writer
久野 華子 体当たりで異文化を吸収する

「体当たりで異文化を吸収する」をモットーに、300日の世界一周で40ヶ国に滞在。得意の英語を生かし70を超える国籍の人と交流。 リアルでディープな異文化交流体験やローカルな旅情報、女子パッカーならではの経験、旅先でのエステやおしゃれ、スキンケア、コスメなどの情報をシェアします。

旅好きなら、海外にいきたいけれど、学校や仕事でなかなか休みがとれない!という悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか?でも、実は休みが短くても、コツをつかめば普段の勉強や仕事に支障なく、海外旅行を楽しむことができるんです。

1泊3日でマレーシアに、3泊4日でロサンゼルスに旅行した経験のある筆者が弾丸旅行を快適に過ごすためのコツをご紹介します。

 

予約・準備編

①荷物はできるだけコンパクトに!

shutterstock_408390073

photo by shutterstock

LCCでは預け入れ荷物に別料金がかかります。別料金がかからない航空会社のでも、預け入れ荷物が無ければ、荷物待ちの時間を大幅に節約できます。

カウンターでのチェックインも預け入れ荷物が無い場合は、遅めに設定されていることが多いです。ぜひ、機内持ち込みに収まる範囲の荷物で旅行しましょう。

女子の荷物が増える大きな原因は化粧品と服!といってもしっかりおしゃれ&ケアはしたいので、1つで2役も3役もこなせる賢いグッズを使っています。

 

FullSizeRender 6

Photo by Hanako

例えば、水着やサーフパンツは下着やショーパン代わりにはいています。ブラジルで購入した薄手のストール「コンガ」はタオルにもストールにもマルチに使えます。日焼け止めはウォータープルーフなのにクレンジングがいらないDHCのものを使ってます。

 

FullSizeRender 5

Photo by Hanako

化粧品でオススメなのはオールインワンジェル美容オイル。オールインワンジェルも最近は美白やエイジングケアができるものがあって、旅先でもしっかりケアができます。美容オイルは乾燥しやすい海外では欠かせないし、マッサージオイル、ヘアオイルとしても使えるので重宝。

肌荒れの心配がある基礎化粧品と海外であまり良いものがない日焼け止めは日本から、フェイスパックや入浴剤、ボディソープなどは現地調達することにして、荷物を減らしています。台湾では「我的美麗日記」を、マレーシアでは「なまこ石鹸」を買って使っていました。

 

②夜間の移動で時間を節約

FullSizeRender

Photo by Hanako

弾丸旅行では移動時間をどれだけ節約できるかが最大のポイントです。長時間の移動を夜間に組み込むように調整することで、現地での滞在時間を長くしましょう。

例えばマレーシアに滞在した時は、金曜夜の夜行便を利用することで、土曜日の朝から現地で行動することができました。土曜朝から出発した場合、現地で行動することができるのは夕方からになってしまいます。この差は大きいですよね!

 

③旅行後の予定には要注意

天候によっては飛行機が欠航することもありますし、LCCでは特に遅れが発生する場合があります。慣れない海外で体調を崩すことも考えられるし、何が起こるかわかりません。

帰国して次の日に、重要な仕事やテストがあるという日程ではなく、帰国予定日から最低でも2、3日は重要な予定は入れないようにしましょう。

writer
久野 華子 体当たりで異文化を吸収する

「体当たりで異文化を吸収する」をモットーに、300日の世界一周で40ヶ国に滞在。得意の英語を生かし70を超える国籍の人と交流。 リアルでディープな異文化交流体験やローカルな旅情報、女子パッカーならではの経験、旅先でのエステやおしゃれ、スキンケア、コスメなどの情報をシェアします。

RELATED

関連記事