ライター
mai 薬剤師/トラベルライター

海外・国内ノマドワーカー。 働き方・生き方を考え直して薬剤師→フリーランスへ。 海外10カ国、国内では沖縄から北海道など様々な土地で派遣薬剤師・ライター・ブロガー・ディレクター等を行う。大好きな旅をしながら働いています。

美しい仏塔・天井画で心を癒そう!

photo by mai

5階の天井画のあるスペースには、観光客だけでなく瞑想しているお坊さんもいます。撮影OKですが静かにするのがマナー。寝転ぶ・大声を出す・ジャンプして写真を撮るなどはやめましょう。

photo by pixta

仏塔と天井画を見上げたら美しい光景が広がっています。圧倒され、しばらく立ちすくんでしまいました。とても丁寧な造りになっているので、細部までゆっくり時間をとって見るのがおすすめです。

のんびりするのも瞑想するのも自由。天井画や仏塔の美しさを十分に楽しみましょう!

 

ワットパクナム拝観時の服装

photo by pixta

ワットパクナムは神聖な場所・宗教施設なため、服装にも気をつけたいところ。ワットパクナム拝観時の服装の、主な注意点をまとめました。

 

NGな服装

帽子やサングラスなどは外して入場しましょう。ノースリーブ・ミニスカートや短パンやへそ出しなど、露出の多い服装はNG。体のラインが出るような、ピッタリしたパンツも控えておきましょう。

女性はあらかじめストールなどを持参するのがおすすめ。万が一、ノースリーブなどで来院した場合は、入り口にて羽織物を貸りられます。

 

OKな服装

タイパンツなどラフな服装でOK。実際に、タイパンツにTシャツという格好の観光客が多く見られました。靴を脱いで院内にはいるため、サンダルなどの着用も問題ありません。

 

ワットパクナムへのアクセス

photo by pixta

ワットパクナムは、他の観光名所とは離れたローカルな場所に位置していますが、公共交通機関でアクセスできます。都心部からだとタクシーやバイクタクシー、ソンテウ(タイの乗り合いタクシー)からでもアクセス可能です。

午後になると日本人や中国人の団体ツアー客が多くなるため、ゆっくり観光したい方は平日の朝早くがおすすめです。

■詳細情報
・名称:Wat Paknam Phasicharoen(ワット パークナム パーシーチャルーン)
・住所:300 ถนน Ratchamongkhon Prasat Alley, Pak Khlong Phasi Charoen, Phasi Charoen, Bangkok 10160 タイ
・地図:
・アクセス:地下鉄MRT(Bang Phai駅3番出口)から徒歩15〜20分、バンコク都心部から車で40分程度
・営業時間:8:00〜18:00
・定休日:なし
・電話番号:+66 2 467 0811
・料金:無料(寄付金を入れる箱があります)
・所要時間:全5階をじっくり観るなら2時間程度、5階の天井画のみなら30分程度
・オススメの時期:平日(土日は混雑)
・公式サイトURL:https://www.facebook.com/pg/WATPAKNAM.BKK/about/?ref=page_internal

 

歴史あるワットパクナムの魅力を感じよう

美しい壁画だけではなく、古くからの歴史を持つワットパクナム。観光する前は5階の仏塔と壁画の美しさしか知りませんでしたが、5階までたどり着くまでの1〜4階の展示物の素晴らしさに圧倒されました。歴史について調べていれば、もっと楽しめただろうなと後悔したほどです。

仏塔と壁画のある5階には瞑想している現地の人も多く、ワットパクナムの神聖さを感じました。幻想的な魅力を写真に収めるだけでなく、ワットパクナムの歴史や雰囲気をぜひ楽しんでみてください。

ライター
mai 薬剤師/トラベルライター

海外・国内ノマドワーカー。 働き方・生き方を考え直して薬剤師→フリーランスへ。 海外10カ国、国内では沖縄から北海道など様々な土地で派遣薬剤師・ライター・ブロガー・ディレクター等を行う。大好きな旅をしながら働いています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング