writer
Ayaka 安全をお金で買った世界一周女子

「世界中の絶景を見てみたい」そんな単純な思いから、英検3級レベルの英語が全くできない私が一人で3ヶ月間17ヶ国の世界一周に行って来ました。 好奇心だけは人一倍旺盛。でもビビり。昔から人と違うことに興味津々。キャンピングカーで世界一周を夢見る女子です。現在、TABIPPO専属ライター。

イタリアの首都、ローマから車で15分ほどの所に位置する、バチカン市国。バチカン市国は、世界最小の国として、世界遺産に登録されています。

そんな、バチカン市国で圧倒的な存在感を放っているのが「サン・ピエトロ大聖堂」。

サン・ピエトロ大聖堂には、25年に一度しか開かないと言われている「聖年の扉」があります。その扉が今まさに、解禁しています。

 

聖年の扉とは?

shutterstock_99977387

photo by shutterstock

「聖年の扉」とは、サン・ピエトロ大聖堂の5つある扉のうち、一番右の扉です。聖なる年を祝うユダヤ人の風習から、西暦1300年を聖年として定めたのが、ローマ教皇ボニファティウス8世。

当初は50年に一度の聖年でしたが、今は25年に一度聖年の年がやってきます。その年に合わせて、聖年の扉が解禁し、世界中からこの扉を目当てに巡礼者が訪れます。

writer
Ayaka 安全をお金で買った世界一周女子

「世界中の絶景を見てみたい」そんな単純な思いから、英検3級レベルの英語が全くできない私が一人で3ヶ月間17ヶ国の世界一周に行って来ました。 好奇心だけは人一倍旺盛。でもビビり。昔から人と違うことに興味津々。キャンピングカーで世界一周を夢見る女子です。現在、TABIPPO専属ライター。

RELATED

関連記事