editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

上野風月堂の東京名物ブランド「東京カラメリゼ」

上野風月堂は東京カステラだけでなく、カラメリゼ(焦がし砂糖)を使ったブランド「東京カラメリゼ」が手土産に人気。駅などで見かけたことがある人もいるかもしれません。もちろん、本店でも購入可能な「東京カラメリゼ」ブランドから、今回は3つご紹介します。

東京カラメリゼ

上野風月堂の伝統菓子のひとつ、ゴーフルと同じ「はさみ焼き」という製法で作った、ウエハースに焦がし砂糖をかけた「東京カラメリゼ」。

サックサクのウエハースに相性の良いカラメルが掛かっています。一枚だけでなく、二枚、三枚と手を出したくなるほどの美味しさです。

東京カラメリゼ シューケット

シューケットは、フランス・パリのお菓子からヒントを得たお菓子です。上野風月堂の社員が視察に行った際にシューケットと出会い、どうにかカラメリゼの商品として出せないかと研究を重ねたそう。

繊細なプチシューに砂糖をかけてカラメリゼを作るのには時間がかかったそうですが、なんとか試行錯誤し、無事完成しました。

周りのカラメルはそこそこ固めですが、中のシューはサクサクなのが特徴です。

東京カラメリゼ ゴーフランタン

フランスの菓子「フロランタン」を東京カラメリゼ風にアレンジして作り上げたのが「東京カラメリゼ ゴーフランタン」。ゴーフルのウエハースからヒントを得て、ウエハース生地とバター・アーモンドを、絶妙なバランスで焼き上げた一品が完成しました。

一口サイズなのに、しっかりアーモンドとカラメルの旨味が詰まっています。

上野風月堂の本店でしか食べられない出来立てスイーツも

上野風月堂の本店には、今紹介したお土産がすべて購入できますが、ここだけしか食べられない出来立てスイーツも提供しています。

焼きたて東京カステラ(プレーン・カラメリゼ)

上野風月堂では、本店のオーブンキッチンで焼いた、焼きたて東京カステラをその場で食べられます。特に、焼きたて東京カステラ カラメリゼは、目の前で砂糖を焦がしてくれるところが見られるので、動画または写真必須です。

このカラメルは注文を受けてから作るため、東京カステラ カラメリゼはお持ち帰り不可で、イートイン限定となっています。

東京カステラにはトッピング(80円〜)が添えることができ、一番人気はこちらのホイップバター。無くても美味しさはじゅうぶん堪能できますが、ホイップバターを付けて食べると、さらに濃厚さが増します。

甘い東京カステラ カラメリゼと一緒にいただきたいのは、注文が入ったら丁寧に一杯ずつ淹れてくれる、ハンドドリップコーヒー。完璧な午後のデザートタイムのできあがりです。

消費期限は翌日まで!ゴーフレーシュ

こちらもほぼイートイン限定と言っても過言ではない、ゴーフレーシュ。伝統の「はさみ焼き」という製法を使って焼いたモチモチの生地に、クリームを挟んでいます。

一番人気のシュガーバターは、ベルギー産の赤砂糖と北海道産のバターを使っており、モッチモチの生地を口に含むと、シャリシャリと砂糖の食感が残る濃厚な味わいが、口に広がります。

ゴーフレーシュは定番のシュガーバターとキャラメル、さらに、季節の味として訪れたときはチョコレートがラインアップにありました。

お持ち帰りも可能ですが淹れたてのコーヒーと共にぜひ、イートインで楽しんでください。私が店内に入ったとき、先にいたおばさんたちが「これを食べにきたのよ!」とワクワクしながら話していましたが、一口食べたら興奮する気持ちがわかります。

季節の味が楽しめる東京カステラ ケーキ

東京カステラ ケーキは、東京カステラの生地を使って作られた、東京カステラの美味しさをまた違った角度で楽しめるケーキです。種類は季節によって変わります。私が訪れたときはチョコレートの味でした。

カステラの生地がフワフワですが、周りを囲むチョコレートが濃厚。しかし、チョコレートがまったくしつこくないので、ぺろっと食べられる味となっています。チョコレート好きにはたまらない一品。

毎シーズン、商品開発部の方とパティシエさんが、アイディアを出し合ってすてきなケーキが出来上がるそうで、定期的に通いたくなりました。

上野土産は上野風月堂の美味しいスイーツで

上野風月堂の経営理念は「変化を愉しみ、文化を創る」。上野風月堂の社長は「老舗だからこそ挑戦していきたい」という気持ちで、商品開発にも参加するそうです。

老舗の技術をアレンジしつつ、現代で愛されるスイーツを作り続ける上野風月堂。自分用に買って帰るのはもちろん、この美味しさを周りの人とシェアしてみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:上野風月堂 本店
・住所:東京都台東区上野1-20-10
・地図:
・アクセス:JR御徒町駅から徒歩3分、東京メトロ上野広小路駅・都営地下鉄上野御徒町駅・東京メトロ仲御徒町駅から徒歩すぐ、東京メトロ湯島駅から徒歩3分
・営業時間:10:30〜19:30
・電話番号:03-3831-3106
・公式サイトURL:https://www.fugetsudo-ueno.co.jp/

All photos by 桃

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事