『あの頃ペニー・レインと』


《作品について》
『あの頃ペニー・レインと』(原題:Almost Famous)は、2000年製作のアメリカ映画。10代で音楽ジャーナリストとして活躍したキャメロン・クロウ監督自身の実話をもとに描いた自伝的青春ドラマ。

 

《あらすじ》
舞台は、70年代アメリカ。姉の影響で音楽にのめり込むようになったウィリアム(パトリック・フィジット)が物語の主人公。彼が地元紙に描いた記事を、『ローリング・ストーン』誌が注目し、ウィリアムが弱冠15才の少年とは知らずに原稿依頼することに…。ブレイク寸前のバンド「スティル・ウォーター」の全米ツアーに同行取材することになったウィリアムは、ペニー・レインと名乗る少女(ケイト・ハドソン)との出会いや、バンドメンバーからの刺激を通して、少しずつ成長していく。

 

作品のおすすめポイント

 
衣装と音楽に痺れる映画、『あの頃のペニー・レインと』。ヒロインのペニー・レインをはじめとする、バンドの“グルーピー(熱狂的なファン)”たちが身に纏うファッションから、絶大な刺激を受けました。

フワフワとしたブロンドのカーリーヘアにサングラス、花柄の刺繍やレース、フリンジ、ファーデニムなど70年代のヒッピーを彷彿とさせるボヘミアンスタイルがとても可愛いんです。

 

舞台設定(年代設定)の演出が細かなこの作品を観ていると、「あぁ…70年代へタイムスリップしたい。ヴィンテージのアイテムが欲しい。今すぐアメリカへ飛んで行きたい…」とファッション欲・トラベル欲がかき立てられ、途方に暮れることもしばしば。そのくらい、とてつもなくロマンのある作品なのです。

そんな作品のロマンを形作るのは、音楽もしかり。少年ウィリアムの視点で、さまざまなバンドに関わっていきながら、70年代の音楽(ロック)シーンを存分に味わうことができるんです。BGMも弾む曲ばかりで、いい感じ!

 

また、劇中の架空バンド「スティルウォーター」のライブツアーに同行しながら、ウィリアムの故郷であるカリフォルニア州サンディエゴ・アリゾナ州テンピ・カンザス州トピーカ・テネシー州グリーンビル・オハイオ州クリーブランド・ボストン・ニューヨークなど、

アメリカ国内のさまざまな場所を旅することができるのも、この映画の素敵なポイント。ぜひ、ファッションと音楽のロマンあふれる本作を観てみてください。

 

その他の作品はこちら

TABIPPO社員
竹島 亜莉紗 TABIPPO / 編集者・ディレクター

トラベル・ファッション・ビューティなどのコンテンツをディレクションする旅好きの編集者。主婦と生活社の女性ファッション誌『ar(アール)』に在籍したのち独立。TABIPPOの一員として活動しながら、フリーランスとしても、女性向けの雑誌などを中心に、様々なメディアで幅広く活動中。90'sと矢沢あい作品が好き。女の子のパワーを信じてる。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング