーが素朴な疑問をぶつけてきました。

世界一周のきっかけは、東京を知り尽くしてしまったから

ありー

ルイスさんって、TABIPPOの中でも、かなり渡航経験があるイメージなんですけど、世界一周はいつしたんですか?

ルイス

1回目の世界一周が21歳の時、期間はぴったり365日間、2回目はTABIPPOを創業した24歳の時に仕事を兼ねて行ったかな。

ありー

そっか、世界一周を2回されたんでしたね!

これは有益な情報が期待できそう!

ありー

そもそもなんで世界一周しようと思ったんですか?

ルイス

高校のころ、ちょうど高橋歩さんの書籍がブームで。それから漠然と世界一周をしたいなと思っていたのね。

ありー

なるほど。

ルイス

あとは、上京して大学に入学し1年も経つと、なんとなく東京を知り尽くしてしまった気がして。今思えば、壮大な勘違いだったんだけど。

急にめっちゃかっこいいこと言う…

ルイス

僕は高校まで三重県に住んでいて、上京までは「東京といえば日本一の大都市!」って思っていたんだよね。

ただ、1年経つと大学にも東京にも慣れて「あとは3年この生活を繰り返せば社会人か、なんかむなしいな」って思ってしまって。

ありー

あー…それはちょっとわかるかも。

ルイス

だからニューヨークとか、ロンドンとか、他の国の都市を見てみたくなったんだよね。

365日間120万円!コスパのいい旅を実現できた理由とは?

ありー

全部でどのくらいの期間行って、どのくらいの費用が掛かりました?

ルイス

ちょうど365日間行って、120万円かな。

ありー

え?めっちゃ安い! 何か国くらい周ってその価格ですか?

ルイス

全部で22か国かな。

ありー

22か国で365日ってことは、1か国あたり2週間くらいですか?
結構じっくり行ったんですね。

ルイス

ううん、そうじゃなくて、実は交換留学の延長で、世界一周に行ったんだよね。

ルイス

だから365日のうち、260日間はニューヨーク。残りの105日で世界一周をしてたよ。

ありー

なるほど!

ルイス

なので、120万円はあくまでも世界一周の費用だけ。

交換留学なので、自分の大学に払っている以上の学費はかからず、しかも留学先が全寮制で、食事付きだったから、ニューヨーク滞在中はほとんどお金を使わなかった。

ありー

え、めっちゃいい…。

ニューヨーク260日間暮らしてみてどうでしたか?

ルイス

ニューヨークは東京よりもユニークなはず!と期待して行ったんだけど、東京と同じく1年近くいると慣れるね。

「どこに行くかよりも、自分がどう楽しめるのかの方が大切だな」って思ったよ。

ありー

それは、すごく共感します。

ちなみに、120万円の内訳はどんな感じだったんですか?

ルイス

世界一周航空券は、日本であらかじめ航路を決めて行って、ワンワールドで買ったので、燃油サーチャージ込みで42万くらい。

だから、航空券を除いた旅行中の生活費はだいたい80万円くらい使えたかな。

ありー

となると、1日当たり1万円ちょい…結構使えますね!

ルイス

そうだね!宿泊は最も安いホステルの1つ上に泊まって節約しつつだったけど、食べたかったものや行きたかった場所には行けたよ。

とは言え、物価の高いヨーロッパでは毎日フランスパンとチーズでだったね。同じ頃に世界一周していた清水や小泉も同じようなことを言ってた。

どうやらフランスパンの中にもグレードがあるらしい

ありー

とはいえ、120万円って学生にとっては結構な額ですけど、どうやって貯めたんですか?

ルイス

普通にバイトしてたよ。居酒屋のキッチンと、イタリアン料理屋さんで。

でも、別に世界一周のために一気に貯めたのではなくて、大学1年生の時からコツコツ貯金していたから、短期間に必死にお金を貯めた!って感覚はあまりないかな。

ありー

ルイスさん当時からしっかりしてたんだろうな。想像できます…

トラブルは1度もなし!世界一周の思い出とは?

ありー

実際、どんなルートで周ったんですか?

ルイス

まず留学だったからスタートは、ニューヨーク!

実際は留学だけど、航空券上ではトランジットで260日間滞在することにして、その後にペルー・ボリビア・イースター島・ヨーロッパ・中東・アジア…って東回りで世界一周したよ。

ありー

トランジット260日間!そんなことできるんですね。

学生の世界一周って仕事することもないから、結構暇なんじゃないかなって思っちゃうんですけど、旅先ではどんな風に過ごしてたんですか?

ルイス

きっちり観光してたよ。ミーハーなので、世界一周するなら観光しようって思っていて。

他の時間は、ブログを書いていたかな。当時、世界一周ブログをちゃんとやっている人って今と比べると少なかったこともあって、書き続けるとコメントがついたり、知り合いが増えて楽しかったのね。

それでいうと、TABIPPOを一緒に始めたメンバーもブログ仲間だったんだよね。

それがTABIPPOの原点だったわけですね

ありー

世界一周といえば、トラブルもつきものですが、ルイスさんはトラブルとかありました?

ルイス

うーん…まったくないね。とても心配性なので、靴の底や靴下の中や帽子などあらゆるところに20ドル札を隠して外に出てるぐらいだった。

ありー

やっぱり、トラブルに遭わない人は遭わないんですね。

ルイス

でもね、みんながトラブルに遭う理由もわかるよ。

例えば、TABIPPOメンバーだと、代表の清水がインドでお金を盗られたりしてたよね。インドってそもそもラスボス感があるので、気をつけはするんだけど、西回りで世界一周する人って前半でインドに訪問することになるから、そりゃあ、回避しきれないよねって。

僕の場合は、ニューヨーク留学中にしっかり海外慣れして、英語も話せる状態で世界一周をスタートできたので、とてもラッキーだった。

ありー

なるほど。
ちなみに、今振り返ると、行ってよかったな~って思うところはどこですか?

ルイス

有名どころばかりになっちゃうけど、マチュピチュと、ヨルダンのペトラ遺跡、あとガンジス河かな。

マチュピチュは世界ふしぎ発見の曲がずっと流れてた。

ありー

(笑)。
マチュピチュって周りに何もないイメージがありますが、どんな感じだったんですか。

ルイス

いや、それがね。温泉街があるので、楽しいよ。温水プールぐらいの温度に調整されているんだけど、実際に行ってみないと知らないことってあるから楽しいよね。

「もっとやりたいことをやって生きてもいい」と気付かされた世界一周旅行

ありー

世界一周をして、何か心境の変化はありましたか?

ルイス

人生が変わった!みたいな感覚は僕自身はないかな。

ただ、留学して、世界一周して、ブログをはじめて、帰国後に「TABIPPOを始める!」だったから、周りから見た変化は大きかったかもしれない。

それまでも、元気に楽しく暮らしてたけど、自分たちでイベントを開催したり、主体的に行動しまくっていたわけでもなかったから。

なるほど…

ルイス

でも、旅中にすごく覚えていることがあって…

ありー

気になります!

ルイス

イースター島でアルゼンチン出身のイアンっていう19歳のプログラマーと仲良くなったのね。

彼は、2年くらい旅を続けているらしかったんだけど、事故で喉を怪我してしまって話すことをできなくなっていて。コミュニケーションは全部筆談だったのね。

ありー

言語も違う上に、筆談って大変そうですね。

ルイス

だね。その上で、彼がまあ、何かにつけて要求してくる人だったのね。

写真1枚撮るのにも、すごい細かく指示を出してくるし。何枚も何枚も撮り直しをさせられて(笑)。

ありー

それはまた…

ルイス

当時の僕からしたら、ちょっと付き合ってやってる感が出てたと思うんだよね。

「筆談ってめっちゃ時間かかるし大変なのに、やってあげてる」って。んで、彼もそれに気付いてたはず。

ありー

気付いてるんだ…
それで、彼はどうするんです?

ルイス

何も変わらないの。空気は読まずに要求だけしてくるんだよ。

今となっては「やってる感」自体も恥ずかしいんだけど、イアンの姿勢を見て「やりたいことをやった方が幸せなんだろうなって。もっと貪欲に生きよう」って、結構深く考えさせられたんだ。

ありー

なるほど。たしかに、そこまで自分を貫き通して生きている人って清々しいですね…!

最後に聞きたいんですが、ルイスさん、次に世界一周とか長期旅行するならどんな旅行がしたいですか?

ルイス

やってみたいのは、新婚旅行で世界一周だね!

ありー

めっちゃいい!

ルイス

そもそも、1回目の世界一周を決意した高橋歩さんの書籍も、世界一周新婚旅行について書かれてたからね。初めて読んだ日を思うと、かれこれ10年かかってしまって。

ただ、世界一周新婚旅行に憧れているうちに、78ヶ国を旅してしまったので、奥さんと同じ場所に訪れた時に「前にも来ました」感を出さないようには気をつけなきゃいけないね(笑)。

ありー

ルイスさんならではの悩みですね(笑)。

【まとめ】ルイスさんの世界一周旅行は、賢くおトクなコスパ良好旅

というわけで、今回の「あなたの旅、いくら使ったの?」のゲスト・ルイスさんの世界一周はこんな感じ!

テーマ:大都市・ニューヨークも、各国の観光地も賢くおトクにたっぷり堪能!

・期間:365日
・かかった金額:120万円(航空券42万円。食費や宿代、観光ツアー参加代78万円。東京ニューヨーク間の旅費は大学負担のため、のぞく)

学生の方の場合は、うまく留学制度などを利用すれば、自分で旅行にいくよりもかなりおトクに行けることを教えてくれたルイスさんの世界一周旅行。そう考えると、時間もお金だけでなく、学生ならではの制度も多い学生時代って、世界一周するのに絶好のチャンスなのかも!ぜひ皆さんも、自分の使える制度を調べてみてくださいね!

All photos by Shigeki Naganuma

その他の旅マネー記事

ライター
於 ありさ ライター・編集者

「働く」と「スキ」をテーマに発信中のライター・編集者|インタビューが好き|将来の夢はコメンテーター|自分の文章や行動をきっかけに、年齢にとらわれず自分に素直でいられる人が増えたらいいなと思っています|スキ:アイドル・サンリオ・サッカー・文房具・いちご・旅行|▷Twitter:@okiarichan27

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング

EVENT

イベント一覧