writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

東京・上野にはたくさんの美術館・博物館があり、小学校や中学校のフィールドワークで訪れた経験がある人も多いのではないでしょうか。

上野の美術館には、日本でここでしか展示されない世界の美術が見られる企画展なども多く、老若男女問わずたくさんの人が訪れます。本記事では上野にある「国立西洋美術館」「東京都美術館」「上野の森美術館」をご紹介します。

国立西洋美術館


photo by pixta

上野恩賜公園内にある国立西洋美術館は、2016年に世界文化遺産として登録された美術館です。

国立西洋美術館は、川崎造船所(現川崎重工業株式会社)の初代社長を務めた経験もある松方幸次郎のコレクションを保存・公開するために作られた美術館で、名前の通り、主に西洋美術の展示をしています。

国立西洋美術館は常設展の他、年に3回程度企画展も開催しています(企画展は別料金)。


©️国立西洋美術館

常設展の中は二階建てになっていて、入場するとまず、オーギュスト・ロダンの「青銅時代」や「考える人」など、いくつもの彫刻が置いてあります。

上の階にはアリ・シェフェールの「戦いの中、聖母の加護を願うギリシャの乙女たち」、ウジェーヌ・ドラクロワの「墓に運ばれるキリスト」など、壮大な作品たちが並んでいます。

 

1921年に松方幸次郎がモネから直接購入した、モネの代表的な連作「睡蓮」の中の1点「睡蓮、柳の反映」(松方幸太郎氏御遺族より寄贈、旧松方コレクション)も展示されていました。これは、長い間行方不明になっていましたが、2016年にパリのルーブル美術館で上半分が失われた状態で発見された作品です。


photo by 桃

国立西洋美術館のミュージアムショップには、そのモネの「睡蓮」をプリントした巾着をはじめ、所蔵作品のグッズが多数置いてあります。


photo by 桃


photo by 桃

巾着の中身は国産果汁にこだわったアメ(10粒入り、780円)。誰かへのお土産にも、自分への記念にもぴったりです。

■詳細情報
・名称:国立西洋美術館
・住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
・地図:
・アクセス:JR上野駅公園口出口から徒歩1分、京成電鉄京成上野駅から徒歩7分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅から徒歩で8分
・開館時間:9:30~17:30(金・土曜日は9:30~20:00)※入館は閉館の30分前まで
※その他、時間延長期間があります。詳細はHP
・休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始 ※その他、臨時休館日があります。詳細はHP
・電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
・料金:常設展観覧料500円(一般)
・公式サイトURL:https://www.nmwa.go.jp/
※常設展の展示作品は変わることがあります。

東京都美術館


photo by 桃

東京都美術館は、先ほど紹介した西洋美術館とは異なり、大きな館内全体で常にさまざまな展覧会が同時に行われています。常設展はありませんが、特別展や企画展、公募団体による展覧会などが期間限定で開催されています。


photo by 桃

展覧会ごとに入り口やチケットは異なるので、事前に公式ホームページでどの展示に行きたいか、確認の上訪れるのがおすすめです。

中には無料で見られる展示があったり、チケットの半券を見せれば半額または無料で別の展示を鑑賞することもできるので、気軽に立ち寄れるのがとても魅力的。


photo by 桃

筆者が東京都美術館を訪れたときに開催していたのは、ロンドンにあるコートールド美術館の印象派・ポスト印象派の作品を集めた特別展「コートールド美術館展 魅惑の印象派」、美術公募団体に所属している作家による、上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」。

さらに、絵かき・アニメーション作家の松本力さんの立体作品や音声によるライブパフォーマンスなどの「松本力『記しを憶う』-東京都写真美術館コレクションを中心に」という、全く色の違う3つの展示を鑑賞しました。

■詳細情報
・名称:東京都美術館
・住所:東京都台東区上野公園8-36
・地図:
・アクセス:JR上野駅「公園口」から徒歩7分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、京成電鉄京成上野駅から徒歩10分
・営業時間:9:30〜17:30(特別展開催中の金曜日は9:30〜20:00)※入館は閉館時間の30分前まで
・休館日:特別展・企画展は毎週月曜日、以外の展覧会は毎月第1、第3月曜日 ※月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日
・電話番号:03-3823-6921
・料金:入館は無料(観覧料は展覧会ごとに異なります)
・公式サイトURL:https://www.tobikan.jp
writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング