writer
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

こんにちは。TABIPPOライター、オトナフォトジェンヌほさかまきです。

南米を北上してウユニ塩湖に行くときによく通るのが、チリのサンペドロ・デ・アタカマ。ここから通常の長距離バスでウユニに行けますが、ツアーで絶景を見ながら移動することもできるのです。

 

ツアー概要

2泊3日でアタカマからウユニに行きます。車1台につき最大6名+ドライバーとなり、このメンバーで3日間過ごします。宿も6人一室となる場合が多いです。メンバーは多国籍です。

アタカマではたくさんのツアー会社がこのツアーを取り扱っています。値段は約100000チリペソです(2018年2月時点)。ツアー内容は似通っていますが、2日目のルートが大きく分けて2つあるので、こだわりがある方は申込前に確認しましょう。ツアー代金に、ツアー中の宿泊および食事代は含まれています。

 

絶景ルート

このツアーの一番の魅力が、絶景続きの移動という点です。ラグーナブランカという白い湖、ラグーナベルデという緑色の湖、ラグーナコロラドという赤い湖。ラグーナコロラドにはたくさんのフラミンゴもいます。

絶え間なく白い湯気をあげている間欠泉や、奇妙な形をした岩々。果てしない台地の向こうに並ぶ山々。驚くほど真っ青な空に、高地ならではの雲の近さ。すべてが日本では見られないスケールの景色でした。

夜は素晴らしい星空を見ることができます。私はアタカマの町とウユニ塩湖で複数回星空ツアーに参加しましたが、このツアー1泊目の星空が人生で一番すごいと感じました。

 

塩のホテルに泊まれる

たいていのツアーが2泊目は塩でできたホテルに宿泊します。塩のホテルは交通の便の悪いところにあるため、個人で泊まろうとするとタクシーで移動しなくてはなりませんが、ツアーならその心配が不要です。

ツアー代金に塩のホテルの宿泊代も含まれていると考えると、お得ですよね。私が泊まった塩のホテルは、内装に程よくボリビアの布を取り入れていて、とてもかわいかったです。

 

温泉に入れる

ツアー1日目に温泉に行きます。お湯はぬるめですが(私の体感では38度くらい)、晴れて陽射しが強かったため、寒さは感じませんでした。

日本では見ることのできない広大な荒涼とした、でも美しい大自然の中で久々にお湯に浸かり、大満足しました。温泉は水着着用なのでお忘れなく。

writer
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

RELATED

関連記事