その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

皆さんは、朝鮮半島との国境の島・対馬を訪れたことがあるでしょうか。名前は知っていても、まだ行ってみたことがないという方も多いのでは?

対馬は、その面積の多くが国立公園に指定される自然豊かな場所で、絶景スポットがたくさんある島として知られています。また、歴史を感じられる場所も豊富で、一度訪れたらその魅力にハマる人も多数。

今回はそんな対馬に行った際に、必ず訪れたい観光スポットをご紹介します。

*編集部追記
2017年3月公開の記事に、新たに2スポットを追加しました。(2018/1/9)
2018年1月更新の記事に、新たに加筆しました。(2018/12/2)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

対馬に行ってみての感想

photo by pixta

私が対馬を訪れたのは春で、気候はとても気持ち良く過ごしやすかったです。対馬は九州韓国の間にあり、対岸の韓国・釜山まではなんと約50キロしかありません!円安ウォン高ということもあってか、韓国人観光客が非常に多く、ここって日本だよね?とちょっとびっくりした思い出があります。

自然豊かな対馬は、烏帽子岳展望台や鳴滝など、美しい景観が楽しめるスポットがいっぱい!

またその他、対馬にだけ生息するというツシマヤマネコも必見です!絶滅危惧種に指定されており、対馬野生生物保護センターで観察できます。かわいいながらも迫力あるツシマヤマネコはここでしか見れないので、とても希少です。

対馬野生生物保護センター

photo by 桃

対馬で有名なものといえば、この地にだけ生息するツシマヤマネコという猫!環境省の施設である「対馬野生生物保護センター」では、この「ツシマヤマネコ」の調査、保護、一般公開を行っています。

ツシマヤマネコは絶滅危惧種に指定されており、保護センターは人々に関心を持ってもらうために一般公開しているそうです。

photo by 桃

photo by 桃

保護センター内には、具体的にこれまでどこで発見されてきたかの分布図や、季節ごとのツシマヤマネコの様子をレプリカで再現していたり、ツシマヤマネコに会えなくても会えたかのように楽しめる施設。

ツシマヤマネコのほかにも、対馬に生息していると言われる野生動物の生態を学べるので、対馬をこれから旅するスタート地点にぴったりです。

■詳細情報
・名称:対馬野生生物保護センター
・住所:長崎県対馬市上県町棹崎公園
・アクセス:福岡空港ー対馬空港、長崎空港ー対馬空港、対馬空港から66km 車で約90分
・営業時間:10:00〜16:30(入館は16:00まで)
・定休日:月曜(月曜が祝祭日の場合は開館し、その翌日が休館日となります)
・電話番号:0920-84-5577
・公式サイトURL:http://kyushu.env.go.jp/twcc/

あそうベイパーク

対馬の中央に位置する「あそうベイパーク」は、対馬海峡に囲まれた多目的公園です。総面積約56ヘクタールと広大な面積を誇り、一年を通して、美しい草花の鑑賞ができます。

またオートキャンプ場があり、対州馬・ツシマジカなどの動物と触れ合うこともできます。

■詳細情報
・名称:あそうベイパーク
・住所:長崎県対馬市美津島町大山584-1
・アクセス:福岡空港ー対馬空港、長崎空港ー対馬空港、対馬空港から66km 車で約90分
・営業時間:9:00-18:00(7月~9月は9:00~19:00)
・定休日:年中無休
・電話番号:0920-54-4994(あそうベイパーク管理事務所)
・公式サイトURL:http://asoubaypark.com/index.html

烏帽子岳展望台

「烏帽子岳展望台」では、周囲に高い山がないため、360度のパノラマビューで素晴らしい景観を楽しめます。東に対馬海峡、西に朝鮮海峡を望むことができ、特に朝日や夕日は絶景だそう。

駐車場から展望台までは10分ほどだそうなので、気軽に行くことができますね。

■詳細情報
・名称:烏帽子岳展望台
・住所:長崎県対馬市豊玉町仁位
・アクセス:福岡空港←→対馬空港、長崎空港←→対馬空港、対馬空港から66Km車で約90分
・定休日:年中無休
・電話番号:0920-52-1566 (対馬観光物産協会)
・料金:無料
・公式サイトURL:http://tsushima-net.org/tourism/sight_01.php(対馬観光物産協会)

和多都美神社(わたづみじんじゃ)

photo by 桃

この「和多都美神社」は、海の中に鳥居が立っているなんともフォトジェニックな神社です満潮時と干潮時にはまったく違った表情を見せます。神社にある鳥居5つのうち2つが海中にあり、陸からも海からもアクセスできる、非常に不思議な場所です。

photo by 桃

祀られているのは豊玉姫と山幸彦。兄の釣り針を探しに出掛けた山幸彦が、この和多都美神社に辿り着き、豊玉姫と出会い過ごしたと言われている、古くから竜宮伝説が伝えられている場所としても有名です。

他の場所では見ることができない独特の景色。ぜひ、皆さん自身の目で見てみてくださいね。

■詳細情報
・名称:和多都美神社(わたづみじんじゃ)
・住所:長崎県対馬市豊玉町仁位
・アクセス:対馬空港から66Km車で約90分
・定休日:年中無休
・電話番号:0920-52-1566 (対馬観光物産協会)
・料金:無料
・公式サイトURL:http://tsushima-net.org/tourism/sight_01.php(対馬観光物産協会)

万松院(ばんしょういん)

photo by 桃

伊達家、前田家と並び、日本三大墓地の1つとして数えられている墓地「万松院」。この「万松院」の階段は、緩やかながら段数が132段にも及びます。

photo by 桃

また墓地の裏には、樹齢1200年とも言われる巨大な杉の木が3本あり、とても見ごたえがありますよ。

■詳細情報
・名称:万松院(ばんしょういん)
・住所:長崎県対馬市厳原町厳原西里・金石
・定休日:年中無休
・電話番号:0920-52-1566 (対馬観光物産協会)
・料金:無料
・公式サイトURL:http://tsushima-net.org/tourism/sight_01.php(対馬観光物産協会)

金石城跡

photo by 桃

対馬の厳原に所在する「金石城跡」は、対馬藩主宗家の執政の拠点として、17世紀後半に整備された城館の遺跡として知られています。

ここ、対馬でしか感じることのできない歴史や文化を、肌で感じることのできる歴史的な遺跡として毎年多くの人で賑わっています。

■詳細情報
・名称:金石城跡
・住所:長崎県対馬市厳原町今屋敷670−1
・アクセス:対馬やまねこ空港から厳原停留所までバスで30分。船便利用なら厳原港から徒歩15分。
・営業時間:24時間
・定休日:年中無休
・電話番号:0920-52-1566
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.city.tsushima.nagasaki.jp

三宇田海水浴場

三宇田海水浴場は「日本の渚・百選」の認定を受けた海水浴場。夏の季節以外でも、そのエメラルドグリーンの美しい風景を観に観光客が訪れます。

対馬では珍しい天然の白い砂浜で、近くにはキャンプ場や温泉入浴施設、ペンションなどがあり、夏は一番の賑わいを見せる海水浴場です。

■詳細情報
・名称:三宇田海水浴場(みうだかいすいよくじょう)
・住所:長崎県対馬市上対馬町三宇田
・アクセス:対馬空港から車で約2時間
・電話番号:0920-86-3111
・公式サイトURL:https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/891/

韓国展望所

さすが国境の島である対馬。お隣の韓国とはたった50kmほどしか離れていないため、この展望台からは天気が良ければ韓国・釜山を見ることができます。

また展望台はソウルにあるパゴタ公園の多目的施設をモデルとしているそうで、韓国を思わせる施設になっています。

■詳細情報
・名称:韓国展望所
・住所:長崎県対馬市上対馬町鰐浦996
・アクセス:対馬空港から車で約2時間15分
・電話番号:0920-86-4839
・公式サイトURL:https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/51952/

海神神社

参道から長い階段を登ると、対馬一の宮である海神神社にたどり着きます。訪れる人が口をそろえて言う言葉が「とても神秘的な雰囲気の神社」ということ。パワースポットとしても、とても有名です。

また、かの偉大な小説家・司馬遼太郎もこの神社を訪れ、著作「街道をゆく」にその内容を記しています。

■詳細情報
・名称:海神神社
・住所:長崎県対馬市峰町木坂247
・アクセス:対馬空港から車で約1時間
・電話番号:0920-83-0137
・公式サイトURL:https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/1042/

石屋根倉庫

photo by pixta

石屋根倉庫は「椎根の石屋根」とも言われ、対馬の伝統的な建築物。通常は板や瓦などで屋根を覆いますが、この石屋根倉庫は石を使っており、日本では対馬しか見られません。

基本は人の住居ではなく、倉庫として使われているそうです。とても貴重な建築物なので、ぜひともお目にかかりたいもの。人気の観光名所です。

■詳細情報
・名称:石屋根倉庫
・住所:長崎県対馬市厳原町椎根
・アクセス:厳原港から車で約45分
・料金:無料
・公式サイトURL:https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/810/

八幡宮神社

対馬の中でも格式が高い神社であり、津島藩主や島民の信仰を古くから集めていた八幡宮神社。

境内には初代藩主・宗 義智の正室であり、不遇の人生をおくった小西マリアを祀った今宮若宮神社もあります。歴史を感じる由緒ある神社です。

■詳細情報
・名称:八幡宮神社(はちまんぐうじんじゃ)
・住所:長崎県対馬市厳原町中村字清水山645-1
・アクセス:対馬空港から車で約16分
・料金:宝物館(拝観料200円)
・公式サイトURL:http://www.tsushima-net.org/tourism/history_01.php

上見坂展望台

上見坂展望台は、標高358mにある展望台。美しいリアス式海岸の浅茅湾や、九州本土や韓国の景色が見ることができます。素晴らしい景色と評判です。

また展望台の遊歩道を奥に歩いて行くと、対馬に設置された全31箇所のうちの明治後期の砲座の跡を見つけられます。こちらも一緒に見ておきましょう!

■詳細情報
・名称:上見坂展望台
・住所:長崎県対馬市厳原町北里
・アクセス:対馬空港から車で約20分または厳原港から車で約15分
・電話番号:0920-53-6111
・料金:無料
・公式サイトURL:https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/797/
その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング