ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

Afternoon(14:00-17:00)の上野観光


photo by 桃

デザートはやっぱり別腹。ちょっと休憩して甘いものと一緒に話に花を咲かせるなら、おしゃれなスイーツをお供にしたいですよね。甘い物を食べて日頃の疲れをチャージしましょう。

 iacope(イアコッペ)でスイーツコッペパンをテイクアウト


photo by 桃

小腹が空いて何か甘いものが食べたいなと思ったら、「上野の森さくらテラス」の3Fにある「iacope(イアコッペ)」のコッペパンをテイクアウト。

コッペパンの定番商品の焼きそばやあんバターは人気ですが、写真右上の抹茶ティラミスや右下のピスタチオは期間限定です。シーズンごとに種類が変わるので、いつ訪れても何度訪れても飽きません。

パンは中身の具材によって一つずつ分かれていますが、どれももちもち食感が楽しめます。

国立西洋美術館で幻の作品を見る


photo by pixta

国立西洋美術館」は、上野恩賜公園内にある世界遺産に指定されている美術館です。川崎造船所の初代社長を務めた経験もある、松方幸次郎のコレクションを保存・公開するために作られ、西洋美術を学ぶには絶好の場所。

国立西洋美術館は常設展と企画展他、年に3回程度企画展も開催しています(企画展は別料金)。常設展にはオーギュスト・ロダンの「考える人」や、2016年に上半分が失われた状態で発見されたモネの「睡蓮、柳の反映」(松方幸太郎氏御遺族より寄贈、旧松方コレクション)も展示されています。

上野風月堂でカフェ


photo by 桃

上野風月堂」は1747年に江戸で生まれた老舗洋菓子店です。昭和のはじめに誕生した、薄いせんべいにクリームを挟んだお菓子ゴーフルや、江戸時代から続く6面焼き製法で作られた、定番の東京カステラなどが有名。

そんな上野風月堂の本店では、ゴーフルと同じハサミ焼きで作られた、中に赤砂糖が挟んである賞味期限2時間のゴーフレーシュ(写真左下)や、ここでしか食べられない焼き立て東京カステラ カラメリゼ(写真右)がイートインでいただけます。

東京カステラの生地で作られた、季節限定でさまざまな味が楽しめるケーキ(写真左上)に、注文が入ってから一つずつドリップするコーヒーも絶品で、上野観光の休憩にぴったりです。

カップルにおすすめ!上野のスポット

・「上野の森美術館」でアートデートを楽しみたい
・「東京国立博物館」のTNM TOPPAN ミュージアムシアターでちょっと変わったアート体験
・お散歩にぴったりな「不忍池」をぐるりと回る
・「旧岩崎邸庭園」でゆっくり抹茶セットが食べたい

上野女子会でおすすめのスポット

・お洒落な店内「ラ ココリコ 上野店」で食べて飲んでの女子会を
・「花園稲荷神社」で縁結び祈願がしたい!
・「猫まるカフェ 上野店」で可愛い猫に日頃の疲れを癒したい
・「上野テラス 上野中央通り店」で美味しいチーズをたくさん食べる

上野で行きたいカフェ

・公園の中にある「上野の森PARK SIDE CAFE」で癒しのひと時を
・「cafe ASAN」のハンモックに揺られて癒される
・「cafe HIBIKI」でパンダのパンケーキが食べたい
・グリーンに囲まれて「ルート ブックス」の中、ゆったりとした時間を過ごす

Night(18:00-21:00)の上野観光


photo by 桃

博物館や美術館、動物園など、普段は夕方過ぎには閉まってしまう施設が多い上のですが、実は、週末には夜21時まで開く施設も複数あります。普段なかなか体験できない夜の体験をしてみませんか。

東京国立博物館でナイトミュージアム体験


東京国立博物館 本館エントランス

東京国立博物館」は、上野恩賜公園を抜けた北側にある大きな博物館です。本館、平成館、東洋館、表慶館、法隆寺宝物館、黒田記念館、資料館、TNM TOPPAN ミュージアムシアターの施設があり、それぞれさまざまな展示がされています。

その時期に合わせて企画展示が行われています。訪れた時には日本全国から自然災害によって壊れてしまい、修復された観音像や大仏たちや、「人」「神」「自然」がテーマの銅像や壺などの特別展示などが楽しめました。

アメ横でさくっとディナーを


photo by 桃

上野と言ったら「アメ横」!上野駅から御徒町駅までずっと続いている商店街です。たくさんの屋台や鮮魚店、格安で服が買えるお店などが立ち並んでおり、朝から晩まで観光客で賑わっています。

夜は特に観光客だけでなく、サラリーマンが一杯飲んで帰る場所としても大人気。もんじゃ屋さんや居酒屋もありますが、中華やケバブ、海鮮丼が楽しめるお店が複数あるので、好きなところを飲み歩きましょう。

上野のお土産を選んで帰る


photo by 桃

上野のお土産と言ったら、上野動物園にちなんだパンダ柄のお菓子や雑貨が定番ですが、老舗の和菓子や洋菓子、アメ横で買える乾き物なども人気です。

先ほど紹介した「上野風月堂」の東京カステラキューブ(写真左)や、東京カラメリゼというブランドの東京カラメリゼ(左上)、シューケット(左中)、東京カラメリゼ ゴーフランタン(右下)は小分けになっているのでお土産にも渡しやすくおすすめ。

上野で楽しめるディナー

・がっつりディナーなら「蓬萊屋」のカツ定食に決まり
・「上野太昌園」で美味しい焼肉がお腹いっぱい食べたい
・海鮮居酒屋「寄席や」で海鮮を思う存分堪能
・ワイワイイタリアンを楽しむなら「上野500bar
・ちょっとおしゃれでお高めディナーなら「洋食 黒船亭」で

上野で夜景を見るなら

・「ビストロ屋 上野駅前店」で夜景を見ながらディナーを堪能
・「東京国立博物館」本館のライトアップが美しい
・「清水観音堂(きよみずかんのんどう)」とビル・マンションの光を上野恩賜公園から眺める
・噴水がライトアップする「上野恩賜公園」をお散歩

Midnight(22:00-)の上野観光


photo by 桃

上野の夜はまだまだ終わりません。駅前はまだまだ人がたくさん行き交っており、店の灯りもついています。朝5時まで営業しているカフェや居酒屋なども多数あるので、帰宅前にもう一杯に最適な場所。

上野の森さくらテラス屋上からの夜景を堪能する


photo by 桃

上野の夜景と言ったら、上野駅目の前にある「上野の森さくらテラス」。4階の屋上からは上野の駅前が眺められます。ベンチがあるので座りながら、その日の振り返りができるスポット。

上野の森さくらテラスでディナーの後、少しゆっくりするのにぴったりです。

アメ横周辺でもう一杯飲んで帰る


photo by 桃

上野はアメ横だけでなく、そのすぐ近くにもたくさんの居酒屋やレストランが並んでいます。夜遅くになっても多くの人が行き交っており、さくっと飲んで帰れるお店が多いです。

もう一杯飲みたい!と思ってもすぐにお店が見つけられるのも、上野の魅力です。

上野の夜を満喫する方法

・ちょっと遅いディナーなら朝5時まで営業の「肉ダイニング 上野 231」で
・レトロな喫茶店「椿屋珈琲店 上野茶廊」は平日と土曜日は朝5時まで営業
・金曜日と土曜日は24時まで!美味しいもつ鍋が食べられる「木村屋本店」で
・ 「肉 個室居酒屋 彩羽 IROHA 上野店」でおしゃれなディナーを

上野で泊まりたいホテル

・ホテル内でアートと森が楽しめる「三井ガーデンホテル上野」で癒される
・景色が最高!「ライフツリー上野」で上野の夜景を堪能したい
・おしゃれなのに落ち着き度高めの「センチュリオンホテル&スパ上野駅前」ですてきな夜を過ごす
・「サットンプレイスホテル上野」の気をふんだんに使ったベッドルームでゆったり時間を

すてきでおしゃれな上野観光に行こう

商店街や動物園、博物館や美術館など、1日では足りないくらいたくさんの観光スポットが、ギュッと集まっている東京・上野。目的別にいろんな観光が楽しめること間違いありません。

いつもと違うデートや女子会が楽しみたいなら、場所は上野で決まり。どんなリクエストも満たす一日が過ごせます。

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング