ライター
珍国の女王 旅行会社経営

旅行会社経営。業界歴は24年。日本人があまり行かないような珍しい国や地域が専門。現在の訪問国は107カ国。特にアフリカに強い。著者、珍国の女王を2016年に出版。複数の地元メディアで旅コラムを担当している。

ツバルの物価

ツバルはほとんどが輸入品ですので、スーパーなどに行っても物価は高いです。レストランも決して安くはありません。ビールもオーストラリア産ですので、3豪ドル前後します。食事も1食500円~1000円ほどでした。

 

ツバルの美味しかった料理や食べ物

空港の滑走路沿いに、台湾の支援で作られた「台湾ガーデン」という野菜農園があります。塩分が多いツバルの土壌でも育つ野菜の研究をし、野菜不足であるツバル人の健康のために、台湾人の若者が頑張っています。

そこで育った生のセロリとニラを食べさせてもらいましたが、これが本当に美味しい!毎週火曜と木曜に開催されるベジ・マーケットでは、野菜がすぐに売り切れになるそうです。

そして、島の北に位置する中華料理「3TS resutaurant」は本当に美味しく、特に蒸し豚がおすすめ!

 

ツバルのエンターテイメントやアクティビティ

ファンガレイ島の最南端へ。死んでしまった珊瑚のかけらが積もってできている島の端は、温暖化の影響を感じる場所でもあります。

また最北端はごみの集積場。人口の半分が集中するファンガレイ等のごみ処理問題は深刻です。最近は援助が入り、改善されていますが。ツバルでは、シュノーケルやダイビング、離島めぐり、そしてヨットなども楽しめます。

詳しくはこちら http://www.timelesstuvalu.com/tours

 

ツバルのナイトライフ

島には娯楽がありません。バイアク・ラギホテルでは、毎週金曜日の夜に、フレフレ・ナイトというポリネシアン・ダンスショーが行われます。この日は、ホテルの宿泊客も島民も集まって、みんな遅くまで踊ったり飲んだりして騒いでいます。

 

ツバルのお土産

産業のないツバルが力を入れている切手発行は、世界的に有名。空港近くの切手センターには世界中の様々な種類の切手が展示されています。もちろん購入も可能。

日本のものも多く、富士山や浮世絵、そしてサッカーWカップ日本代表の切手もありました。またココナッツやパンダナスの葉などでできた民芸品や、貝細工などもあります。

 

ツバルのビザ

30日以内の滞在なら、ビザは必要ありません。

 

ツバルの基本情報(首都、通貨、言語、宗教、時間帯など)

首都:フナフティ
通貨:豪ドル
言語:英語、ツバル語
面積:25.9平方キロメートル
人口:約11,000人
宗教:キリスト教
時間帯:日本より+3時間
気候:熱帯

 

ツバルへの行き方(日本から行った場合)

フィジー航空でフィジーのナンディに飛び、ナンディから国内線に乗り換え、首都のスバへ。スバからツバル首都フナフティがあるファンガレイ島行きの飛行機に乗ります。

 

ツバルにある有名な世界遺産

2018年11月現在、登録されている世界遺産はありません。

 

最後に一言

太平洋戦争時代、旧日本軍と米軍の戦いに巻き込まれたこともありましたが、犠牲者はほとんどいなかったとのこと。日本が支援して造った港もあり、日本人にはとても好意的です。

All photo by 珍国の女王

世界中の海水を飲んだという、漁業のスペシャリストの方が言っていた言葉が忘れられません。「ツバルの沖合の海水が一番美味い!だから魚も美味い!そして海水が美味い国は良い国だ!」と。

おおらかで明るくて、優しくて、そして笑顔も“美味い”ツバルへぜひ行ってみませんか?

ライター
珍国の女王 旅行会社経営

旅行会社経営。業界歴は24年。日本人があまり行かないような珍しい国や地域が専門。現在の訪問国は107カ国。特にアフリカに強い。著者、珍国の女王を2016年に出版。複数の地元メディアで旅コラムを担当している。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング