バンクーバーから日帰りで!花の都カナダ・ビクトリアで最高の女子旅を

Pocket はてブ

おいしいスイーツをお腹いっぱい食べて、止まらない女子トークに花を咲かせて、フォトジェニックな写真を撮って……。彼氏や家族との旅とはちょっと違う、女子旅ならではの楽しみ方。

実際に遊びにいって、女友達とくるべき!と強く実感した筆者が自信を持っておすすめしたいビクトリアの街の魅力をご紹介していきます。

 

カナダ・ビクトリアってどんなところ?

photo by Kana206425

ビクトリアはカナダの西部、バンクーバー島という小さな島に位置します。年間を通して気候の差が少なく、カナダの中でも過ごしやすい街として有名です。気温差がないため花々が綺麗に咲き誇り、花の都とも呼ばれている美しい場所。

バンクーバーから日帰りで行けるにも関わらず、まったく違う雰囲気をたのしめるので、ちょっとしたお出かけ先として地元の方はもちろん、旅行客にもジワジワと人気になってきている今注目の街です。

 

 インナーハーバーをのんびり散策!

photo by Kana206425

ビクトリアを観光する上で欠かせないのがこのインナーハーバー。海沿いの美しい遊歩道です。鮮やかなお花が咲き誇り、とにかく穏やかな時間が流れるお散歩コース。のんびりと景色を眺めているだけで、日々の疲れが癒される、素敵な場所です。

photo by Kana206425

海沿いにはベンチも設置されており、歩き疲れたときのちょっとした休憩にもぴったり。港からはフェリーやボートも出ており、観光客向けのツアーもあるので、時間がある方は海の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:Inner Harbour
・住所:221 Quebec St, Victoria, BC V8V 1W2
・地図:
・オススメの時期:オススメの時期:6月~9月

 

素敵なレストランで女子トーク!

photo by Kana206425

インナーハーバー周辺は、お洒落なレストランがずらりと並んでいます。オーシャンビューを楽しめるお店や、パディオの広いお店など、そのときの気分や好みに合わせてお店を選ぶのも楽しいですね。

特にお勧めしたいのは「Milestones(マイルストーン)」というカナダで有名なレストランです。

photo by Kana206425

カジュアルな価格設定でありながら、メニューの豊富さや店内の雰囲気の良さに定評があります。ドリンクの種類も豊富なので、ついつい話に花が咲いて長居しても安心。

いろんな種類の料理やお酒を頼んでシェアするのも、女子旅ならではの楽しみ方ですよね。

photo by Kana206425

テラス席はオーシャンビューになっており、昼間は穏やかな港の景観を、日が落ちてからは州議事堂のライトアップを眺めることができます。せっかくの旅行中くらい贅沢がしたい!という女心にぴったりのレストランです。

夏と言えど、夜は少し肌寒く感じるカナダの夜。テラス席を楽しみたい方は、念のためブランケットや織物を持参することをおすすめします。

■詳細情報
・名称:Milestones
・住所:812 Wharf St, Victoria, BC V8W 1T3
・地図:
・アクセス:ダウンタウンより徒歩9分
・営業時間:月曜日~木曜日は11時~21時30分、金曜日は11時~22時30分、土曜日は10時~22時30分、日曜日は10時~21時30分
・電話番号:+1 250-388-7313
・所要時間:1時間~1時間半
・公式サイト:http://URL:https://www.milestonesrestaurants.com/

 

まるでお城のよう!州議事堂でインスタ映え

photo by Kana206425

ビクトリアのランドマークといっても過言ではないのが、こちらのレジスレイティヴ・アッセンブリー・オブ・ブリティッシュ・コロンビア。観光客が後を絶たない有名な観光スポットです。

まるでお城かと思う立派な建物は、州議事堂とは思えないほどおしゃれですよね。現在も州議会で実際に使われているというのは驚きです。

営業時間内であれば中も無料で見学できます。議場は立ち入り禁止になっていますが、見学スペースだけでも十分に楽しむことができますよ。

photo by Kana206425

せっかく旅行にきたからにはお洒落な写真を撮りたい!というカメラ女子にも大人気のフォトスポットとなっています。

photo by Kana206425

目の前に設置されている噴水と写真を撮ると、まるで中世ヨーロッパの貴族のような優雅な写真を撮ることもできますよ。

photo by Kana206425

州議事堂の目の前は広場になっており、観光客だけでなく友達や家族連れ、カップルなど地元の人も集まり、ピクニックをしたり、日向ぼっこをしたりして過ごしています。特に、休日は賑わいを見せるので、写真を撮りたい方は午前中にくるとスムーズに撮影ができるのでおすすめです。

また、夜は建物全体がライトアップされて昼間とはがらっと雰囲気が変わり、とてもロマンチック。見学はできませんが、ゆっくりとライトアップを眺めるのも楽しみ方の一つですね。

■詳細情報
・名称:Legislative Assembly of British Columbia
・住所:501 Belleville St, Victoria, BC V8V 2L8
・地図:
・アクセス:ダウンタウンから徒歩15分
・営業時間:月曜日~金曜日は8時30分~16時30分 土曜日~日曜日は9時~17時
・電話番号:+1 250-387-3046
・料金:無料
・所要時間:30分~1時間
・オススメの時期:6月~9月
・公式サイトURL:https://www.leg.bc.ca/

 

ガールズトークにも花が咲く!豪華ホテルでアフタヌーンティーを満喫しよう

photo by Kana206425

ビクトリアで有名な、由緒正しき5つ星ホテル「フェアモントエンプレス(Fairmont Fmpress)」。インナーハーバーの海沿いを州議事堂に向かって歩くとひときわ目立つ豪華な建物です。

女子旅でこんな素敵なホテルに泊まれたら夢のようですが、さすがの高級ホテル。宿泊はかなりのお値段です。そこでおすすめしたいのが、フェアモントエンプレス内にあるカフェ「Tea at the Empress(ティー・アット・ザ・エンプレス)」。

 

宿泊客以外でも利用ができるアフタヌーンティースポットで、重厚感のある雰囲気に気品あふれる装飾品がたくさんの内装は、子供のころに憧れたお姫様の家のようでドキドキします。

極めつけは乙女心をくすぐる、かわいらしい見た目のカップケーキやマカロン。コーヒーや紅茶をのみながらお腹いっぱい食べて、まるでセレブになったかのようなひと時を過ごせます。

■詳細情報
・名称:Tea at the Empress
・住所:721 Government St, Victoria, BC V8W 1W5
・地図:
・アクセス:ダウンタウンから徒歩7分
・営業時間:月曜日~日曜日11時~17時45分
・電話番号:+1 250-389-2727
・料金:60ドル~80ドル
・所要時間:1時間半~2時間
・公式サイトURL:https://www.teaattheempress.com/?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral
1 2
Pocket はてブ

WRITER

Be動詞ってなんだ?英語力ゼロから始めたフィリピン留学。 運と勢いに任せてオーストラリア&カナダでワーホリ生活を経験。 現在はYMSに当選しイギリス・ロンドン生活奮闘中! 海外生…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

カナダのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品