ライター
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

わざわざ運が無い人を取りざたにしなくても…とも思いますが、実際一つの単語で表せれるとわりと便利かもしれません。

 

Gökotta / スウェーデン語

Gökotta / スウェーデン語

photo by shutterstock

Gökottaは「朝一番に鳴く鳥の声を聴くために早起きすること」という意味です。こんな短い単語にどんだけ意味を詰め込んでいるのかと驚いてしまいますよね。

きっとスウェーデンではわざわざ鳥の声を聴くために早起きすることはよくあることなんでしょう。(そんなことはないと思うけど・・・(笑))

 

Saudade / ポルトガル語

Saudade / ポルトガル語

photo by shutterstock

Saudadeは「愛する人への思い、憧れ、郷愁」などを意味する単語で、あまりにも意味合いが広すぎるため翻訳が非常に難しいのです。

個人的には日本語で訳すなら「ぐっとくる」って感じが近いと思いますが、人によって大きく翻訳が変わる単語だと思います。

少なくともsaudadeの意味はとても素敵なのですが、素敵すぎるのも翻訳を難しくする原因なのです。

 

ぜひ翻訳してみてください

筆者は、最近自宅でGökottaしながらUtepilsしていたのですが、ビールもおつまみも地面に落としてしまいました。

「ああ、俺って本当にShlimazlだなぁ。」と思いながら鏡を見るとそこには、Backpfeifengesichtって感じの僕の顔。まぁ朝からビール飲むなって話ですけど、僕はビールにsaudadeを感じちゃってるからやっぱりやめられないんですよね。

世界の言葉って調べるととっても面白い!色んな言葉を知るために世界を旅するってのも素敵…いやsaudadeを感じますね。

ライター
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング