旅を仕事にして失うものって何?どんなことが大変?【旅と仕事について聞いてみた】

Pocket はてブ

とにかく旅が大好き!でも旅も仕事も妥協したくない!でも本当にそれって可能なの?出来れば正社員のままでいたいけど、フリーランスの方が良いの?それとも正社員でも旅は続けられる…?

そんな悩みを解決すべく、旅と仕事を両立させるためにこれまで試行錯誤してきた先輩たち5人に、旅と仕事のあれこれを聞いてきました!

 

質問:旅を仕事にして失うものって何ですか?どんなことが大変ですか?

旅を仕事にするってとても理想的な働き方…。将来は旅を仕事にして働いてみたいけど、実はあまりフォーカスが当てられないデメリットってなんだろう?

そこで実際に、仕事と旅を両立させている先輩旅人たちに旅を仕事にして失ったもの、大変なことを聞いてきました!

 

前田塁

前田塁

1987年、大阪府生まれ。大学時にニューヨーク留学、世界一周を経験。新卒で大阪ガス入社後、オプトを経て、TABIPPOで起業しました。

現在は、月間200万人が利用する旅行メディア「TABIPPO.NET」の編集長やFMラジオ「FUTURES」パーソナリティー、世田谷の旅人シェアハウス「#えいとびたー」など。これまでに51ヶ国120都市を訪問、世界二周して、次の夢は宇宙飛行士です。

 

【経歴・職務内容】 新卒で入社した大阪ガスでは、デパートやホテル向けにガス設備の営業をしていました。オプトではソーシャルメディアを使ったマーケティング事業のコンサル、広告営業、広告運用を担当していました。

TABIPPOでは若者向けの旅行メディア「TABIPPO.NET」の編集長して、メディアの戦略決定、企画や特集作り、記事の執筆などをしています。他に、月1でFMラジオ「FUTURES」のパーソナリティをしています。

 

これまで趣味だった旅が仕事になると、とても自由でリラックスだった旅は無くなりました。仕事だけではなくプライベートで行く旅行もありますが、それでも「あ、この写真撮っておこうかな」「せっかくだしブログに記事書こうかな」とどこか仕事を意識した旅になります。

また、旅をすることが日常になっていると、文化や食事、天気や時差などが違う国々を移動しながら仕事をしていくので、日本のオフィスで進めていた時よりも環境が厳しくなります。ただ、旅を言い訳にはできないので、時には悔しい思いをしながら締め切りに追われたりも。

 

総合的には、旅を仕事にして失うものより得るものが多かったですが、たまにすごくキツイです。そんな時に、相談できる人が身近にはいないのも、困ります。

 

浦川拓也

浦川拓也

【プロフィール】
1991年、滋賀県生まれ。大阪大学在学中に休学し、初海外で世界一周の旅へ。帰国後はTABIPPOの学生イベントスタッフとして大阪支部の立ち上げを行いました。2015年新卒で、当時まだ30名規模のHR Thechベンチャー株式会社アトラエに入社し、その後TABIPPOにカムバック。現在は新規事業である「旅人採用」の立ち上げを行っています。

これまで行った国数は35ヶ国。趣味はキャンプと登山でInstagramを中心に週末アウトドアライフを発信し続けています。将来は地元の滋賀県にゲストハウスとアウトドア施設を作り、観光誘致とアウトドアの普及を行いたいです。

 

【経歴・職務内容】
新卒で入ったアトラエでは新規の法人営業と自社の新卒採用を担当し、人事担当者向けに中途求人媒体の営業を行う傍ら、新卒採用業務に取り組んでいました。TABIPPOでは主にマーケティング課題の解決を目的とした企画営業を1年。

その後全国400名の学生スタッフをマネジメントしながら2年間イベントの企画・運営を担当し、現在は新規事業である「旅人採用」の立ち上げを行っています。またTABIPPO入社以来、組織開発に関わり、評価制度や社内イベントなどの企画や運用を行ってきました。

 

「普通の社会人」という評価は失うんじゃないかなと思います。

昔の友人たちと集まったりしても、大学を4年で卒業して、普通に就職して結婚して、子供ができて家を建てて、新卒で入った会社で定年まで働く…。といった会話には全くついていけなくなりました。

 

良くも悪くも「ちょっと人とは違う人」という印象を与えてしまうので、話や考え方がなかなか噛み合わずに「自由でいいね」で片付けられたり、相談できる人がいなくて、ちょっとさみしい思いになるときはあります。

 

しおり

しおり

【プロフィール】
群馬生まれの茨城県育ち。高校時代のオーストラリアホームステイ体験がきっかけで海外へ興味を持つようになりました。大学生時代は教育学部で国際教育を専門に学び、長期休みを利用して20カ国ほど旅をしました。

新卒で旅行会社に入社し、その後株式会社アプリにジョイン。旅人採用の立ち上げメンバーとして様々な業務に携わる。訪問カ国数は43カ国。一人旅はもちろん、いろんな形で旅をしてきました。

 

【経歴・職務内容】
新卒で入社した旅行会社では修学旅行や留学、海外研修プログラムなど教育旅行の企画・添乗に携わりました。学生たちの人生においてかけがえのない経験となる海外での時間をサポートすることに大変やりがいを感じていました。また、出発前と帰国後の変化や現地で見せてくれる笑顔が何よりの喜びでした。

現在は旅人採用のメンバーとして、求職者のカウンセリングや営業開拓、イベントなどでの広報活動を中心に担当しています。

 

大切な人との時間ですね。海外が好きで、旅が好きでも私が海外に住まない理由はそれに尽きます。

20年間以上日本に住み、日本のことはもうある程度知っているので、そろそろ知らない世界に身をおこうかなと思ったこともありました。

東京を離れている最中に家族が倒れて緊急入院したことがあります。すぐにでも駆け付けたかったのに、バスや飛行機の都合で病院に行けたのは知らせを受けてから5日後でした。大事には至らなかったものの、この5日間は生きた心地がしなかったです。

あくまでそれは一つの体験であって、結局私にとって日本にいる家族や友達との時間は大きいんだと思います。

 

実は以前、海外の旅行会社で働かないかというお誘いを受けたことがあります。その時は純粋に嬉しくて、お話を聞いていく中でワクワクする思いが膨らんでいました。

でも最終的に、長期で日本を離れるという決心ができずお断りしました。それは家族友達との時間を失う寂しさはもちろんのこと、少なからず年齢も関係していて、今から一から新しい環境に身を置くことの不安、家族の体調、そして何よりますます婚期が遅れるのではないかという恐怖からでした(笑)。多分20代前半だったら即答で引き受けていたと思います。

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ながの桃(MOMO)
書き物が好きでヨーロッパをこよなく愛すフリーライター。旅と単焦点カメラと英語が趣味です。
TABIPPO専属ライター/ライター・ブロガー アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社・予約手配課に就職。2年間の勤務で12回営業成績トッ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

旅と就職・仕事

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品