その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

トルコのイメージというと、日本人の私たちからすると中東、エキゾチックな雰囲気を思い浮かべますが国の位置では中東ですが、最近ではヨーロッパに近しくEUへの加盟申請中の国でもあります。

観光の面では世界遺産も数多く登録されていますので、見所も多く年々観光客の数も増加しています。そのため、近年では数多くのLCCが発展してきています。今回はトルコを拠点にしているLCCをご紹介いたします。

 

一番安心して搭乗できるかも? ~ペガサス航空~

トルコを拠点とするLCCでは最大手の航空会社です。国内はもちろん、ヨーロッパへの路線も多く運行しています。LCCとしては気になるところの定時運行に力を入れていて、90%以上を達成しています。最大手であるということで安心して搭乗することができるでしょう。

 

サービスが充実してます ~アトラスジェット~

トルコ国内線も約15路線ほど運航していますが、イギリスをはじめとしたへのヨーロッパへの路線も保有しています。

LCCとしてはめずらしく短時間のフライトでも、軽食のサービスや空港への無料送迎サービスなどが受けられます。

 

リゾートへ遊びに行くならここ ~サン・エクスプレス~

トルコ国内線では、地中海リゾート地として知られる南西部、アンタルヤやイズミールへ多く運航し、国際線ではドイツの航空会社ルフトハンザと合併していることもあってドイツ各都市への路線を多く保有しているというところに特色があります。

 

オランダ人には特に有名 ~Corendon コレンドンエア~

トルコ国内線よりも、ヨーロッパへの路線、主にオランダ・ベルギー・スペインなどへの運航に力を注いでいます。オンラインチケットの購入も、英語ではなくオランダ語表記が優先されています。

ホテル予約も合わせて可能で、リゾートホテルの予約も可能です。

 

オーロラも見られるかも ~ONUR AIR オヌルエア~

トルコ国内線をはじめとして、ほかに国際線ではキプロスやデンマーク、ノルウェーなどの北欧への路線を保有しています。北欧への路線を保有しているという点が、他のトルコを拠点としたLCCと差別化されています。

 

中東だけど、ヨーロッパへも近い。

トルコでは乗り継ぎの不便さがあるようで、バスや電車での移動で10時間以上かかるところを、LCCを利用して1時間しかかからないところもあるそうです。

中東といっても、リゾート地もあるのでヨーロッパから訪れる方も多く、トルコまで行ったのだからヨーロッパも少し味わいたいという方には、ヨーロッパ各都市への路線も多くもってこいのトルコLCCです。

昨今、LCCが発展してさまざまなサービスが展開されて乗り心地も良くなり、利用者は増加の一方です。

一度経験してみると、次の旅行からは時間があればコストを考えてLCCでもいいかな?と思えるようになるかもしれませんね。

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング