ライター
中 美砂希 心配性でも世界一周

大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分でも世界一周ができることを証明するため、9ヶ月の旅に出発。お気に入りの国はクロアチア。沖縄の離島とピアノが好き。

箱根といえばもちろん!温泉のご褒美


こちらの宿で堪能できるのは、箱根七湯の一つに数えられた底倉温泉。なんと500年以上わき続けている名湯…!(元仲居の血が騒ぐ)


なんでも、豊臣秀吉が小田原攻めをした際に兵士たちと傷を癒やし、湯治として利用していたのが底倉の湯だったとか。


リニューアル後に描かれた浮世絵壁画は、さまざまな国の方がお風呂に入っている様子が描かれていて、じっくり見てみるとおもしろいですよ。


500年以上湧き続けている名湯は、保温効果もあって温泉からあがった後もポカポカでした。


湯上がり場所もレトロで可愛い!浴場にはメイク落としからシャンプー、コンディショナーなども完備しているので、手ぶらで向かえます。作務衣も用意されているので、お泊りの準備も最小限で抑えられますね。

週末に体をリセットさせる「2泊3日湯治入門プラン」が始まったそうなので、こちらもぜひチェックしてみてください!

一週間頑張った自分へのご褒美にいいですね。

充実した周辺グルメと女子会時間

この日の夕食は、宿から徒歩圏内、宮ノ下地区で人気のあるイタリアン料理店「La Bazza」。バゲットに付いてくるバターがとてつもなく美味しいといの情報を、スタッフの方からうかがって決めました。

しかも、もともと銀行だった建物をそのまま使用しているらしいんです!なんだか気になりません?


女子会でどんなテーマで終始盛り上がっていたのかは内緒。
温泉地の周辺って、あまり飲食店がないイメージですが、宮ノ下には他にも徒歩圏内で向かえる飲食店が豊富にあったので、決めるのに迷うぐらいでした。


さて、宿に戻りもう一度温泉であたたまった後は、眠たくなるまで仕事の真面目な話をしたり、ジェンガの本気勝負を楽しんだり。

久々に女子メンバーとゆっくり過ごせて、気持ちのリセットができました。


何気ない会話から企画のアイデアや、やりたいことって思い浮かぶもの。仲間と過ごすかけがえのない時間も全て仕事に活かすことができます。いつもありがとう。

チェックアウト後は周辺散策

眠りから覚めた翌朝は、周辺の散策へ。


まずこちらの「渡邊ベーカリー」は、イートインが可能で、私たちは大人気の箱根名物『温泉シチューパン』を注文しました。寒い中、箱根駅伝を応援に来る方のために温まってもらいたい!との想いから完成したそうです。

それぞれ違うものを買って写真映えを気によう!と口にするメンバーもおらず、自分たちが食べたいものを注文する女性メンバー、好きです。

シチューとほんのりあたたかさを感じるフランスパンのハーモニーにご満悦

そしてお次はアンティークな店内がかわいらしい「カフェ・ド・モトナミ」へ。


もともとは、小さなバスの待合所だったこの場所。お店の中に入るとどこか懐かしい気分になるレトロな店内が出迎えてくれます。


こちらのお店の推しは、小豆を使った和風デザート。小豆の和スイーツをコーヒーと一緒に楽しむ「和カフェ」がコンセプトなんです。ちょっとミスマッチじゃないの?と侮るなかれ。これがまた美味しいんですよ!

スイーツのメニューも「あまえんぼう」、「ふわふわのつぶやき」、「よくばりんぼう」など、頼みたくなるネーミングセンス。


注文したのは「箱根山ぜんざい」。あえて王道いきました。ぜんざいの中にアイスクリームを入れて食べるのですが、とてもクリーミーな味わいで、もちもちの白玉にほっぺたが落ちてしまいそう!


お店の看板が絵になるので、パチリ
あ、気づきました?散策というかずっと食べてます。

新しい宿泊施設のかたち


都内からアクセスもよし、コスパが最高、グルメも満喫、女子旅にもぴったり、もちろん快適な場所で仕事ができる。いったい何拍子そろってんねん!とつっこみたくなるぐらいに大満足でした。


スタッフの方から旅館やこの地域に対する愛情が伝わってきて、ゲストが安らぐことはもちろん、ゲスト同士のつながりをつくり、一期一会の出会いを大切にしているつたや旅館さん。

新しい宿泊施設のかたち「旅館型ゲストハウス」での滞在は、とても居心地がよい時間となりました。

日本への旅行者が戻ってきたら、きっと海外からのお客さんとも交流ができるようになるはず。女子旅じゃなくても、集中して仕事をしたい方にもとてもおすすめできます。

普段とは少し環境を変えるだけでも、クリエイティブな発想が浮かんでくるかもしれませんね。次の滞在先の候補にいかがでしょうか?

■詳細情報
・名称:箱根 つたや旅館
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町底倉240-1
・地図:
・アクセス:新宿駅から特急ロマンスカーで箱根湯本駅まで約90分、箱根湯本駅から箱根登山バスまたは伊豆箱根バスで「神社下」バス停まで約20分、神社下バス停 目の前
・電話番号:0460-83-9580(予約用)
・公式サイトURL:https://hakone-tsutaya.com/

All photos by Manami Mukai

こんな素敵な場所に、HafHで泊まれるなんて!

「箱根 つたや旅館」は、HafHの提携場所。HafHは、世界中の拠点を自由に選べる定額制の「住まい」と「働く場所」を提供するコリビングプラットフォームです。

TABIPPOの社内では、ワーケーションをしたり、働く場所を変えて過ごすメンバーが多いのですが、こちらのHafHをよく利用しています。

使う頻度に合わせた定額プランがあるので、かなりお得な値段で今回ご紹介した宿泊先に泊まれてしまうんです!なんて素敵な…。

他にもたくさん日本全国に魅力的な宿があるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

【特集】NEXT JAPAN TRAVEL – あたらしい旅、だいすきな場所。-


TABIPPO.NETでは、新しいスタイルでの国内旅行について特集しています。他の記事もぜひチェックしてみてください!
特集を見る

ライター
中 美砂希 心配性でも世界一周

大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分でも世界一周ができることを証明するため、9ヶ月の旅に出発。お気に入りの国はクロアチア。沖縄の離島とピアノが好き。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧