バラ寿司

うまい飯大集合!中国地方は海も里も幸がいっぱい

バラ寿司
Pocket はてブ

岡山のばら寿司は、江戸時代に「食事は一汁一菜とする」という殿様からのおふれに対して、祭の日くらいは贅沢したいと、庶民が寿司の中に寿司酢につけた具を混ぜ込み、さらに上にもサワラ、ママカリ、エビ、タケノコなど海山の幸を飾って一菜としたことに始まります。

ばら寿司は祭寿司ともいわれ、隣近所にも配りましたが、受け取った方が重箱から皿にあける時に上下が逆になることを思い、重箱の底にも綺麗に飾り用の具を並べる贅沢なものでした。庶民の食生活の豊かさは穏やか瀬戸内海をひかえ、米の実りにも恵まれた土地柄でしょう。

温暖な中国地方の御馳走をご紹介します。

 

中国地方の食料事情

中国地方はとにかく美味しいものが多く、そして安いという印象があります。個人的な印象では「海」に関する食べ物が特に美味しいような気がします。広島で食べたカキやあなご飯、下関で食べたフクの味は今でも覚えています。

食のレベルが高い中国地方で、グルメ旅行を楽しんではいかがでしょうか。

 

中国地方のベストフード

中国地方には美味しいものが多すぎて選ぶのに苦労します。ベストフードを選ぶなら、広島駅で食べたあなご飯を挙げます。柔らかなあなごとご飯との組み合わせが本当にたまりません。またピリっとした漬物がいいアクセントになっています。ぜひ、広島に旅する際は「あなご飯」を忘れずに。

 

広島のカキ

ご存知のとおり、広島はカキで有名な街です。私は友人とレストランに入り、カキフライを食べました。カキフライを口に入れた瞬間、口に広がる濃厚な味わいに驚いたことを覚えています。

「カキが苦手・・・」という方も騙されたと思って食べてみましょう。もしかすると、広島のカキがきっかけて、カキが大好きになるかもしれません。

 

岡山の祭ずし

岡山の名物、祭ずしも駅弁で食べました。祭ずしとは海老、いか、穴子、ままかりなど魚介類を散りばめた豪華なお寿司。岡山では晴れの日に食べるそうです。

まずは見た目が華やか!インスタ映えするお寿司です。口に入れると、さまざまな魚介類の味がミックスされ、本当においしいです。

 

鳥取のかにめし

次は日本海側を見ていきましょう。日本海側のベストフードといえばカニです。格安でカニを楽しみたいのであれば、鳥取駅で販売されている駅弁「かにめし」がおすすめです。

カニの形をした容器を開けると、ご飯の上にカニの身がびっしり。心ゆくまでカニの味を満喫できます。また、1,000円台前半というリーズナブルな値段設定もうれしいですね。

 

ママカリは飯借り

5570668295_8b8ea054a0_b

photo by kaidouminato

ママカリはサッパというニシン科の魚の別名ですが、ご飯がたりなくなって隣の家に飯(ママ)を借りに行くほど美味しいから付けられた名前だとか。寿司に入れたり酢漬けを肴にしたりします。

福寿司」ではママカリだけでなく瀬戸内の魚、また伝統的なばら寿司を備前ばら寿司という名前で提供しています。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ご当地グルメ

FEATURED特集

特集一覧へ