『きっと、うまくいく』


《作品について》
『きっと、うまくいく』(原題:3 Idiots)は、2009年に公開されたインド映画で、2010年のインドアカデミー賞では作品賞をはじめ、16部門を受賞するという史上初の快挙を成し遂げた、心あたたまるヒューマンコメディドラマ。

 

《あらすじ》インドの名門工科大学に合格した、優秀で自由人のランチョー(アーミル・カーン)と、家計も成績もギリギリラインのファルハーン (R・マドハヴァン)とラージュー(シャルマン・ジョシ)。3人の大学卒業と同時に、ランチョーは消息不明となってしまう。卒業から10年後、「ランチョーの居所をつかんだ」と友人の一人に連絡が入り、学生時代のライバルも何故か一緒にランチョーを探す旅に加わることに。そこで思いもよらぬランチョーの秘密が明らかになる。ランチョーが姿を消してしまった理由とは一体…。

 

作品のおすすめポイント

 
家族、友情、恋愛様々な要素が入っていますが、インドに根付く競争社会や経済社会などについてのメッセージも強く込められています。笑いあり、涙ありの展開はもちろんなのですが、「決められた道を生きることが全てじゃない」と、主人公のランチョーは映画を通して教えてくれます。

劇中でカギとなる台詞「Aal Izz Well=きっと、うまくいく」は、いまのコロナ禍においても、大切なメッセージなのではないでしょうか。

 

ランチョーを探す旅に出た友人たちが最後に辿り着いたのは、インドの北部にあるラダックでした。そこに広がっていたのは、目が覚めるように美しい紺碧の湖・パンゴン湖です。

山肌がむき出しになった山脈を車で駆け抜けるシーンは、「インドにこんな場所があったんだ」と、混沌としたイメージを覆すような場面でした。私はインドにまだ行ったことがないので、いつかこのパンゴン湖で「Aal Izz Well!」と叫んでみたいです。

 

約3時間の長編作にも関わらず、最後までドキドキが止まらず、笑って泣けて元気づけられ、観た人を虜にするこの作品。「ちょっと最近元気がないかもな」と、感じた時にぜひ観てもらいたいです。

 

その他の作品はこちら

TABIPPO社員
中 美砂希 TABIPPO / 編集者・ディレクター

大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分でも世界一周ができることを証明するため、9ヶ月の旅に出発。旅の途中は心配性な性格が功を奏しトラブルやスリの遭遇を回避して帰国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング