tabippo
小泉 翔 TABIPPO / 創業メンバー・マーケター

株式会社TABIPPO創業メンバーで、立ち上げから @TOKYOCITYFC の中の人。大宮アルディージャU-18、大学はアメリカ留学から世界一周の旅。立教卒、サイバーエージェント12年入社、14年にTABIPPO法人化、6期目です。渡航ヶ国数は現在42、ブラジル、ロシアW杯を現地観戦。カタールも行きます。

海外旅行やバックパック旅行の際に不安に感じるのが、お金に関することではないでしょうか?今日は旅行でのお金にまつわる準備と、事前に知っておきたい知識をまとめてみました。

 

財布は「腹巻き型」がスタンダード!?

shutterstock_303464249

photo by shutterstock

海外旅行で多い被害のひとつにスリや強盗があります。それを100%未然に防ぐにはかなりの用心が必要となりますが、最も効果的な対策のひとつが「腹巻き型の財布」を準備することです。

パスポートや現金など、貴重品は財布やバッグに入れるのではなくこの腹巻き型の財布が必需品となりまます。旅行系のグッズが置いてあるショップや量販店に必ず置いてあるので、ぜひ事前に購入して旅に持っていってください。

 

大金を持つことなかれ!便利な国際キャッシュカード

shutterstock_281648456

photo by shutterstock

海外を旅行中のお金の持ち運びについて。特に世界一周旅行や長期間に渡る旅の場合「大金を財布に入れて持ち歩くのって不安・・・」と思われるかと思います。僕自身も「先輩の旅人たちは、みんなどうしてるんだろう?」と疑問でした。

答えはいたって簡単。海外のATMでも引き落とし可能なカードを発行し、持ち歩くことをオススメします。そう、「国際キャッシュカード」とよばれるこのカードを出発前に日本で発行していくと、一気に旅中のお金に関する不安が減るんです。

 

国際キャッシュカードは「スルガ銀行」などいくつかの銀行が発行しており、2週間程で取得ができます。開設した口座に日本円を入れとくと、海外でもATMにて現地通貨で引き落としが可能です。

レートも非常によく、両替屋などで換金するよりお得なケースが多いので、本当にオススメ!

 

現金は小分けにした米ドルを2,3万円分用意

shutterstock_248889124

photo by shutterstock

とはいえ、例えばなかなかATMが見つからなかったときや、国際キャッシュカードを万が一紛失してしまったときの場合のために、世界中どこでも換金できるアメリカドルを持っているとよいでしょう。

しかも財布など1つの場所にまとめるのではなく、バックパックや本の隙間など、いくつかに分けておくことをオススメします。もちろん、小分けした場所は忘れないように注意です。

 

クレジットカードも同時持ちで鬼に金棒!?

shutterstock_254895751

photo by shutterstock

国際キャッシュカードや現金での米ドルの持ち運びに加え、ぜひおすすめしたいのがクレジットカードです。現金での買い物を減らし、クレジットカードで支払うようにすればさらに安心して旅をすることができます。

TABIPPOオススメの1枚は「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス®・カード」。世界中で使えるのはもちろんのこと、便利な機能やサービス盛りだくさんで、まさに「海外旅行のための1枚」と言えます。

 

例えば海外旅行に必須である海外旅行傷害保険が旅行のたびに自動付帯されたり、カードやパスポートの盗難・紛失時や現地で急病になってしまったなど困った時に日本語で相談できる「海外アシスタンスデスク」など、現地でも心強いサービスがいっぱい。また、大手旅行会社が提供する海外パッケージツアーが最大で8%オフになる【tabiデスク】も利用できます。

 

両替は空港で2割、街中で8割

shutterstock_252812953

photo by shutterstock

もちろん旅中に現金が必要な場面も。ツアーの申込やカード支払のできない交通機関を購入するときなど、現金が必要になるケースは多々あります。

tabippo
小泉 翔 TABIPPO / 創業メンバー・マーケター

株式会社TABIPPO創業メンバーで、立ち上げから @TOKYOCITYFC の中の人。大宮アルディージャU-18、大学はアメリカ留学から世界一周の旅。立教卒、サイバーエージェント12年入社、14年にTABIPPO法人化、6期目です。渡航ヶ国数は現在42、ブラジル、ロシアW杯を現地観戦。カタールも行きます。

RELATED

関連記事