ライター
KAWAHATA KANA ロンドン在住旅人/ワーホリック女子

ロンドン在住、海外生活4年目のワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子。 Be動詞ってなんだ?英語力ゼロから始めたフィリピン留学。 運と勢いに任せてオーストラリア&カナダでワーホリ生活を経験。 現在はイギリス・ロンドンで生活しつつ、ヨーロッパを中心に月1~2回ほど旅をする旅好き人間。訪れた国は25カ国以上。 海がすき!旅がすき!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。

ダウンタウンでショッピング!女子旅ならウィンドウショッピングだって盛り上がる

photo by Kana206425

女子旅の魅力と言ったら、女の子同士で満足するまでのお買い物!ビクトリアにはお買い物を楽しめるスポットもたくさんあります。中でもおすすめしたいのは「Bastion Square(バスチョン スクエア)」。

このバンチョンスクエアはビクトリア発祥の地とされており、多くの観光客はもちろん、地元の人からも愛されるお買い物ストリートです。石畳の通りがとてもかわいらしく、歩いているだけで気分が上がること間違いありません。

photo by Kana206425

ダウンタウンの中心部にあるのでアクセスも良いのも魅力。お洋服や雑貨屋さんが軒を並べているので、お散歩がてらゆっくりとウィンドウショッピングをするのにも最適です。

photo by Kana206425

ビクトリアのダウンタウンの街並みは、同じカナダでもバンクーバーとはずいぶん雰囲気が変わり、そこら中にお花が咲き誇っています。レンガ調の建物も多く、街並みすべてがフォトジェニックなので、女の子同士で写真を撮りあいながらお買い物を楽しめるという一石二鳥なスポット。

近くには「The Bay Centre(ベイセンター)」というショッピングモールもあります。90店舗以上ものお店が入っており、最上階にはフードコートも併設しているので、歩き疲れたときのちょっとした休憩にも、ぴったりの場所です。ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

■詳細情報
・名称:The Bay Centre
・住所:1150 Douglas St, Victoria, BC V8W 3M9
・地図:
・アクセス:ダウンタウンから徒歩2分
・営業時間:月曜日~水曜日:10時~19時 木曜日~土曜日:10時~21時 日曜日:10時~18時
・電話番号:+1 250-952-5690
・所要時間:1時間~
・公式サイトURL:https://www.thebaycentre.ca/

 

まさに楽園!ブッチャートガーデン

photo by Kana206425

ビクトリアのランドマークとして知られているのがブッチャートガーデン。美しい花々の咲き誇る巨大植物園として年間100万にが訪れると言われており、世界各国から観光客の絶えない、大人気観光スポットです。

photo by Kana206425

きちんと手入れのされてた美しいガーデンたちに、時間を忘れて魅入ってしまうこと間違いありません。小さいとき、女の子なら誰もが憧れたお姫様が出てきそうな空間に、心がときめきます。

photo by Kana206425

夏の繁忙期は、事前に公式サイトよりチケットを購入しておくとスムーズに入園できるので、おすすめです。可愛らしいお花たちに囲まれて、 まさにインスタ映えな写真も撮り放題。

エリアごとに違った雰囲気の写真を撮ることができるので、自分のお気に入りのスポットを探してみてくださいね。

photo by Kana206425

園内にはお土産屋さんも併設されており、女ごころをくすぐる可愛らしいオリジナルアイテムも必見です。お花をモチーフとしたアイテムが多く、中でもこちらのパフュームはプレゼントに喜ばれると人気の商品です。

見た目だけではなく持ち運びに便利なスティック状で、きつすぎないリーズの香りがとても女性らしく自分用にも買いたくなってしまします。

■詳細情報
・名称:Butchart Gardens
・住所:Brentwood Bay, BC V8M 1A6
・地図:
・アクセス:ダウンタウンバス停Douglas at Pandoraから75 Saanichton Exch行、Wallace at Benvenuto下車徒歩10分
・営業時間:時期によって異なるため公式サイトにて要確認
・電話番号:250-652-4422
・料金:18歳以上:$28.25 13歳以上:$14.15 5歳以上:$2.00 4歳以下無料
時期により変動するので公式サイトにて要確認
・所要時間:2時間
・オススメの時期:6月~9月
・公式サイトURL:https://www.butchartgardens.com/

 

朝活で1日を充実させちゃおう!

photo by Kana206425

お化粧に髪の毛のセットに洋服を選んで……女子の朝は大忙し。しかし、旅先だからこそ早起きをして朝活に励みたい!という女子も多いはずです。

ビクトリアには早朝からオープンしているカフェがたくさんありますが、中でも人気なのはここ「The Blue Fox Cafe (ザブルーフォックスカフェ)」。

photo by Kana206425

早朝から行列のできる人気の朝食店です。とにかく絶品の朝食はもちろん、かわいらしい店内の装飾は居るだけでテンションが上がります。早起きしてでも訪れてよかった!と大満足させてくれるカフェです。

photo by Kana206425

予約不可かつかなりの人気店のため、土日はもちろん、平日でも開店時間の30分前に着くことをおすすめします。旅先だからこそ、普段はできない朝活にチャレンジして1日を充実させてみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:Blue Fox Cafe
・住所:919 Fort St, Victoria, BC V8V 3K3
・地図:
・アクセス:ダウンタウンより徒歩10分
・営業時間:月曜日~金曜日7:30~17:30 土曜日~日曜日 8:00~15:00
・定休日:公式サイトにて要確認
・電話番号:+1 250-380-1683
・料金:10ドル~15ドル
・所要時間:1時間半~2時間
・公式サイトURL:URL:http://www.thebluefoxcafe.com/

 

バンクーバーからビクトリアへのアクセス方法

photo by Kana206425

ビクトリアはカナダの観光都市、バンクーバーから日帰りで行くことができ、バンクーバーからビクトリアまでの交通手段は「バスとフェリーでいく」「長距離バスでいく」「飛行機でいく」「水上飛行機でいく」の4つがあります。

しかし、飛行機や水上飛行機は交通費がかなりかかり、長距離バスは安くても時間がかかってしまうということで、筆者がおすすめしたいのはバスとフェリーで行く方法です。

 

バスとフェリーでビクトリアまで行く方法

まず、バンクーバーの主要駅、Water front(ウォーターフロント駅)からカナダラインでBridgeport(ブリッジポート駅)まで向かいます。ブリッジポート駅を出てすぐ、Bay4乗り場から620番のバス(Tsawwassen行き)に乗り、終点の「フェリーターミナル」で降ります。

フェリーターミナルのチケットカウンターでチケットを購入したら、時間になって船に乗るだけ。船に乗り込んだらあとはビクトリアに着くまで船の旅を楽しみましょう。

 

ビクトリア行きのフェリーについて

バスとフェリーを乗り継ぐなんて不安!という海外初心者さんでも、意外と簡単に行くことができますよ。ちなみに、フェリーというのはバンクーバーでは有名なBCFerriesと言う船です。

photo by Kana206425

チケットは当日購入が可能です。大型船なのでチケットがなくなる心配はあまりありませんが、夏の繁忙期など、心配な方は事前にネットで予約をしておくと安心でしょう。

チケットは受付カウンターではなく自動販売機で購入でき、キャッシュでもカードでも購入可能。料金は片道で17.2カナダドル(約1,400円)です。

フェリーは1時間置きに運行しており、乗船時間は約1時間半。車のまま船に乗ることも可能です。

photo by Kana206425

フェリーの中にはお土産屋さんやカフェ、カナダではとても有名な歴史ある有名なファミレス「White spot(ホワイトスポット)」 のレストランもありました。せっかくのカナダなのでぜひお試ししてみてください。

photo by Kana206425

広々としたデッキもとても開放的で気持ちよく、天気のいいときは外にでるのがおすすめです。自然豊かな景色に癒されますよ。

日本ではなかなか見ることのできない壮大な景色を堪能することができ、旅行のわくわくする気持ちも高まること間違いありません。

 

次の女子旅はビクトリアで決まり!

photo by Kana206425

街自体はこじんまりとしていて小さいけれど、 落ち着いた雰囲気に美しい街並み、人々も暖かく穏やかな時間が流れるとても素晴らしい街ビクトリア。写真、お買い物、食事にデザートと、欲張り女子の願いをすべて叶えてくれる女子旅にもってこいの旅先です。

ぜひ仲のいい旅友達とカナダ・ビクトリアへ訪れて、思い出に残る女子旅をしてみてはいかがでしょうか。

ライター
KAWAHATA KANA ロンドン在住旅人/ワーホリック女子

ロンドン在住、海外生活4年目のワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子。 Be動詞ってなんだ?英語力ゼロから始めたフィリピン留学。 運と勢いに任せてオーストラリア&カナダでワーホリ生活を経験。 現在はイギリス・ロンドンで生活しつつ、ヨーロッパを中心に月1~2回ほど旅をする旅好き人間。訪れた国は25カ国以上。 海がすき!旅がすき!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング