きっとあなたが知らない「トリニダード・トバゴ共和国」

Pocket はてブ

「トリニダード・トバゴ」。実際に行くまではトリニダードトバコ、トリニダートバゴなどなど、正しく言えていなかった国でした。

海外に行き始めた若いころは、名前は聞いたことがあっても地理の授業などでも出てこないし、トリニダードと言う街の名前もスペイン語圏の国々にあるし、どこにあるかも国なのかもわからず……。

トリニダード島とトバゴ島をメインとした島の名前が、そのまま国名になっています。地図で調べていただければわかりますが、とても小さな島国。しかしこの国のカーニバルは世界三大カーニバルに数えられ、ドラム缶から作られたスティールパンでも有名です。小さな国ですがオリジナリティーとパワーは溢れています!

二宮信平(アマゾニアン)
大学時代からバックパッカーを始め、就職は蹴り29歳までバックパッカー。20代で102か国を渡航。10か月だけ日本で社会人(私にとっては日本でワーホリ)して、30歳の誕生日に独立。

旅する雑貨屋コパカバーナを経営、お店が波にのってから新しい国々を周りだし、40歳で国連加盟国193カ国にすべて渡航。日本最大の海外旅行オフ会の会長も兼ねる。

Facebook : https://www.facebook.com/shimpei.ninomiya
Twitter : https://twitter.com/amazona_jp
Instagram : https://www.instagram.com/vamosamazonian

 

トリニダード・トバゴで訪れた都市とルート、移動方法

カリブ海の島々巡りで、飛行機にて入国。周辺国からのフェリーアクセスはありません。世界三大カーニバルであるこの国のカーニバルに合わせて訪問し、滞在1週間の間にパノラマと言われるスティールパンのコンテスト、ジュベと言われる泥かけ祭りもあるので他の街には行かずに、首都のポートオブスペインに滞在しました。

島内はトヨタハイエースを改造したものや、温泉地のホテルの送迎用に使われる中型バスなどで移動。乗客がそろい次第、出発するシステムのものが多かったです。

 

トリニダード・トバゴでのエピソード(人とのエピソード)

トリニダードトバゴのカーニバルは、2年連続訪れました。1年目は何も知らずに訪問。混雑期で街から離れたホテルにいましたが、私が管理する海外旅行系のFacebookグループにてトリニダードトバゴのカーニバルに行くと投稿したところ、お声をかけていただき、日本人グループとともに行動をしました。

カーニバルなどのときは、貴重品の管理や防犯にはグループ行動のほうがベター。しかも、この時の私は渡航直前のバブルサッカーで骨折して、腕にはギブスだったのもあり非常に助かりました。

日本人でスティールパンを現地のパノラマにて演奏している人たちがけっこういるので、2年目は前年と同じメンバーが多い。日本人宿でずっと一緒にいたからか、今でも仲良しです。

 

トリニダード・トバゴでのエピソード(場所のエピソード)

南米大陸ベネズエラの沖合に浮かぶトリニダード島、南米大陸とはわずか15キロほどの距離。南米大陸とは逆にトバゴ島があります。

有名な観光地などはなく同じ時期に行われるカーニバル、パノラマ、ジュベ、青デビル以外だとバードウォッチング、リゾート、亀の産卵、ダイビングなどの自然、そしてスティールパンだけではなくカーニバルでもメインのソカと言われる音楽を堪能できました。

カリブ海諸国によくあるアフリカ系黒人とインド系の住民が住んでいるので、両方の文化が混じっています。

 

知っておくべきキーワードは「カーニバル」

やはりこの国はカーニバル!2年連続行ったのが、なによりも楽しかった証拠です。カーニバルの時期はブラジルやイタリアなどとキリストの暦で同じですが、多少ずれることもあるので1年前には要確認を!

カーニバル期間中はホテルが混雑するので、1年前くらいから準備はしたほうが良いでしょう。スティールパンのコンテストであるパノラマと、泥かけ祭りジュベ、そして青デビルもあるのでこちらの日程も合わせつつ最低1週間くらいは滞在したい!この1週間は最高に楽しいですよ!

 

トリニダード・トバゴ旅行を楽しむためのアドバイス

カーニバルやその他のイベントの情報は、日本人宿で日本語で仕入れたほうが良いでしょう。そしてひとりで行動するより、複数で行動したほうが良いので現地の日本人宿に宿泊することをお勧めします。

外国人の宿泊するゲストハウスでももちろん良いのですが、日本人宿には毎年のように来ているリピーターさんたちが多いので情報が確実。ジュベと呼ばれる泥かけ祭りがあるので、参加する方は汚れてもよい服を持参するように!

カーニバルはそれなりの値段はしますが、そのチームの衣装を買うことによってチームの「縄張り」に入れるので外より治安が良いだけでなく、お酒などのドリンクを縄張りの中のトラックで購入可能。トラックにトイレも併設。衣装は予めネットなどで購入しましょう。

 

トリニダード・トバゴの治安

治安が良い国とは言えませんが、昼間はカーニバルを含めて悪いイメージはないです。ポートオブスペイン中心部に怪しい地域はありますが、そこ以外は昼間に治安悪いと思う場所は観光客が行く範囲以内では無さそう。

カーニバルは夜に開催されるところが多数ですが、昼間に開催されていることも利点。しかも、ブラジルやボリビアなどと異なり、人の割にスペースが広く密着度が無いので治安的にもカーニバル初心者でも安心です。

ただ、この国に限らず、カーニバルは観光客もたくさん来て地方などから泥棒も集まるので、最低限の貴重品管理は心がけましょう。夜はカーニバル以外を含めてもあまり良い雰囲気ではないので。注意が必要。夜歩きはなるべくやめて、外出するとしてもタクシーを利用する、もしくは複数行動をお勧めします。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

二宮信平(アマゾニアン)
大学時代からバックパッカーを始め、就職は蹴り29歳までバックパッカー。20代で102か国を渡航。10か月だけ日本で社会人(私にとっては日本でワーホリ)して、30歳の誕生日に独立。旅する雑貨屋コパカ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

トリニダード・トバゴのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品